READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

群馬発!日本語コンテストを通して国境を越えた関係を築きたい!

梶山拓弥

梶山拓弥

群馬発!日本語コンテストを通して国境を越えた関係を築きたい!
支援総額
534,000

目標 400,000円

支援者
59人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2015年01月20日 15:10

インドネシアにある大学の日本語の授業に参加してきました!

日本語コンテスト会場予定のブラビジィヤ大学にお邪魔して来ました。

 

 


ブラビジィヤ大学とは、1963年に設立された東ジャワのマランにある国立大学です。そして日本の文科省の奨学金で、日本に留学する学生数がインドネシアで一番という大変優秀な大学です。

 

(文学部校舎)


今回は、手紙の書き方を学ぶ3年生の授業に参加してきました。

 


「拝啓」や「前略」の使い方の確認をしていましたが、学生達は間違えることなく、先生の質問に答えていきます。


授業風景は、このような感じです。


皆さん、積極的に、意欲的に質問をし、貪欲に日本語を勉強している様子が嬉しかったです。
日本語を勉強し始めた理由を聞いて見ると、

 

「日本の文化が好きだから。」
「漫画、アニメが好きだから。」
「日本人の彼氏・彼女が欲しくて。」

などなど。

 


そして大半の学生が、バイクで通学しています。


昔はたった1日で、車の免許が取得できたみたいです。
今は数週間とのことですが、費用は数千円と非常に安価。
ただ、まともな実習は行われてはいないので、インドネシアでの運転は非常に危険です。
恐らく日本人が、日本にいるつもりで運転すると、普通に車、バイク、そして人も突っ込んでくると思います。

 

 

少しでもインドネシアで日本語を学ぶ学生について、お分かり頂けたでしょうか?
引き続き応援よろしくお願いたします。

一覧に戻る

リターン

3,000

・ぐんまカップ、交流の写真
・サンクスレター
・ビデオレター

支援者
30人
在庫数
制限なし

10,000

・3000円の引換券に加え、
・バティク小物
・まなぱる英会話教室1ヶ月無料券
・プログラム冊子への名前掲載

<団体向け>
・プログラム冊子への団体名掲載
・ぐんまカップHPへの団体名掲載
・Facebookへの団体名掲載
※団体向けリターンご希望の方は、応援コメントに「団体向け希望」とご記入下さい。

支援者
25人
在庫数
制限なし

30,000

・10000円の引換券に加え
・キャニオンズ ラフティング半額券

<団体向け>
・プログラム冊子への広告掲載(カラー,A4,1/8P)
・ぐんまカップHPへの団体名掲載(ロゴw100plx)
・Facebookへの団体名掲載
※団体向けリターンご希望の方は、応援コメントに「団体向け希望」とご記入下さい。

支援者
4人
在庫数
制限なし

50,000

・30000円の引換券に加え
・多文化交流inぐんま2015夏 無料参加券


<団体向け>
・プログラム冊子へ広告掲載(カラー,A4,1/4P)
・ぐんまカップHPへの団体名掲載(ロゴw120plx)
・Facebookへの団体名掲載
※団体向けリターンご希望の方は、応援コメントに「団体向け希望」とご記入下さい。

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする