READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

このプロジェクトでは継続的な支援を募集しています

継続寄付
寄付金控除型
NEW

通常医療が提供困難な状況で、1人でも多くの命を救うプロジェクト

空飛ぶ捜索医療団"ARROWS"

空飛ぶ捜索医療団"ARROWS"

通常医療が提供困難な状況で、1人でも多くの命を救うプロジェクト
このプロジェクトでは無期限で寄付を募集しています。「毎月」のコースで支援した場合、すでに完了した決済をキャンセルすることはできませんが、将来の決済を解約することができます。

現在のマンスリーサポーター

2
累計支援者
2人
プロジェクトの寄付にすすむ(※ログインが必要です)
5人がお気に入りしています
このプロジェクトでは無期限で寄付を募集しています。「毎月」のコースで支援した場合、すでに完了した決済をキャンセルすることはできませんが、将来の決済を解約することができます。

5人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼空飛ぶ捜索医療団のミッション

 空飛ぶ捜索医療団"ARROWS"は、大規模災害の被災地にいち早く駆けつけ、救助・救命活動を行う、医療を軸とした災害緊急支援プロジェクトです。航空機やヘリコプター、船などの輸送手段を活かし、医師や看護師、レスキュー隊員、災害救助犬などの救助チームが被災地に赴きます。

 

 東日本大震災以降、ほぼ全ての国内大災害に出動し、多くの被災者の方々を支援してきました。現場では自治体、病院、NPO、企業、さらに自衛隊・消防などとも連携を図り、発災直後の救助・救命活動から物資配布や避難所運営、中・長期的な復興のサポートまで必要な支援を最適な形で届けます。

 

 「一秒でも早く、一人でも多く」の命を救うことを使命として、これまでの経験と強みである「機動力」「専門性」「ロジスティクス能力」を活かし、また、被災者に寄り添う気持ちを大切にしながら活動を行っています。

 

 

 

▼解決したい社会課題

 通常医療が提供困難な状況で、民間ならではの柔軟な支援を提供すること、それにより、公的な支援の届きにくい場所を支えていくことが、私たちに求められるミッションと考えています。支援のプロとして、これからも1人でも多くの「救えるはずの命」を救うために、私たちは活動をしています。これからの活動を続けていくためにも継続的な支援をよろしくお願いいたします。

 

【災害被災地での医療・レスキュー活動】

 東日本大震災以降、熊本地震、九州豪雨、西日本豪雨などほぼ全ての国内大災害で医療・レスキュー・災害救助犬などの支援チームを派遣し、常に災害対応の最前線で活動を行い、多くの被災者の方々を支援してきました。

 

 

 災害発生後、1秒でも早く医療チームや現地調査&救助チームが現地にかけつけるために装備を充実させ、到着後はレスキュー活動や医療従事者による医療支援にあたります。

 

 

また、孤立が伝えられていた地区に空飛ぶ捜索医療団医療チームが入り、現状のヒヤリングの他、医療チームによる診察や体調確認を実施。また、衛生用品や食料品などの物資支援も行っています。

 

 

その後は、被災者の方々が少しでも被災前の生活に戻り、安心を取り戻せるよう復旧・復興支援を継続して行っております。

 

【医療体制が逼迫した医療・福祉施設への緊急支援】

 2020年と2021年、世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るいました。常時から危機に備えてきた空飛ぶ捜索医療団は、2020年1月より新型コロナウイルス感染症に対する緊急支援を開始。クラスター発生施設にや日本国内外で医療物資支援、医療・福祉施設支援など様々な支援活動を行いました。医療崩壊が叫ばれた中、クラスターが発生した多くの施設に医師・看護師・調整員などからなるチームを派遣し、ゾーニングや個人用防護具(PPE)の着脱指導、そして、不足する医療リソースを補うための診療、共に難局を乗り越えました。

 

 

 新型コロナウイルスがもたらした影響は、新型コロナウイルス患者を受け入れる医療機関に限らず、待機患者に対応する民間施設、そして、通常の診療に必要な物資が手に入りづらくなった地域の診療所など、広範囲にわたっています。
 状況が移り変わる中で、最も支援が必要な場所や内容を見極め、民間ならではの柔軟な支援を提供すること、それにより、公的な支援の届きにくい場所を支えていくことが、私たちに求められるミッションと考えています。

 

【へき地医療への貢献】

 広島県の神石高原町は、人口9000人弱の町で、高齢化率は46.6%(全国平均26.6%)と非常に高い地域です。また、医師不足が深刻な問題となっており、現在2名いるピースウィンズ・ジャパン専従医師は2018年5月から山間部にある「へき地診療所」で毎週、診療支援を行っています。

 

 

▼寄付の使い道

 皆さまからのご支援は、被災地などで次のような使い道で役立てられます。
 一秒でも早く、一人でも多くの被災者を助けるために、 空飛ぶ捜索医療団“ARROWS”への継続的なご支援をお願いいたします。

 

 

▼プロジェクトリーダーメッセージ

 私はプロジェクトのリーダーを務める医師の稲葉基高と申します。

2020年、2021年、我々は新たな脅威と対峙することとなりました。新型コロナウイルス感染症 ”COVID-19” のパンデミックです。全世界的にまさに災害対応が必要となりました。我々は国内の医療機関に140万枚以上のマスク支援、COVID-19患者を多く診療している病院へN95マスクや隔離診療のためのテントやトレーラーハウスを届けました。また、クラスターが発生した施設へは、実働部隊としての医療チームを派遣、リスクの高い方が多い介護障害者施設への支援やオンライン感染対策研修会の実施など、医療・福祉機関の支援を続けています。

 

 これからは、「感染症×自然災害」の複合災害が発生します。近年多発する国内災害。「自助・共助・公助」という言葉がありますが,近年の災害をみても公助を頼るのみでは災害を乗り越えられません。 これからの時代は一人一人が「助けてもらう私」から「誰かを助けられる自分」になって、自助・共助を高めていくことが求められています。我々もあらゆる手段を駆使して被災地へいち早く入り,救出・救命活動を行う。そして民間組織であるNPOや一般企業の強みを活かした支援を継続する。民間と公的機関がそれぞれの得意分野を活かして災害時に人命を守る活動を行う、その活動を繋ぎ合わせることが「空飛ぶ捜索医療団ARROWS」の使命です。

 「災害時に本当に現場に届く支援を」と考えられている皆さま。ともに真の「自助・共助・公助」の実行を目指しましょう。温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

稲葉基高

 

 

※空飛ぶ捜索医療団“ARROWS”は、認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパンが運営しています。

 ピースウィンズ・ジャパンへの寄附は、寄附金控除の対象となります。 

 https://peace-winds.org/support/deduction

 ピースウィンズ・ジャパン寄附金等取扱規程(2021年3月19日適用開始)

 https://peace-winds.org/support/pdf/A13kihukin_20210319.pdf

※領収書の発送は毎月送付いたしますので、大切に保管していただきますようお願いいたします。

 

 

<団体情報>

【法人設立年月日】: 1996/02/01

【活動開始年月日】: 2019/12/10

【団体役職員数】: 30人以上

【活動を行ううえで必要な資格許認可】 必要な資格許認可はすべて取得済み

【活動を行ううえで必要な資格許認可について、取得している資格許認可】 認定NPO

【活動を行ううえで発生し得る、各種リスク】 ありません

【コース(特典)を提供するうえで必要な資格許認可】 必要な資格許認可はすべて取得済み

【コース(特典)を提供するうえで必要な資格許認可について、取得している資格許認可】 認定NPO

【コース(特典)を提供するうえで発生し得る、各種リスク】ありません

 

プロフィール

空飛ぶ捜索医療団"ARROWS"

空飛ぶ捜索医療団"ARROWS"

空飛ぶ捜索医療団は、特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン・公益社団法人シビックフォースにより運営されています。 特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン 広島県神石高原町に本部を置き、国内外で自然災害、あるいは紛争や貧困など人為的な要因による人道危機や生活の危機にさらされた人びとを支援する国際協力NGOで、1996年に大西健丞が設立しました。これまでに世界34の国と地域で活動してきました。 公益社団法人シビックフォース 大規模災害などの緊急時に迅速で効果的な支援を行うためのNPO/NGO・企業・政府・行政の連携組織です。災害時支援に必要なあらゆる情報・人・資金・モノを活用し円滑で効果的な支援を実現します。東日本大震災や熊本地震、西日本豪雨、台風19号など度重なる国内災害を中心に、被災地のニーズに即した緊急・復興支援活動を展開しています。

コース

3,000円 / 月

毎月

alt

3000円コース

●活動報告をお送りします
●メールマガジンをお送りします
●寄附金品領収証明書(希望者のみ)

1,000円 / 月

毎月

alt

1000円コース

●活動報告をお送りします
●メールマガジンをお送りします
●寄附金品領収証明書(希望者のみ)

2,000円 / 月

毎月

alt

2000円コース

●活動報告をお送りします
●メールマガジンをお送りします
●寄附金品領収証明書(希望者のみ)

5,000円 / 月

毎月

alt

5000円コース

●活動報告をお送りします
●メールマガジンをお送りします
●寄附金品領収証明書(希望者のみ)

10,000円 / 月

毎月

alt

10000円コース

●活動報告をお送りします
●メールマガジンをお送りします
●寄附金品領収証明書(希望者のみ)

プロフィール

空飛ぶ捜索医療団は、特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン・公益社団法人シビックフォースにより運営されています。 特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン 広島県神石高原町に本部を置き、国内外で自然災害、あるいは紛争や貧困など人為的な要因による人道危機や生活の危機にさらされた人びとを支援する国際協力NGOで、1996年に大西健丞が設立しました。これまでに世界34の国と地域で活動してきました。 公益社団法人シビックフォース 大規模災害などの緊急時に迅速で効果的な支援を行うためのNPO/NGO・企業・政府・行政の連携組織です。災害時支援に必要なあらゆる情報・人・資金・モノを活用し円滑で効果的な支援を実現します。東日本大震災や熊本地震、西日本豪雨、台風19号など度重なる国内災害を中心に、被災地のニーズに即した緊急・復興支援活動を展開しています。

あなたにおすすめのプロジェクト

オンラインカンサット放出サービスのための米国拠点設立

角地雅信角地雅信

#起業・スタートアップ

7%
現在
110,000円
支援者
6人
残り
21日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの寄付にすすむ
プロジェクトの相談をする