READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

読み困難の子供のことを知って、息子の留学を支援してください!

木全 知帆(キマタ チホ)

木全 知帆(キマタ チホ)

読み困難の子供のことを知って、息子の留学を支援してください!
支援総額
385,500

目標 230,000円

支援者
70人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

終了報告を読む


6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2018年09月10日 18:20

なぜカナダに留学しようと思ったのか?その3

前回はもじこ塾のサイトをご紹介しました。
まだカナダ留学までたどり着いていませんね。

もじこ塾のサイト内を、行きつ戻りつ読んでいた途中で、また衝撃的な当事者の体験談がありました。
https://blog.goo.ne.jp/itkayoko/e/51850109ec40c8d8d59fd80af81b0d7e

学習障害だったため、テストや宿題で苦労し、夜中まで怒鳴ったり叩いたりしながらお母さんがつきっきりで勉強を見ていたが、学校ではまるで評価されずブチ切れて、小学校6年後半でインターナショナルスクールに転校、
その後、カナダの高校に進学し、学び方がぴったり合って、オールAの成績を取った。
という体験談です。

これが塾や学習教材の広告ならばマユツバものですが、もじこ塾は当事者と苦労して教えているもじこさんや親が修羅場の中から拾い出した情報が載っている場所です。子供の状況も、親が子供を叩きながら宿題をやらせていると言うところ以外は(というか学校側の塩対応が)ウチとそっくりです。

・日本の公立でうまくいかなくてもインターナショナルなら合う可能性がある。
・成績が悪くても、進学先として普通に高校受験しないで海外に行くという方法がある。
・日本の学校の考え方と子供が会わない場合、海外の方がうまくいく場合がある。
この3点が私の頭に強く濃くインプットされました。

小学校4年生ぐらいになると、東京の子供達は中学受験のために塾に通い始めます。
金銭的な問題も大きいですが、息子がディスレクシアであることを受け入れた我が家は(というか母子家庭なので、私は)息子を塾の成績至上地獄に放り込むことは早々にあきらめました。
とはいえ、高学年の夏休みになると、まわりの子はほとんど塾に行ってしまい遊び相手がいないレベルの状態になってしまう恐れも大きいです。

小学4年の時、
そういえば、、家から4〜5キロの場所にインターナショナルスクールがあるなあ、、夏休みは日本の子ども向けのサマースクールをやってるんだっけ?
https://www.asij.ac.jp/SDC-chofu
思い切って10日間のサマースクールに息子を放り込んでみよう!
と思いましたが、ゴールデンウィーク明けに問い合わせたところもう既にいっぱいで入れませんでした。
小学校5年で、今年こそはと意気込み3月だか4月に申込み完了しました。
10日間の終日プログラム、お昼とおやつ付きで15万円なり!
まあでも、他の子が塾で払っている金額を考えれば、、、、汗

息子は特にトラブルなく毎日バスに乗って通いました。
(そういえばトラブルは一つだけありました。 エビカニと卵が食べられないことを書いておいたら、お手伝いの高校生が息子のランチから卵入りのものをどんどん省いてしまい、息子が夕方私に「今日レモンとご飯しか食べられなかった」と言う報告をしてきたことがありました。笑)
サマースクールでは、

・通ってくる子供たちは日本人で日本語を話している。
・教える先生は英語しか話さない。
・スムーズに進めるために1クラスに1人バイリンガルのアルバイトの高校生をがいる。
という環境で、 10日間のクラスをこなします。演劇やコンピューター、水泳やゲーム、音楽やクラフトなどかなり楽しめたようです。
 最終日に親が参観できるようになっていました。おそるおそる見に行ってみたら、クラスの子とちょっと相談しながら英語で質問に答えたりして、海外に日本人同士で旅行に出かけているような雰囲気で、なかなか良かったのが記憶に残っています。ともかく私は普段の学校へ参観に行くときのように緊張したり、先生への怒りのあまり頭の血管がブチ切れそうになったりせずに済みました。


息子はサマーキャンプの様子をそれほど詳しく話してくれたわけではなかったのですが、とりあえず学校から電話がかかってくることはなく、最後までやりきり、できあがった工作やクッキーも持ち帰ってきたところを見ると、
どうも普段と違うルールの場所に放り込んでも大丈夫な子らしい。
ということがわかりました。
 


 

一覧に戻る

リターン

2,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【カレンダー1セットコース】

留学先のカナダで息子が撮影した写真を使ったオリジナルカレンダーをお届けします。
カレンダーのサイズは、閉じてA4、開いてA3で全28ページです。
また、狛江市のママ達で作った発達障害を紹介する16ページの小冊子「リーブス」を同梱します。

※写真は以前の旅行の時のものです。

支援者
24人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年12月

5,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【ディスレクシアについて紹介していただける方コース】

発達障害やディスレクシア、デイジー教科書について身近な人にも紹介していただける方に、
カレンダーと小冊子を4冊ずつお届けします。
ディスレクシアの子供が置かれた状況を、多くの人に知ってもらう機会を作っていただけたら大変嬉しいです。

※写真は以前の旅行の時のものです。

支援者
16人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年12月

5,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【留学と調布デイジーを応援コース その1】

息子の留学と調布デイジーの活動両方を応援していただける方には、カレンダーとリーブス各2冊に加え、ディスレクシアの人にどんな手助けができるかを詳しく紹介した調布デイジーのメンバー執筆のブックレット「読みたいのに読めない君へ」(1000円)をお届けします。書籍代は全額調布デイジーに寄付します。

※写真は以前の旅行の時のものです。

支援者
5人
在庫数
完売
発送予定
2018年12月

5,500

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【留学と調布デイジーを応援コース その2】

息子の留学と調布デイジーの活動両方を応援していただける方には、カレンダーとリーブス各2冊に加え、調布デイジーのメンバー執筆のブックレット「読みたいのに読めない君へ」(1000円)を1冊お届けします。その2は仕入が必要になるため、調布デイジーに1500円寄付します。

※写真は以前の旅行の時のものです。

支援者
7人
在庫数
33
発送予定
2018年12月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【留学応援コース】

留学の支援を重点的にしていただける方に、オリジナルカレンダーとリーブスを5冊ずつお届けします。
ぜひ身近な人に、カレンダーを使っていただいて下さい。


※写真は以前の旅行の時のものです。

支援者
19人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年12月

プロジェクトの相談をする