READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

戦没学生の音楽作品よ、甦れ!楽譜に命を吹き込み今、奏でたい。

大石 泰(東京藝術大学演奏藝術センター)

大石 泰(東京藝術大学演奏藝術センター)

戦没学生の音楽作品よ、甦れ!楽譜に命を吹き込み今、奏でたい。
支援総額
4,890,000

目標 3,000,000円

支援者
263人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
33お気に入り登録33人がお気に入りしています

終了報告を読む


33お気に入り登録33人がお気に入りしています
2017年04月11日 16:31

公開6日目、34%まで来ました

 

私どものプロジェクトも、公開5日にして100万円の大台を超えることができました。これもひとえに皆さまのご支援とご声援の賜物と、心より感謝申し上げます。

皆さまから寄せられた応援コメントを読みますと、世界の情勢が不透明感を増し、国内でも「教育勅語」や「銃剣道」が話題になる今だからこそ、改めて戦争の時代を見直そうという気運が感じられます。これからも気を引き締めてプロジェクトに取り組んでまいりますので、引き続きよろしくお願いします。(大石 泰)

 

 

本日、本プロジェクトのコンサートとシンポジウムに関する打ち合わせを行いました。7月30日の「トークイン・コンサート」に出演を打診している、戦争を経験したトークゲストの方々はみな90歳以上、この課題に今取り組むことの重要性を再認識しました。

 

公開5日目にして、100万円を超えるご支援と、たくさんの応援の声をいただいていることに、心より感謝申し上げます。また、昨日(4月10日)の毎日新聞夕刊にも「響け 戦没学生の曲 - 学徒出陣「遺言」楽譜に込め」というタイトルで取り上げていただき、こういった形で普段なかなかひと目に触れない調査や研究、そして、埋もれていってしまう音楽に注目が集まることにも、ありがたく思っています。

 

今まで進めてきた調査・研究の成果を一般の方にお披露目できる可能性を感じ、メンバー一同、一層気を引き締めて取り組んでまいりますので、引き続きのご支援、どうかよろしくお願いいたします。(教育研究助手 / 酒井絵美)

一覧に戻る

リターン

3,000

【戦没学生の音楽史料を未来へ:アーカイブ化を応援】

♦演奏藝術センターから感謝の気持ちを込めて御礼状
♦オリジナルクリアファイル
♦「東京藝大アーカイブ友の会」会員証(会員番号付き)
アーカイブ活動の精神的なバックアップを担っていただきます。
会員様には今後のアーカイブ活動の報告を適宜配信いたします。

支援者
68人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年9月

10,000

【戦没学生の音楽作品に命を吹き込み、彼らのメッセージをお届けします】

3,000円のリターン(①御礼状、②オリジナルクリアファイル、③「東京藝大アーカイブ友の会」会員証)+
♦コンサートの音源データ または、コンサートにご招待いたします。
*2017年7月30日(日)開催。詳細は、プロジェクトページをご覧ください。

支援者
150人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年9月

30,000

【アーカイブ研究の舞台裏をお楽しみください】

10,000円のリターン(①御礼状、②オリジナルクリアファイル、③「東京藝大アーカイブ友の会」会員証、④コンサートの音源データ または、コンサートへご招待)+

♦大学史史料室の解説付き見学会(1回の人数制限あり)*日時は別途調整いたします。
ご参加いただけない方には、イベントの裏話(たとえば、楽譜はあっても演奏会で取り上げない曲についてなど)をデータでお送りします。

支援者
27人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年9月

50,000

【演奏藝術センターのコンサートをお楽しみください】

30,000円のリターン(①御礼状、②オリジナルクリアファイル、③「東京藝大アーカイブ友の会」会員証、④コンサートの音源データ または、コンサートへご招待、⑤大学史史料室の解説付き見学会 または、イベントの裏話(たとえば、楽譜はあっても演奏会で取り上げない曲についてなど)をデータでお送りします。)+

♦当日のコンサートプログラムにお名前を掲載(ご参加いただけない方には郵送いたします。)、さらに演奏藝術センター主催のお好きなコンサートに3回までご招待いたします。

支援者
17人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年9月

100,000

【大学史史料室が提供するスペシャルなコンサート】

50,000円のリターン(①御礼状、②オリジナルクリアファイル、③「東京藝大アーカイブ友の会」会員証、④コンサートの音源データ または、コンサートへご招待、⑤大学史史料室の解説付き見学会 または、イベントの裏話(たとえば、楽譜はあっても演奏会で取り上げない曲についてなど)をデータでお送りします。、⑥当日のコンサートプログラムにお名前を掲載)、さらに演奏藝術センター主催のお好きなコンサートに3回までご招待+

♦大学史史料室の貴重資料を活用した特別なコンサートにご招待。

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年9月

プロジェクトの相談をする