こんにちは!

 

プロジェクト実行者の石田です!

 

今日の嘉麻市も晴れ渡り、初夏の陽気です(=^・^=)

もうすぐ蝉が鳴くんじゃないかと思ったり(笑)

 

で、今日はご支援の御礼の品物にもありますが、「山田饅頭(やまだまんじゅう)」をご紹介したいと思います。

 

いい天気でしょ~~!

こちらが山田饅頭を販売されている「山田饅頭本舗」

建物は新しいですが、120年前から続く由緒正しいお饅頭です。

 

店内の様子

 

ちょっとした手土産や贈り物として選ばれることも多く、行った際には必ずどなたかがそういった注文をされています。

 

こちらではお饅頭と最中が人気で平日でも完売することもしばしば。

 

冷めた状態でもかなり美味しいお饅頭ですが、出来立てがまた、格別に美味しいんです!

 

近所に住んでるという事で私はその恩恵にあやかります(笑)

天気もいいので外で(=^・^=)

この形はボタ山をイメージして職人さんが一つ一つ、手作りされています。

 

ここで「ボタ山(やま)」とはなんだ??

 

となるかもしれません。

 

嘉麻市は福岡県内でも「筑豊(ちくほう)エリア」と呼ばれる地域でこの辺りには昔、筑豊炭田と呼ばれる炭鉱がありました。

石炭採掘で発生した使わない鉱石などが積み重なってできた山を「ボタ山」と九州では呼ぶようになったようです。

 

いわば、筑豊地区繁栄の象徴ともいえるこのボタ山をイメージして作られたのが山田饅頭です!

 

話が逸れましたが

中は口どけが良く、他のお饅頭では感じることが出来ない優しい甘みの黄身餡、外はしっとりとしつつも、生地が重なった部分は適度なさっくり感がたまりません!

 

いただきます!

 

今回はこのお饅頭とこれまた人気の「もなか竜太鼓」もセットにしてご用意です!

こちらは北海道特産の小豆を100%使用しており、上品な甘みが口の中に広がります!

すっぴんで失礼します!by妻(代表実行者です)

 

私は店舗開業とまちづくりをセットで考えており、嘉麻市山田地区でのマーケットが現在、進行中です!

嘉麻市にお越しの際はぜひ、山田饅頭にお立ち寄りください!!