プジェクトの概要の補足

 

目標達成時の活動予定

1.収支として

  今回の目標金額は370000円でその内訳

  70000円は今回のプロジェクトの手数料等のReady forへの支払い

  リターン経費(およその金額です)100000円

  残金で早めに対応する案件の予算となります内訳は

  避妊・去勢費用(ウィルス検査・ワクチン接種2回分・虫除去)

     避妊費用一匹35000円 去勢費用一匹25000円

    現在保護している避妊・去勢猫数(h29年2月予定)

     避妊2匹(70000円) 去勢2匹(50000円)

        計120000円(仙台補助金使用で節約出来る可能性あり)

  地域猫未完了のメス猫2匹(オス猫は実施完了)で50000円

      (ワクチン接種・虫除去なしの地域猫限定です)

  虐待現場の地域猫回収に伴う検査ワクチン接種費用10000円

  以上の費用トータルで180000円

   残20000円予算は保護猫の里親へ行くまでの管理費

 

  あくまで予定の金額です金額交渉し少し安価で行えると思いますが

  あくまで予定です。

  リターン費用も予定ですので実質最終の結果にて変化致します。

  又、目標以上となった場合、その後の保護活動・保護場所の確保予算

  積み立てと致します。(正確な収支は確実にご報告致します)

h29年2月 避妊・去勢予定の子猫達です

 

2.目標達成へのお願い

  今回目標の未達成の場合は、考えたくは無い想定ですが、今までの自己

  資金使用により未達成時に自費での活動は不可な状態になります。

  最低必要経費を自費にて120000円は...

  保護団体にお願いするにしても、保護場所・予算が限界との事で保護猫

  を託せない状態(そもそも保護団体が限界によりこちらが依頼された側)

  また、一部の保護団体は諸事情により終息行動に入っている状態です。

  その上、こちらの猫に対する意識の違いが最大の問題です。

  子猫産まれたら捨てる避妊・去勢しない多くの保護団体が先が見えない

  保護活動を行っています。

 

  話は戻り、未達成時今保護している猫については考えないと自分の生活

  に支障が出るだけならまだ、この状態が多頭崩壊のキッカケになるのか

  と不安です。因みに元のいた所に戻すのは不可です虐待現場と猫見たら

  保健所へ持って行かれその先は、知っての通りと思います。

 

  お願いです、どうかご協力をお願い致します。

  よく聞く猫を使ってお金儲けと言う人(過去に言われました)がいるのは

  わかりますが、決してそうゆう行いはしません。

  と言うより既に相当の医療費の金額を自費で行っています。

  その判断は、過去の活動報告を今載せて行ってますので判断出来るかと

  思います。

  猫の小さな命を大切にしたい・幸せを探してあげたいと願うだけです。

  長々と申し訳御座いませんが、猫たち

 

新着情報一覧へ