プロジェクト終了報告

2018年02月10日

第46回在日朝鮮美術展 松江展 無事終了しました。

 すべての支援していただいた方に感謝申し上げます。Readyforだけでなく、郵便振込していただいた方、「パソコンがよくわからないから」と直接渡してくれた方、本当にありがとうございました。

 

 2月1日から期間中の累計入場者は674人で過去島根県で開催したなかで今回が最多入場者でした。期間後半は7年ぶりの大雪でしたがたくさんの方に足を運んでいただきました。

 また、松江南高等学校放送部が NHKの高校ドキュメンタリーコンテストに「在日朝鮮美術展(学美)松江展」をテーマに出品する事が決まり、当日参加した朝鮮学校の先生や朝鮮大学校の生徒さんがインタビューを受けました。 これも皆様の支援があってこそ新しいつながりができたと感じています。ドキュメンタリー作品の完成が楽しみです。

 

前日準備状況

松江南高放送部さんの取材状況

開会セレモニー

作品解説

セレモニー講演

会場の様子

 

 皆さまからご支援頂いた資金は、島根県立美術館の会場費22万円と作品の搬入・搬出費18万円に全額使用させて頂きました。

 

 今後の作業はアンケートのテキスト化、缶バッチ・ポストカード・作品のDVD作成に移ります。支援者さんに届くのは6月頃を予定しています。今しばらくお待ちください。

 

 在日朝鮮学生美術展は朝鮮高級学校のある地域で開催している巡回展です。今後もお近くの地域で学美展のポスターを見かけたら、お出かけいただきご支援をお願いします。

 

 第47回学美山陰展は鳥取県米子市で開催する予定です。山陰近辺の方は引き続きご支援ご協力をお願いします。 次回は米子市でお会いできるのを楽しみにしています。