更新情報

ネクストゴールへの挑戦を始めました

 

皆さまの温かいご支援のおかげで、スタート39日で、目標金額の300万円を達成することができました。本当にありがとうございます。ご支援とともに寄せられた応援メッセージの一つ一つから、皆さまの熱い思いとご期待がひしひしと伝わってきて、私どもも身が引き締まる思いで7月30日(日)のイベントの準備に取り組んでおります。

前述の目標金額は、主にこのイベントのための調査研究費、ならびに制作費として算出したものですが、このシンポジウム&コンサートは、われわれの活動のひとつの通過点に過ぎず、最終ゴールではありません。資料の発掘・調査とアーカイブの構築は、大学が続いていく限り終わることはないのです。そこで私どもは、継続的な資料調査演奏用楽譜の作成、それに基づく音源制作などを行うために450万円のネクストゴールを設けることにしました。

少し専門的な話になりますが、アーカイブにはさまざまな現場があります。たとえば、今回の戦没学生の作品演奏の場合を例にとれば…

・文書資料の調査という現場

・記録の整理、入力などの現場

・ご遺族とかかわる現場

・資料を集めるという現場

・資料を分かるように、そして使えるようにする現場

・資料を第三者に分かるように伝える現場

・楽譜の精査

・公開演奏

・支援者が手にする現場

といった具合です。そして、私どもは今回のクラウドファンディングの実行によって、そうした「社会に開かれたアーカイブスの実践」がすでに始まっている兆しを実感しています。これをより確かなものとするために、ネクストゴールの達成に向け、引き続き皆さまのご支援・ご協力をお願い申し上げます。

(演奏藝術センター 大石泰/大学史史料室 橋本久美子)

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)
Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています