READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

ハイチ人医師を日本の医療教育で育成し、結核患者を救いたい!

大類隼人

大類隼人

ハイチ人医師を日本の医療教育で育成し、結核患者を救いたい!
支援総額
2,070,000

目標 2,000,000円

支援者
154人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
13お気に入り登録13人がお気に入りしています

13お気に入り登録13人がお気に入りしています
2012年06月07日 00:30

参議院会館でハイチ報告会!

本日、6月6日、ハイチの現状やプロジェクトを紹介するハイチ報告会を参議院議員会館にて行いました。



 

私たちNGO Future Codeのハイチ人医師人材育成プロジェクトの説明を行い、ジェルタ・パスカル医師とグィー・ジャッセン医師を紹介しましたが、それだけでなく私たちNGO Future Codeのもう一つのプロジェクト「夢 羽ばたく絵画展」を同会議場で同時開催いたしました。
 

東北震災にあった子どもたちと、ハイチの孤児院の子どもたちがそれぞれの「夢」を描いた作品が日本をこれから駆け巡り、羽ばたきます。会議の前や後に、来場された皆様にじっくりと見て頂きました。

今回、特筆すべきは各ハイチで活動する他のNGO団体である、RESULTS japan 、難民を助ける会、NGO AMDA、Plan international等、多くのNGOにも参加頂き、パネル展示やプレゼンテーションを行い、これからの各団体間の連携強化に向けて、協調を確認しました。

そして各議員先生方はじめ、ハイチ大使、外務省の方々も会場へ足を運んでくださり、日本国と、私たちNGOの協力、つまり官民一体となる、国際支援についての連携強化についても話合うという、大変有意義なものとなりました。



私たちだけでなく、議員の先生方からの意見としても、ハイチ地震から2年半が経ち、私たち日本人の記憶からはだんだんと忘れ去られていくが、しかし想像以上に深刻な被害は今も復興しておらず、今後も継続する支援が必要である、とのご意見が多数、見受けられました。
私たちも、この絵画展で描かれた、この子どもたちの夢がかなう日まで、継続できる支援を行いたいと思いを新たにこれからの活動を行います。

 

今回は、これからのハイチへの日本としての国際支援を、官民一体、オールジャパンで成し遂げようとする、熱い想いをお互いが確かめ合う会となり、私たちも他団体や国としての日本との協調を深めながら、活動に邁進したいと思います!! 

一覧に戻る

リターン

1,000

Future Codeからのハイチ風景写真がプリントされたサンクスレターを1枚お渡しします。

支援者
33人
在庫数
制限なし

3,000

上記の項目に加えFuture Code特製オリジナルピンバッチを1つお渡しします。

支援者
59人
在庫数
制限なし

10,000

上記に加え本プロジェクトに参加したハイチ人医師二名からのサンクスレターを交付する。合わせて本プロジェクトのドキュメンタリーDVDを一枚交付する。

支援者
56人
在庫数
制限なし

30,000

上記に加え独特な描かれかたをされているハイチの絵画を差し上げます。

支援者
20人
在庫数
完売

100,000

上記に加え、シスター須藤昭子先生とNGO Future Codeによる直筆サイン入りサンクスレターを差し上げます。(ハイチ絵画はこのチケットにはつきません。)

支援者
7人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする