プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

東北、熊本の被災者に寄り添う全国ツアーを続けたい!

 

こんにちは!音楽アーティスト「ふたり」の石崎紀彦と、avion recordsというレーベルの代表で音楽プロデューサーのNORIOと申します。ボク達は東日本大震災や熊本地震で被災された方々のもとに歌を届けるため、前回に続き、再びクラウドファンディングに挑戦します。

 

今回はニューアルバム「太陽」の発売に合わせて、全国ツアーを実施します。タイトル曲「太陽」は、熊本地震での被災者の方々を応援するために作られた曲でもあり、熊本の大草原で見るまぶしい太陽を思い浮かべました。また、被災者の皆さんにとって、「太陽のような存在になりたい」「皆さんにも太陽のように輝いてほしい」という気持ちを込めて、新たに書き下ろしました。

 

この想いには、日本で洋楽チャート1位を獲得し、FUJI ROCKにも出演したアメリカのミュージシャン「MELEE」のクリス・クロンが共感してくれ、英語詞の作詞などでアルバム制作に参加してくれました。また、「ふたり」は神奈川県二宮町出身で二宮町観光親善大使に選ばれていて、東日本大震災後の支援活動が認められ福島県国見町応援大使にも選ばれています。

 

前回ご支援いただいた36名の方々、本当にありがとうございました!


これまで、皆さんの記憶から東北や熊本で起きたことを風化させないために、震災後から被災者の方々のために曲を作ってきました。そして約7年間、被災地の現状を伝えるため、全国のショッピングモールやCDショップでのライブ、仮設住宅や福祉施設、学校などでの支援ライブを約400回行ってきました。

今回のツアーは東北からスタートしたいと考え、7/20に福島県の楢葉町、7/21には浪江町と伊達市でライブを行います。観に来てくださった方々にニューアルバムをプレゼントします。今回もクラウドファンディングを通して、皆さんにお力を借り、一緒に被災地への想いを届けたいと考えています。ご協力、よろしくお願いいたします。

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
    ふたり 5th album「太陽」

 

 

「ボク達は、そばにいますよ」ということを忘れないでほしい。

 

ボク達は、東日本大震災後から、また熊本の震災後も、音楽で被災した方々を元気にしたいと思い、活動を続けています。車で全国を回り、支援ライブはすべて無料で開催しています。参加費などは一切いただいておりません。そして、機材などもすべて持参し、石崎とNORIOの2人でセッティングし、カラオケで歌っています。

 

ライブを通して、被災地の方々と出会い、つながり、「ボク達は、そばにいますよ」ということをずっと伝えていきたいと思っています。皆さんのために、音楽でできることがあるならば、お役に立ちたいと考えています。今では、福島県を中心に、東北の皆さんとは家族のように接していただき、支援ライブを行うだけの関係ではなく、心と心で強くつながっています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
福島県の被災者の方々から、熊本県の皆さんへの応援メッセージ

 

そして、熊本県の皆さんを応援するためにも、いつも支援させていただいている福島県の皆さんと旗を作り、全国約200ヶ所で行った前回のツアーで、ライブを聞いてくださったお客さんにも、応援メッセージを書いていただきました。これは、8月に熊本県益城町での支援ライブにて、被災者の方々にお渡しいたします。

 

東日本大震災から7年が過ぎ、被災地以外の人々の記憶から、2年前の熊本地震のことでさえ、少しずつ忘れられてしまいそうになっています。しかし、被災者の方々の心には、まだ大きな穴が空いたままです。彼らの悲しみを世の中に伝え続けるためにも、ボク達はライブを行い、皆さんのために歌い続けます。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
ライブを見てくださった方々にも、応援メッセージを書いていただきました。

 

 

「皆、もう私たちのことは忘れてしまったんだね」


昨今では、多くのミュージシャンたちが被災地から姿を消してしまいました。そんなこともあり、ある方が「皆、もう私たちのことは忘れてしまったんだね」と口にした瞬間、涙が止まらず、とても悲しく、寂しい気持ちで胸がいっぱいになりました。この言葉を聞き、ボク達だけはこれからも活動を続けていこうと心に誓ったのです。

 

 

そこで、今回は7月20日の福島県楢葉町でのライブを皮切りに、直近は以下のスケジュールで全国ツアーを約100ヶ所で行います。皆さんからのご支援は、その運営資金に充てさせていただきます。

 

10月以降の日程は、追って発表いたします。

 

 

ミュージシャンとして、音楽でしか伝えられないことは何か。

 

これまで、「ミュージシャンとしてできること」「音楽にしかできないこと」は何かと常に考えてきた日々でした。その結果が、全国ツアーを継続し、音楽で多くの人を応援し、励まし、被災地に想いをはせながら、歌い続けるということでした。震災の記憶が風化していく中、音楽で東北や熊本の現状を伝え続けるためにも、この活動を継続することに意味があると思っています。

 

音楽の力は、「誰かに支えられている」「共に歩んでくれる人がいる」という心の支えになり、笑顔で前に進むきっかけになります。 実際、仮設住宅でのライブに伺う度に皆さんの笑顔が増え、「ふたりが、そばにいてくれると感じる」「ライブがないときは、応援フラッグを見たり、CDを聞いて、元気を出してるよ」とも言っていただいています。

 

<ファンの方からの応援メッセージ>

「震災が起きた時、何かをしなければと思いつつ、何もできない日々が続いていました。その頃、ふたりさんが、被災者の方々のために曲を作り、被災地での支援活動を始めました。そして、ふたりさんの活動を応援することで、被災地を応援できると気づきました。そんなことに気づかせてくれた、ふたりさんに感謝しつつ、今後もふたりさんの支援活動を応援したいと思います!」

ふたりのファン(静岡在住)より

 

音楽を通じて、「被災地の悲しみを世の中に伝え、それを笑顔に変えていく活動」を全国支援ライブツアーで表現したいと考えています。被災者の方々の悲しみが癒える日まで、心の底から笑顔になれる日まで、ともに手を取り合って進みましょう!

<資金使途>
全国支援ライブツアー運営費3ヶ月分:¥1,400,000
その他雑費(Readyfor手数料など):¥100,000
※いただいたご支援は、ツアーに必要な費用の一部に充てさせていただきます。 

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
今回も応援よろしくお願いいたします!

最新の新着情報