「予知夢」

 

「正夢」「予知夢」の違いを知っていますか?

一般的に言われているのは、「正夢」とは、ある出来事が起きた時に「あっ、夢で見た事がある」と感じる夢で、「予知夢」とは、目が覚めた瞬間にも微細な点まで覚えていて、起きた時と夢が繋がっているように感じ、また、夢自体が鮮やかなカラーで描かれているもの。そして、その後、夢と同じ現象が起きる夢。「正夢」は多くの方が経験しますが、正確な意味での「予知夢」は、なかなか見ないそうです。不思議です。

実は、ボクは小さい頃から、先ほどの「予知夢」をたくさん見ます。しかも、夢はいつもカラーです。

それって、「正夢」だったんじゃないの?と思われるかもしれません。

しかし、ボクにとっては「予知夢」とは何か?とう事さえ、気づかずに、不思議な体験を多くしてきました。例えば、小学校の頃の遠足。皆より先に行ってしまうんです。遠足の予定されている、まだ前のある夜、遠足に行き、青空のもと、緑のきれいな草原に灰色の石が点在する場所に行き、石の上に座り、おにぎりを食べ、食べ終わる頃、ある女の子がおなかが痛い!と言い出し、先生が、あたふたとする。そして、目が覚め、あー、先生、たいへんだなーと、感じながら歯を磨く。そんな夢を微細な点まで感じたまま、学校に向う。

後日、遠足の場所が発表され、山口県秋吉台に行くことになりました。

そこは、草原にカルスト大地があり、灰色の石が点在する場所。遠足の当日、

バスの中から、カルスト大地を眺め、「あー、あの石の上で、ごはん食べるんだなぁ。」と知ってしまっているボク。そして石の上でおにぎりを食べ、女の子の「OO子ちゃん、おなかが痛くなるんだろうなぁ」と思いながら、おにぎりを食べる。そして先生が、あたふたとする。そんな連続。。つまり、ボクにとっては、実は遠足はあまり楽しくありませんでした。それは、もう既に夢の中で「実体験」して、先に行ってしまっているからです。この感じを理解していただくのは、なかなか難しいかもしれません。現実が起きる前に、現実を知り、体験してしまうのですから。ただ、小さい頃は、この現象が何なのか?を知り得ていなかったので、自分に何が起きているのかを分析さえ、できていませんでした。

なかなか信じてもらえないような内容かもしれませんが、今でも、小さい頃よりは回数は減りましたが、「予知夢」を見ます。仕事の夢、プライベートの夢。。ただ、残念な事に、夢を自分でコントロールできず、「何かを予知したい!」と思っていても、見る事はできません。ですから超能力とかではないと思っています。(あたりまえか。。)

しかーし!自分が特に、関心がある事についての「予知夢」を見る事が多いです。先ほどの遠足の話だと、「今度の遠足はどこに行くんだろう?」と思っていました。

そして話は飛びますが、今回のフジテレビ「テラスハウス」でふたりの曲を採用していただいた件。実は。。。。「予知夢」で見ていました。

テラスハウスに関する夢を見ていたんです。そして、曲を採用していただく現実が訪れた訳ですが、「やった!」と同時に「やっぱり」と感じていました。

自分でも何がどうなって決まったのか、はっきりとした理由はよくわからなかったのですが、「予知夢」で見た通りに、現実が進んでしまったのです。

不思議ですが、ありがたいことです。

ただ、自分が「予知夢」のおかげで決まったと思うのではなくて、自分で感じるのは「自分の感性を信じて、進む続ける事の大切さ」を感じています。

「NORIOさん、気持ち悪い!」って思わないでくださいね!

実は今までの人生の中で多くの「予知夢事件」が起きています。しかし、うれしいことに、悪い内容のものは一度もありません。ただただ、自分の「感性の一部」と感じ、これからも進んでゆきたいと思います。

実は、今朝起きた時も「正夢」ではなく、「予知夢」を見ました。

その内容も楽しみな内容のものです。ただただ、夢については考えず、自然体で進むのみです。

先日も、いわきでのインストアライブに、いつも支援させていただいている楢葉町のおばあちゃん達が、遠くから、わざわざ駆けつけてくださいました。

とても、うれしかったです。支援をさせていただいている意味を感じた瞬間でした。これからも、自分の感性を信じ、信念を信じ、支援活動を続けてゆきたいと思います。

皆さんのこのプロジェクトへのご理解、ご支援をよろしくお願い致します!

 

avion records 代表

NORIO
 

#readyfor #支援 #楢葉町 #ふたり #予知夢

新着情報一覧へ