本プロジェクトは目標達成の成立率の高まる支援額計画ピッチの20%まであと一歩(3%)のところとなって来ております。連休明けまでに何とか20%越えできるよう皆様の一層のご支援を何卒お願いいたします。

 

さて、今回は弊会ボランティアメンバーによる修復作業風景をご紹介させていただきます。

弊会では加古川市が管理するキハ2号の修復作業を、素人でもできることは自分たちでやろうをモットーに毎年4月~11月の間に(原則月1回)行っています。

キハ2号修復作業風景

修復作業は登録いただいた加古川市民の方、兵庫県内各市町の方を中心参加いただきボランティアで行っております。中には遠く大阪府、京都府、愛知県、石川県から鉄道ファンの有志の方々も駆けつけ作業を手伝っていただく方もおられます。


そんな修復作業(写真)はメンバーのひとりひとりの熱い思いによって支えられております。

そんな我々にキハ2号恒久修復への資金的(目標支援額到達へ)お力添えよろしくお願いいたします。

 

 

新着情報一覧へ