ゲストハウス建設予定の徳島県美馬市、三頭山という地域の周辺地図を描いてみました。 三頭山は標高約720m、香川県との県境にある山で、天気の良い日には頂上の丘から、遠く徳島市内まで流れる吉野川が見渡せ、その向こうの瀬戸内海をのぞむこともできます。

 

ここには今99世帯が住んでおり、60代〜70代の方々が大半を占めています。 皆さんパワフルで、それぞれその人ならではのスキルを持っていて、例えばお団子作りならこの人、竹を切るならあの人、キノコを探すならあのおじいさん、という具合です。 どこの地域でも昔はそんなふうにして村が成り立っていたのかもしれませんが、山間部という特性からかここには今でもそういう特色が色濃く息づいています。

 

ゲストハウスでは、泊まった人がそんな山の暮らしの一端を体験できるメニューも用意する予定です。  山あいなのでアップダウンもあるため、移動のためのレンタル電動自転車も置く計画です。 

 

この地域に滞在して、山人(やまんと)体験をしていただきつつ、地域に息づく、技術や文化、山の暮らしの知恵を少しでも多くの方に知っていただき、次の世代につなげられたらと思っています。

 

どうぞ、皆さんの温かいご支援、引き続きよろしくお願い致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ