ちいちゃん
鬼頭恭一さんと終戦間際交流のあった讃井智恵子の息子の、讃井信行です。
亡き母が鬼頭さんの楽曲の演奏される事を希望していたと、心から思います。
有難うございます。
当日は、アメリカ出張のため残念ながら出席はかないません。
ご盛会心から念じております。

  6月29日   讃井信行
大石 泰(東京藝術大学演奏藝術センター)
Tamaki Itasaka
北区文化振興財団の古川です。ネクストゴールの達成、おめでとうございます。世界情勢が緊迫している今、戦没学生の思いを感じられるのは、戦争を知らない私のような世代にとって、とても良い機会だと思います。コンサート、楽しみにしております。僭越ながら応援しております。
大石 泰(東京藝術大学演奏藝術センター)
サカサマ
他に4個のプロジェクトを支援中!
少しでもお役に立てればと思いまして、ぎりぎりですが支援させていただきます。戦没画学生もそうですが、あのような時代にならないようにしたいものです。
大石 泰(東京藝術大学演奏藝術センター)
山内喜美子
遅ればせながら、お手伝いさせていただきます。
せっかく入学した藝大で、わずかな期間しか学ぶことができないまま繰り上げ卒業、そして戦地へ。その時の彼らの心の内は、今の私たちには測り知ることはできません。ただ、そんな時代はもう二度と繰り返してはならない。そう願うだけです。
教育出版の中学3年生の国語の教科書に窪島誠一郎さんの「無言館の青春」という書き下ろしの文章が、太田章さん、佐藤孝さんの絵とともに掲載されています。「乾かぬ絵具」という窪島さんの詩も。
藝大で本当に充実した4年間を、私は音楽とともに、娘はたくさんの絵具や画材を使って過ごすことができました。平和は、当たり前に存在しているのではなく、私たち一人一人がつくり守っていくもの。どんな時代でも、どこの国でも、人の命の大切さに変わりはありません。このプロジェクトが、日本中に、そして世界に向けても、「平和」を希求するうねりとなっていくことを祈ります。
大石 泰(東京藝術大学演奏藝術センター)
大石 泰(東京藝術大学演奏藝術センター)
他に3個のプロジェクトを支援中!
石川さま、野田さま、坂元さまよりご支援いただきました。ありがとうございました。
まるやまあや
ご案内をいただき、微力ながらも参加させていただきたく思いました。私も遺族の方の協力で研究が進められておりますし、研究をしている明治時代の演奏の様子をコンサートで再現したいという夢があります。今後もプロジェクトに何かの形でお手伝いさせていただければ幸いです。
大石 泰(東京藝術大学演奏藝術センター)
Sho Sato
Sho Sato さん
日本で生まれていた音楽を見つめなおす素晴らしい機会だと思います。この活動を通じて益々日本で受容され再構築された芸術音楽が広く演奏されることを祈念致します。
大石 泰(東京藝術大学演奏藝術センター)
大石 泰(東京藝術大学演奏藝術センター)
他に3個のプロジェクトを支援中!
前川さま、松林さま、宮野さま、梅岡さま、石橋さま、木村さま、渡辺さま、木内さま、中條さまよりご支援いただきました。ありがとうございました。
返信投稿を削除しますか?