こんにちは、実行者の矢島です。

 

本日は、ハワイ州マウイ島の北西部に位置するhappy valleyと呼ばれる地区のお話をさせて頂きたく思います。

 

(happy valleyで出会ったAngelという名の女の子)

 

happy valleyはポリネシアやミクロネシア諸島をルーツに持つローカルの人々が多く居住する地域ですが、住民の間でドラッグや暴力がかなり広まっており、長い間マウイ島の住みたい地区ワースト1位と言われてきたそうです。

 

(マウイ島の地図。赤星がhappy valleyの位置)

 

そんな場所に人々が付けたhappy valleyという地名。

 

そこには「いつか皆が幸せになれる場所に」という願いが込められていると、聞きました。

 

日本・大阪には、あいりん地区と言う地域があります。旧来の地名は釜ヶ崎。

あいりん地区は「路上生活者が数多く居住し、そのため治安が悪い(wikipediaより)」と言われていますが、「あいりん」は「"隣"人"愛"」。

ここにも、この地域の未来への、人々の願いや希望が込められています。

 

日本でもハワイでも、暴力や貧困という問題が存在してそれによって苦しんでいる人々がいること。

 

これはもちろん改善されるべきことだと思いますが、これらの問題の解決を願う人々の心に、尊さを覚え、この地区を訪れて、国は異なっても変わらない人の心を知ることができました。

 

 

簡単ですが、そんなhappy valley "幸せの谷" のご紹介でした。

 

日曜日が皆さんにとってもhappyな1日でありますように!

 

 

矢島遙子

 

新着情報一覧へ