今日は輸入や輸出について、思うことを書きたいと思います!



昔は日本で作っていたものでも、今では、安く買えるように、発展途上国で作っていますね。それは、賃金が安いからです、とそんな事は、皆さん普通の事だと感じるような時代になってきました。

でも、日本が国内で商品を生産し消費すると、日本の経済が回り良くなります。

雇用を生み出し、失業者が減ります。。と、

そんな事も、簡単に考えれることですが、意外にこの事について重要視している人っていない気がします。。。

もし、本当にこれについて考えてるなら、高くてもmade in Japanのものを買うからです。

せっかく日本で作っていた伝統のものでさえ、海外で作られています・・・着物、下駄、帯も中国産が多いです。

ゴマなんか、日本産のを探すのは難しいです。収穫が大変ですから、日本人の賃金で考えると、高くなってしまいます!

菜種(油)はオーストラリア産やカナダ産が多く、日本でも作れるのにな~って思います。。昔は菜種は日本で良く作られたそうです。

竹でできた工芸品などもそうですよね。。

私が思うに、輸入は日本で作れないものや、他の国の伝統的なものだけにしたらどうか?と。

そうすれば、他国の伝統を尊重し守ることも出来ますし、日本にとっても他国に伝統のものを輸出するのは素敵なこと。。。

またそんな時代が来たら良いな~と思いながら、このプロジェクトを実行中です☆