プロジェクト概要

 

大好きな栃木県下野市の魅力を届けるため、地域のコミュニティや産業を盛り上げるイベント“I LOVE まつり inじち”を開催したい!


はじめまして、I LOVE まつり実行委員長の山本愛美(世界のなまちゃん)と申します。小学生から栃木県下野市で育ってきました。現在は、イベント好きが高じて、施設や高校専門学校への出張ワークショップやマルシェの開催などを行なっています。

 

下野市は、東京都心から約85km圏にあり、快速で約70分(小山駅から新幹線を利用すれば約45分)とアクセスの良い場所です!自治医大駅から自治医科大学まではきれいな街並みとなっています。

 

地元を活性化したい、まだ知らない方に知ってもらいたいと考えているのですが、下野市で開催されるイベントはまだまだ少ないです。そこで、下野の魅力を知っていただけるようなイベント“I LOVE まつり inじち”を自治医大前駅で開催します!

 

自治医大駅前の様子

 

 

“I LOVE まつり inじち”は、下野に住む人たちの地元愛からはじまりました。

 

「地元の飲食店を盛り上げよう」「せっかくなら誰もが楽しめるイベントにしよう」「しもつけのいいところの発見と再発見を通して、LIFE IS HAPPYを届けよう」このような思いを持って、企画を立ち上げました。

 

私の思いを地域の方にお話すると、一緒に成功させようとしてくれる方々が自然に集まってきました。「地域のために何かをしたい」という人がたくさんいることに驚き、嬉しく思いました。

 

2017年11月に、地域の企業の方や公務員の方など、様々なバックグラウンドを持った10〜40代のメンバーと“I LOVE まつり inじち実行委員会”を結成。開催に向けて月に1度は集まり話し合いを重ねてきました。

 

開催準備が進むにつれて、下野市をもっと盛り上げていきたいという思いが強くなりました。

会議中の様子

 

 

一日いても飽きないまつり、出店者の商いがうまくいくまつりを目指します!

 

“I LOVE まつり inじち”では、祭りを一つの会社と見立てています。地域の教育、健康、コミュニティ、産業、飲食のテーマに分けて配置し、一日いても飽きないまつり、出店者の商いがうまくいくまつりを創造しています。

 

「あきない」が続く事で、来年も再来年も祭りが続いていきます。そのため祭りのサブタイトルをひらがなで【あきないまつり】とし、世代を超えて楽しめる内容を考えています。

 

であう・つながる・ひろがるの場を提供し、コミュニティの形成や地域の産業を盛りあげることが目的です。

 

 場所:栃木県下野市、JR宇都宮線・自治医大駅の東口。自治医大駅東口歩道〜TSUTAYA自治医大店まで

 

日時:2018年5月19日(土)11:00〜18:00

実施予定の企画:腕立て伏せ大会・SNS×写真の賞を決めるなど参加型のものから、様々なブース出展

 

参加予定店舗:計60店舗ほど

飲食・物販・ワークショップ・アクティブ・健康医療・企業・教育・コミュニティーゾーンなど、様々な店舗が出展予定です。

 

 

 

大好きな下野市を盛り上げるために、お力を貸していただけないでしょうか?


最後までお読みくださりありがとうございました。小さな一步として、1日限りのイベントを企画したところ、地域の方の関心も高く、こころよく協力していただいています。


だからといって内輪に閉じこもることなく、開かれた場にすることが大事だと思っています。ちょっと面白そうだな〜と思われたなら、いつでもご連絡ください!いっしょに楽しみましょう。

 

主役は全員。わき役はいません。I LOVE まつりの参加者は『仲間』です。想いに共感してくれた『あなた』を待っています。

 

開催に向けての応援、どうぞよろしくお願いします !

 

 

イベント開催サポーターとして様々なお礼の品をご用意しています


・サンクスメール

 

・I LOVE まつり inじちステッカー

 

・イベントで使える飲食チケット

※1枚100円つづり、おつりはでません

 

・I LOVE まつり inじち懇親会にご招待券(希望者、参加費別)

自治医大駅周辺にて、5月21日〜25日の間で開催予定。詳細は後日ご案内いたします。

 

・当日会場にて、支援者様一覧にお名前を掲載

 

・写真付きの開催報告書

 

・I LOVE まつり inじちTシャツ

フリーサイズになります。カラーは1色です。