地球の日本のちょうど反対側にあたるハイチ。

そこから来た彼らと共に東京から関西へ移動し、数日の間は日本文化に触れつつも、なれない異国での彼らの生活を整えていました。

 

そして本日6月11日、パスカルとジャッセンの研修が開始されました!

午前から兵庫医科大学内の施設を見学し、日本がどんな医療をしているのか、感じてもらいます。 

 

そして午後は呼吸器の疾患について勉強を重ねました。

たとえばここに載せますものは、レントゲンの診断の強化です。



 ハイチでは機材が少ないため、レントゲンの機械ははありますが、もちろんCTはありません。
なかなかレントゲンだけでは二次元の画像であるため、三次元的なイメージをつかむことは難しい。

しかしここではサンプルのレントゲン画像を示しながらそのCT画像で三次元的に確認し、イメージをふくらまし、いかにレントゲン写真を読むかを考えました。

「これは面白い勉強だ!」とジャッセン。

毎日を大切に、私たちも頑張ります!