プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

昔のような活気や賑わいが感じられなくなってしまった愛媛県今治市。海上自転車競走を通じて、町に新しい「ワクワク」を生み出したい!


はじめまして、市民活動グループDi339実行委員会代表の曽我部敏行です。この団体は人をつないでいくこと、町の賑わいを生み出すことを目的に設立しました。海上自転車競走というプロジェクトはその活動の1つです。

 

昨年の第1回では、レース以外にも、今治を代表するグルメも出店する屋台ブースを設けました。参加者だけでなく、見る人にも楽しめる内容で、町に「ワクワク」が取り戻された気がします。そこで、今年も第2回を開催します!今回は、広報にも力を入れ、さらに多くの人が観客・観光客として集ってくれることを期待しています。

 

 

しかしその広報活動に必要な資金が足りていません。皆さまのお力をお借りできないでしょうか?

 

今治に、昔のような活気や賑わいを取り戻したい!

 

 

町中にはテナント募集の文字や昼間のシャッターが目につき、昔のような活気や賑わいは感じられません。

 

自分が子どもの頃は「町」は楽しいところでした。楽しい記憶は場所に対する愛着と結びついていると思います。私は今治が大好きです。ところが、今は最後に残っていたデパートも消え、活気や賑わいが失われています。そんな印象がそのまま若い人たちの故郷の印象になってしまうのは寂しい。そこで、新しい「ワクワク」を生み出せば、今治に対する楽しい記憶=場所への愛着を作るきっかけになると考えました。

 

「ワクワク」することってどんなことがあるかな?「今治」ならではのことがいいなあと考えていたところ、今治の要素を盛り込んだ、他に類をみないイベントとして『海上自転車競走』を思いつきました。

 

昨年は、個人戦・チーム戦あわせて210名の参加者でした!

 

 

今治城のお堀で、海上自転車レースと自作船レースを展開します!

 

今治はしまなみ海道があることで、サイクリストの聖地と呼ばれています。ですので「自転車競走」でワクワクを生み出すことに決めました。開催場所は、日本三大水城の「今治城」。今治城のお堀でレースを開催します。

 

今治発祥の自転車イベント『海上自転車競走』!

 

 

<レースについて>

今治城の堀の中の特設コース(600m)で速さを競います。

審査員にも自転車業界、造船業界の人を予定しています。

 

①(主催者側が用意した)海上自転車レース(個人戦)先着60名 

②(主催者側が用意した)海上自転車レース(5人1組のチーム戦)先着30チーム

 

③自作船レース 先着30艇(地場産業の「造船」の要素を盛り込んだ今年初のレース)

※ 地元造船業関連の方や自転車関係者を審査委員に招き、速さだけでなくアイディア賞などの他賞も設けます。

 

また、優勝・準優勝・3位・特別賞の賞金を用意しています。

 

レースで使用する自転車。
こどもたちから「乗ってみたい」との声が多かったので、今回はペダルに足が届けばOKとします。

 

 

コースレイアウト図

 

 

「お父さんがんばってー!」「あと100m、がんばれー!」競走が生み出す高揚感もあり、家族や仲間からの大きな声援が会場を多いに盛り上げました。

 

好評をいただいた昨年の第1回目を受けて、市内だけでなく、県外・海外からの問い合わせもありました。確実に町にワクワク感が生まれ、今後の展開を楽しみにしているところです。「今治」の新たな夏の風物詩とし、地元への愛着・誇りを生み出す。

外部の人からも「何だかおもしろそうなことやってる町」として興味を持ってもらう。町に元気を取り戻せるはずです。

 

今治発祥の自転車イベントとして全国に広げていく契機にしたいと思っています。皆さま、ご支援どうぞよろしくお願いします!

 

 

子ども、主婦、市長、プロの競輪選手、ミュージシャン、アナウンサー・・・
年齢、男女問わず楽しめるイベントです。

 

<海上自転車競走 概要>

日時:2016年7月31日(日)

場所:今治城・お堀特設コース

 

その他詳細・エントリーはHPにて。

http://www.aquatic-cycle.com/

 

 

【目標金額の使用用途】

①紙面広告費 108,200円
②翻訳・海外サイト(外国人向けサイト)掲載費 300,000円

③その他 91,800円

計・・・50万円

 

★リターンのご紹介★

 

1)冊子プレゼント

2)今治タオル(フェイスタオル)

3)今治タオル詰め合わせ

4)自作船への名前記載

5)ラジオ番組ゲスト出演

 

 

 


最新の新着情報