READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

このプロジェクトでは継続的な支援を募集しています

継続寄付

子どもたちの明るい未来の為に!西神戸朝鮮初級学校 継続支援者募集!

子どもたちの明るい未来の為に!西神戸朝鮮初級学校 継続支援者募集!
このプロジェクトでは無期限で寄付を募集しています。「毎月」のコースで支援した場合、すでに完了した決済をキャンセルすることはできませんが、将来の決済を解約することができます。

マンスリーサポーター総計

26
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
このプロジェクトでは無期限で寄付を募集しています。「毎月」のコースで支援した場合、すでに完了した決済をキャンセルすることはできませんが、将来の決済を解約することができます。

プロジェクト本文

한글 페이지

 

皆さん、当プロジェクトページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

西神戸朝鮮初級学校支援「未来(ミレ)プロジェクト」 と申します。私たちは西神戸朝鮮初級学校の教育活動を支援するため、様々な支援を行っている西神戸・須磨垂水青商会のファンドレイジングチームです。

 

今年で3年目を迎えたコロナ禍での学校生活で、何かと我慢を強いられる子どもたちに笑顔を取り戻すために、年間を通じて学校支援を行っています。

 

2021年にはICT教育に力を入れている西神戸朝鮮初級学校の子どもたちに、「1人1台のタブレット」を寄贈する資金を募るためのクラウドファンディングに初挑戦多くの方々からの温かいご支援をいただいた結果、170万円を超える支援金を寄贈することができました。

 

 

 

しかしながら朝鮮学校の運営に対する国からの助成は引き続きなく、兵庫県・神戸市からの助成も約1/2の削減が続いている中、新型コロナウイルス流行の長期化などの影響による継続支援者の減少で、学校の運営難は更に深刻さを増しています。

 

 

 ■ 都会の中の小さな学校、西神戸朝鮮初級学校について

 

神戸市長田区にある西神戸朝鮮初級学校は、約50人の園児・児童が通う、小さな学校です。

 

西神戸朝鮮初級学校には、朝鮮半島にルーツを持つ在日コリアンの児童たちが通っています。初級学校とは、日本の小学校にあたる学校です。また、この学校には幼稚部も併設されており、満4歳から満6歳までの園児も通っています。子どもたちの国籍は、韓国籍・朝鮮籍・日本籍と様々です。

 

 

 

朝鮮学校で学ぶ子どもたちは、日本に住みながらも朝鮮の言葉や文化を身に付けることによって、コリアンとしてのルーツを知り、その特殊なアイデンティティを確立していきます。もちろん、朝鮮学校でも日本の教育内容に沿ったカリキュラムが組まれており、その教科内容には、ネイティブによる英語教育なども1年生から組み込まれています。2021年からは附属幼稚班での英語体験保育も始まりました。

 

そして、学校創立70周年を迎えた2015年度からは、"『教える教育』から『みずから学ぶ教育』への転換"を目標に掲げ、卒業生や地域にお住まいの有志の方々のご協力のもと、初級部の教室に無線LANを整備し、20台のノートパソコンも揃え、ICT教育にもいち早く取り組んでいます。

又、2021年度からはご寄贈いただいたICT教育整備資金を活用して、初級部4年生以上の全児童に「1人1台のタブレット」を無償で提供し、電子教科書の活用やWEB会議アプリを利用したオンライン学習プログラミングの特別授業などを推進しています。

 

 

 

近い将来訪れる、AI時代の人材に必要な力は「自ら意思決定する力」だと言われます。西神戸朝鮮初級学校は、そんな時代で生きていく子どもたちが、「〜〜をやりたい!」というモチベーションを持ち、自らの意思で決定していく経験を重視して、日々の教育を行っています。

 

長年に渡り、教職員のみならず、園児・児童たちの「地域交流・地域貢献」も積極的に行っています。

「長田フェスティバル」を始めとした地域イベントへの参加、近隣の小学校や幼稚園との相互訪問や文化交流・交流学習も年間を通じて行っています。

又、地域防災においても阪神淡路大震災当時に学校を避難所として開放した経験から、今後予期せぬ災害に見舞われた際には、学校施設を積極的に開放する旨を、日頃より発信しており「地域の学校」としての地域住民の皆様からの認知度も年々高まっています。

 

 

 

まさに多様な教育が行われている、そんな学校で学ぶ児童・園児たちは、これから先、日本と朝鮮半島の懸け橋となるばかりでなく、日本の社会ひいては国際社会の担い手として育つべく、貴重な教育を受けていると言えるでしょう。

 

各分野で幅広く活躍する卒業生たち

 

今日まで約4000名を数える卒業生たちは、日本社会の各分野で幅広く活躍しています。

地域産業であるケミカルシューズ業や鉄鋼業などの生産分野で、各地の朝鮮学校で教員として教育現場で、医師や看護師として医療の現場で、弁護士や司法書士として法律の専門分野で、その活躍の場は多岐に渡り、それぞれ地域社会の活性化や社会機能維持のため、日々貢献しています。

 

長引く不景気、助成金などの削減により朝鮮学校は窮地にあります。

 

朝鮮学校の運営に対する国からの助成はこれまで一切無い上に、兵庫県・神戸市からの助成までもここ数年は約1/2に削減されている中、学校運営の大半は、卒業生や地域在住の有志の方々、そして心温かい日本の方々からの寄付金でどうにか賄われているのが現状です。

 

しかし、支援者の多くの方々が携わっておられるケミカルシューズ業界は、新型コロナウイルス感染拡大により大きなダメージを受けており、その影響は学校への継続支援者の減少、寄付金の減額に直結し、1年間で500万円近い運営資金が不足しています

 

現在、「第7波」の到来により景気悪化が続く状況で、学校運営や日常的な教育環境維持についての支援を保護者や地域の有志だけに頼るのにも限界があり、学校財政は常に逼迫している状態なのです。

 

このような背景から、この度同校の卒業生を中心とした在日コリアン30代、40代の経済・大衆団体である西神戸・須磨垂水青商会では、「西神戸朝鮮初級学校支援 未来プロジェクト第2弾」として学校運営や教育環境維持のための「継続支援プロジェクト」を立ち上げることとなりました。  

 

 

 


 

 子どもたちの明るい未来を築くために、皆様の「継続支援」をお願いします!

 

私たちは、ルーツである朝鮮半島と生まれ育った日本の両方の文化を知る本校の児童たちが、日本社会での「日常的な交流」を積み重ねることで、将来的には朝鮮半島と日本との交流の懸け橋になればと考えています。

2021年度には初めての試みとして、近隣の小学校の児童たちのオンライン交流会を実施しました。これにより、まだ収束の兆しが見えない新型コロナウイルス流行の中でも、地域交流を進めていける確信を得ることができました。

 

私たち「未来プロジェクト」は、西神戸朝鮮初級学校の「多様な教育」、「みずから学ぶ教育」、「地域交流・地域貢献」をさらに推進する学校運営・教育環境維持のために、まずは2022年9月末までに支援者目標50人(2022年度 最終支援者目標 100人)最終的な毎月支援額10万円(年間支援額120万円)を目標に、継続支援者を募ることになりました。 (支援額にレディフォ―への手数料を含む)

 

*毎月皆様からお預かりした支援金は、全額を「西神戸朝鮮初級学校の運営・教育環境維持」のために寄贈させていただきます。(レディフォ―への手数料を除く)

 

【寄贈に関して】

寄贈先である「西神戸朝鮮初級学校」には、寄贈する支援金の受け入れとクラウドファンディングのストーリーに公表されることに関しての同意を得ております。

 

 プロジェクトの展望

 

西神戸朝鮮初級学校における「特色ある教育」の経験は、同校に通う在日コリアンの子どもたちを国際社会の担い手として育てていくだけではなく、 私たちの身近なところから「多文化共生」社会を実現していくことにつながると信じています。

 

このプロジェクトを通して、これまで「朝鮮学校」を知らなかった人たちに、朝鮮学校のことを、そしてこの国で民族教育が行われていることの意義を伝えていきたいと思います。

 

西神戸朝鮮初級学校に通う園児・児童たちの教育環境維持のために、皆様の応援とご支援をお願い致します。 

 

 

 実行メンバーのご紹介

 

安裕在(アン・ユジェ)

須磨垂水青商会会長、未来プロジェクト共同代表

 

今回の継続支援プロジェクトを行う西神戸朝鮮初級学校は私の母校でもあり、日本で生まれ育つ在日コリアンの子どもたちが、自身のアイデンティティを学びながら、地域社会の一員としての社会性も体現することができる唯一無二の民族学校です。

しかしながら昨今、助成金も削減され、厳しい中で地域住民、同胞の方々の支援で運営している状況です。園児・児童数も年々減少傾向にありますが、長年に渡り地域の日本の方々、交流校の子どもたちと交流を深めながら、今年創立77周年を迎えることが出来ました。

これからも子どもたちが同じ地域の日本の学校の子どもたちと日常的な交流を行いながら、朝鮮と日本の両文化を学べる環境を整え、多文化共生社会を実現して行くためにも、たくさんの皆様のご理解とお力添えが必要となります。ご支援・ご協力の程、宜しくお願い致します。

 

 

韓忠洙(ハン・チュンス)

西神戸青商会会長、未来プロジェクト共同代表

 

私は岡山の出身ですが、大学卒業後に長田区のデイサービスに就職したのを機に、ボランティア活動を通じて西神戸朝鮮初級学校との関わり合いが始まりました。

近年は青商会の幹事として、様々な学校支援活動を行う中で、昨年に行ったクラウドファンディングにもチームの一員として参加し、全国の支援者の方々からの心温まるメッセージと貴重なご支援を通じて、大きな感動を覚えました。改めてお礼申し上げます。

この度は、私自身がチームの共同代表として、継続支援プロジェクトを行うことになりました。

西神戸朝鮮初級学校の教育は、単に在日コリアンの子どもたちのためのものだけではなく、国際社会の担い手を育てる教育として、日本の地域社会にとっても意義あるものだと考えています。

昨年のクラウドファンディング同様、この度の継続支援プロジェクトに多くの方々がご賛同いただき、出来る限りのご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

 ご支援上の注意点

 

・本プロジェクトへのご支援は寄附控除の対象にはなりません。

・ご支援にあたり、利用可能な決済手段はクレジットカードのみです。詳細は、こちらをご覧ください。(リンク

・本プロジェクトでは、お1人様1コースへの支援となります。複数コースへのご支援は出来兼ねますのでご了承ください。

・本プロジェクトでは、毎月の継続的なご支援を募集しています。初回ご支援時に1回目の決済が行われ、翌月以降は毎月10日に決済が行われます。ご支援に関するご質問は、こちらをご覧ください。リンク

・ご支援確定後の返金は、ご対応致しかねますので何卒ご了承ください。翌月以降のキャンセル(解約)については、こちらをご覧ください。リンク

・コースを途中で変更することはできません。お手数をおかけしますが、一度支援を解約していただき、ご希望のコースに改めてご支援ください。支援の解約方法は、こちらをご覧ください。リンク

・本プロジェクトのコースの特典のうち、【お名前掲載】に関するギフトの条件詳細については、リンク先(https://legal.readyfor.jp/guidelines/launching_project/message_printing/)の「命名権、メッセージの掲載その他これに類する特典について」をご確認ください。

・「応援コメント」としていただいたメッセージは、本プロジェクト期間中・終了後にPR等で利用させていただく場合がございます。ご了承ください。

寄付金が充てられる事業活動の責任者:
安裕在(西神戸朝鮮初級学校支援未来プロジェクト)
団体の活動開始年月日:
2021年5月28日
団体の役職員数:
5〜9人

活動実績の概要

今年で3年目を迎えたコロナ禍での学校生活で、何かと我慢を強いられる西神戸朝鮮初級学校の子どもたちに笑顔を取り戻すために、年間を通じて支援活動を行っています。 外部講師を招待してのプログラミング授業や理科教室の実施、会員たちによる学校清掃活動や設備改修の補助、各種チャリティーイベントの収益金の寄付などを行ってきました。 2021年にはICT教育に力を入れている西神戸朝鮮初級学校の子どもたちに、「1人1台のタブレット」を寄贈する資金を募るためのクラウドファンディングに初挑戦し、多くの方々からの温かいご支援をいただいた結果、170万円を超える支援金を寄贈することができました。

プロフィール

西神戸朝鮮初級学校支援 未来プロジェクト

西神戸朝鮮初級学校支援 未来プロジェクト

西神戸・須磨垂水青商会が共同で行っている西神戸朝鮮初級学校支援事業「BECAUSE西神戸」の一つである、ファンドレイジングによる学校支援プロジェクトチームです。 青商会とは、在日コリアンの30代・40代が中心となって民族教育支援や地域貢献を積極的に行っている経済・大衆団体です。 この度、新たな民族教育支援・地域貢献事業として、西神戸朝鮮初級学校への継続支援者を募集します。

コース

500円 / 月

毎月

alt

毎月支援ワンコインコース

●メールで申し訳ございませんが、感謝のメッセージを送らせていただきます。

1,000円 / 月

毎月

alt

毎月支援1,000円コース

●メールで申し訳ありませんが、感謝のメッセージをお送りします。

1,000円 / 月

毎月

alt

매달 1,000엔 지원코스/해외에서 지원해주시는 분을 위하여 For supporters from overs

・감사의 전자 메일을 보내드립니다


===

・A thank you email

3,000円 / 月

毎月

alt

毎月支援3,000円コース

●メールで申し訳ありませんが、感謝のメッセージをお送りします。
●毎年2月に行われる学芸会の協賛広告にて、お名前を紹介(掲載)させていただきます。
※掲載の有無に関しては、事前に確認をさせていただきます。
※注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

3,000円 / 月

毎月

alt

매달 3,000엔 지원코스/해외에서 지원해주시는 분을 위하여For supporters from oversea

・감사의 전자 메일을 보내드립니다


===

・A thank you email

5,000円 / 月

毎月

alt

毎月支援5,000円コース

●メールで申し訳ありませんが、感謝のメッセージをお送りします。
●毎年2月に行われる学芸会の協賛広告にて、お名前を紹介(掲載)させていただきます。
※掲載の有無に関しては、事前に確認をさせていただきます。
※注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

5,000円 / 月

毎月

alt

매달 5,000엔 지원코스/ 해외에서 지원해주시는 분을 위하여For supporters from overse

・감사의 전자 메일을 보내드립니다


===

・A thank you email

10,000円 / 月

毎月

alt

毎月支援10,000円コース

●メールで申し訳ありませんが、感謝のメッセージをお送りします。
●毎年2月に行われる学芸会の協賛広告にて、お名前を紹介(掲載)させていただきます。
※掲載の有無に関しては、事前に確認をさせていただきます。
※注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

プロフィール

西神戸・須磨垂水青商会が共同で行っている西神戸朝鮮初級学校支援事業「BECAUSE西神戸」の一つである、ファンドレイジングによる学校支援プロジェクトチームです。 青商会とは、在日コリアンの30代・40代が中心となって民族教育支援や地域貢献を積極的に行っている経済・大衆団体です。 この度、新たな民族教育支援・地域貢献事業として、西神戸朝鮮初級学校への継続支援者を募集します。

あなたにおすすめのプロジェクト

車いすユーザーの社会参加を応援する!WheeLog!サポーター のトップ画像

車いすユーザーの社会参加を応援する!WheeLog!サポーター

織田友理子(一般社団法人WheeLog 代表)織田友理子(一般社団法人WheeLog 代表)

#医療・福祉

継続寄付
総計
105人
重度の障害者が安心して暮らせるグループホームを建設したい! のトップ画像

重度の障害者が安心して暮らせるグループホームを建設したい!

社会福祉法人あぜくら福祉会 社会福祉法人あぜくら福祉会

#医療・福祉

7%
現在
190,000円
寄付者
13人
残り
14日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする