別府鉄道(べふてつどう)はその名称から大分県を走っていた路線を認識される方もおられますが、兵庫県の東播磨(加古川市、播磨町等)地域を走っていたミニ鉄道が「別府鉄道」でした。

 弊会代表 誉田(こんだ)にとっても亡き父との思い出の別府鉄道でした。

今から約30年前の当時の映像や写真を交えて制作したVTR作品(9分12秒)です。ぜひご覧になってください。(現役時代のキハ2号の姿もご覧いただけます)

 「消えた東播磨のミニ鉄道を訪ねて」

      https://youtu.be/7lSHguudttw

別府鉄道現役当時の路線イメージ図
別府鉄道現役当時の路線イメージ図

 

その消えた別府鉄道の野口線の車両キハ2号が唯一地元加古川市野口町の公園(松風こみち沿いの電車公園)に劣化が進行しながらも現存しています。このまま劣化が進行し修復不可能となると消え去ってしまうかも知れません。

地元で住民のコミュニティ交通機関としても活躍し、市民の皆様と共に長年色々な思い出(別府の浜へ海水浴へ行くために乗った等)を作った車両にリスペクト!いただき、往年の姿を末永く残してあげる恒久修復へ皆様のお力添えいただけないでしょうか?

新着情報一覧へ