プロジェクト概要

 

もっと日本を知るため、様々な人と話し合うために自転車で日本一周したい!

 

はじめまして!秋田大学教育文化学部の工藤成仁と申します。どうしたら人の悩みを解決できるか?その土台を作るには?という疑問から教育や心理を学んでいます。教育を考えていくには、教育に関する専門性だけでなく幅広い教養を身に付けることが大切だと思いますが、そのためには本から学ぶことはもちろんとして、実際に体験し肌で感じることも必要だと考えています。秋田で生まれ育ち20年になりますが、もっと違う社会を知りたいと思い、自転車で日本一周して色んな土地を訪れることで、人と出会い、社会を知り、見聞を広め、それを教育に繋げていきたいと思っています。

 

 

そこで自転車日本一周の旅の資金をご支援頂けないでしょうか?

 

(実行者の工藤です!日本一周に向けて準備中です!)

 

 

~なぜ自転車で日本一周?~

 

私の在籍する秋田大学教育文化学部は、教員養成系の教育学部で、将来教員になりたいと考えている人が多くいます。私は、人の悩みを解決するにはどうすればいいだろう?考える力を身につけさせるには?という疑問を持って入学しました。「教員になりたい!」という強い意思を持った人たちとは少し違う視点で、学生や教授と、教員になりたいという動機や目指す教育について話し合いをしました。

 

(教員を志望する動機やそれぞれが目指す教育についてディスカッションしました)

 

話し合いによって問題意識を共有し、お互いに自分とは違う視点からの意見が得られました。しかし、例えば教員になりたい人は、好きな教科がある、恩師がいるなど学校社会に肯定的な人が多く、今の学校教育制度に合わない人たちの視点にあまり立てていないのではないかと思いました。それは学部・学校単位でも起きているのではないでしょうか。

 

広い視野をもって教育を考えるために、色んな人たちと話し合いたい。どんな経験を持った人が、どういう教育を考えているのか。自分のまわりの当たり前の思考の枠を越えるため、日本全国の様々な生活を知りたい、全国の色んな人たちと話してみたいと思いました。

 

 

~「線」の旅~

 

では、なぜ自転車なのか。それは、他の乗り物ではできない「線」の旅ができるからです。飛行機や新幹線で日本中をまわっても、目的地の間の町はとばされてしまいます。自動車でも好きなところでふと足をとめることはできません。

 

しかし、自転車ならそれができます。目的地と目的地の間は流れる景色を見ながら、ただイスに座っている時間ではありません。その点と点の間の線こそが旅になります。町と町との間で出会う何かに、日常では感じることのできない、自分のまだ知らない日本がたくさんあるのではないかと思います。

 

 

~多くの出会い~

 

自転車の旅には多くの出会いがあります。

昨夏、予行演習として中国地方を自転車でまわってきました。期待と不安でとてもドキドキしていた旅の初日、フェリーに乗り込むときに自転車旅の大先輩に声をかけられました。フェリーの中で3時間以上も自転車旅や教育、人生について話し込み、握手して別れる頃には不安よりも楽しみが何倍も大きくなっていました。その後も、

 

出会った翌日に一緒に秋芳洞を観光したり、

(屋久島を目指して原チャリで旅するお兄さん。)

 

銭湯の休憩所で2時間もお話したり、

(旅先の銭湯で出会ったご夫婦。車中泊で旅しておられるそう。)

 

「スタンド下りたまんまだよ!」と声をかけたところから、一緒に走ったり、

(厳島神社を目指すインドネシアからきた自転車乗り達。)

 

たくさんの人たちとの出会いがありました。旅人同士はもちろんのこと、地元の人たちとの交流もあります。大きな荷物を自転車につけて走る人は珍しいもので、地元の人からも話しかけてもらう機会が増えます。もし近くで自転車旅行をしている人を見かけたら、ぜひ声をかけてみて下さい。多くの旅人が見知らぬ土地での出会いをとても楽しみにしています。

 

 

~大きな挑戦~

 

日本地図を広げると、自分の街が点にしか見えません。長い通学路も、遠くの友達の家も全部こんな狭い範囲にあるのかと日本の大きさを感じます。そしてこの広い地図の中を、自分の足で縦横無尽に駆け巡ることを想像したらとてもワクワクしました。しかし休学して旅に出ることを現実にするのには勇気がいりました。休学の準備をしたり、友達に話をする中で決意が固まり、今はとても楽しみです。挑戦しない後悔はしたくないし、自転車で日本一周することは素晴らしい経験になると信じています。この大きな挑戦から、一歩踏み出す勇気を伝えられる人になれればと思います。

 

多くの体験から広い視野で教育を考えていきたい。そのために、自転車にまたがり自分の足で日本一周して日本をかけまわりたいです!

 

 

自転車日本一周から教育を考えさせてください!

 

 

~旅の間どこに行くのか何をするのか~

 

旅の間のおおよそのルート、期間は以下のように考えています。

 

秋田→青森→北海道→青森(35日間)
→関東地方(35日間)
→東海地方(14日間)
→近畿地方(南部)→広島(14日間)
→四国地方→広島(20日間)
→九州地方(21日間)
→九州地方(離島)(20日間)
→九州地方→山陰地方(21日間)
→近畿地方(北部)・北陸地方(15日間)
→岐阜・長野(7日間)
→秋田まで(14日間) 

 

計216日、予備日を20日ほど見込み、8ヶ月ほどの旅になるかと思います。

216日間、自転車で全国を走り回る間に、

 

・全国の大学を訪ねる

・学生と話し合う

・離島の学校へ行く

 

などを予定しています。

 

現在日本を一周するためのルートを調べ、訪問したい学校などにアポをとり、準備を進めております。予定は完全には決めずに、旅先で考えたことや地元の方の情報も大切に、そのときしかできない体験をしたいと考えています。みなさんと私の日本一周の旅や体験を共有できるようにするためにもTwitterやFacebook、ブログで随時情報発信していきます。

 

今回のプロジェクトで集めた支援金は、手数料を除いて、装備にかかる費用と旅費にあてさせて頂きます。装備は、自転車関連用品やキャンプ用品など。そうして、日本を駆けまわるに1年間にしたいと思っています。

 

 

ご協力よろしくお願いします!

 

 

~引換券について~

 

■サンクスレター

ご支援のお礼のお手紙をお届けします。

 

■旅の写真

旅先でとった風景、建物などの写真をお届けし、旅の道中をお伝えします。2,、3枚を予定しています。

 

「あなたのため」の旅の写真

支援者様のお名前を書いたボードを入れた風景写真をお届けします。2,3枚を予定しています。(通常の写真にすることも可能です。)

 

また、その写真をブログに掲載させて下さい。

ブログで紹介されてもいい方には、1行程度のプロフィール(例えばお店を営業している方なら店名やおおまかな場所など)を名前と共にボードに書いて紹介します。
ブログで紹介されたくない方には、写真のお届けのみをさせていただきます。

 

■旅先の地方の名産品

食べ物やお酒などを考えています。例えば秋田なら、稲庭うどん、いぶりがっこ、日本酒などを考えています。

 

■支援者様のお宅へ伺います

旅の途中でお宅へ伺い、旅の様々な体験を報告させて下さい。

4月中旬頃に出発し右回りでを予定していますので、秋田北部、北海道、青森の方へは、申し訳ありませんがお伺いすることができませんのでご了承ください。

 

■3,000円
・サンクスレター
・旅の写真

 

■10,000円
・サンクスレター
・あなたのための旅の写真(支援者の方の名前を入れた写真もお付け致します)
・旅先の地方の名産品をお届けします

 

■50,000円 
・サンクスレター
・あなたのための旅の写真(支援者の方の名前を入れた写真もお付け致します)
・旅先の地方の名産品をお届けします
・支援者様のお宅に伺いたいと思います