修繕を引き受けていただいたキタ・クラフトさんによる作業も、あとは室内作業を残すのみとなり、いよいよ完成が近づいてきています!

  

さて今日は『お色直し会(第一回目)』が開催され、久々の良い天候の中作業が行われました!

 

公式フェイスブックや町内IP電話等での呼びかけのみでしたが、幌加内町民をはじめ、近隣からも12名の方々にお越しいただきました。そのうちお二方は、今回の修繕イベントに合わせて本州から足を運んでくださいました!

 

 

今回は『外壁』作業をメインに“お色直し”をしました。従来の外壁の色により近い雰囲気を出すために、昔から使われてきた「松煙」「ベンガラ」「柿渋」などの材料を使用し、前々から調合をしては試し塗りを重ね、“元々の色や雰囲気を大切”にしながら、参加者全員でていねいに塗っていきました。

 

まずは第一段階、ひとまず全体的な外壁塗装は無事完了し、あとは18日(火)午前にもう一度手直しをする予定です。塗装直後は少し真っ黒に近い印象ですが、ここから少し色も馴染んできて、もう少し薄い印象になる予定です。

 

 

今回のクラウドファンディングによる保存プロジェクト自体は、今年5月からスタートしましたが、私たちの保存修繕活動は昨年春からスタートを切りました。そのときの写真(2015年6月)と本日の写真を並べてみました。

 

 

冬もそこまできていますが、いよいよ沼牛駅も改修完了間近です。11/6のお披露目イベントに向けて、一歩一歩少しずつ、皆さまのご協力を得ながら準備を進めて参ります。

新着情報一覧へ