今年(2016年)夏、福島県南相馬市原町区にてヒヨドリの死骸を採取。

 東京大学名誉教授の森 敏先生に放射能を可視化してもらった結果

 ヒヨドリの眼と内蔵に放射能が比較的多く蓄積されていました。

 原発事故から5年以上が経つ今も、放射能汚染は続いています。

新着情報一覧へ