プロジェクト概要

「こうのとりパパ」で子ども教育に貢献したい!

 

ページをご覧いただきありがとうございます、枚田弘子と申します。私は、子どもを中心として大人まで楽しんでもらえるようなイベントの企画をしています。

 

企画の他にも、「こうのとりパパ」というオリジナルキャラクターの着ぐるみを着ながら、学校での奉仕作業や防災・防犯の啓発活動を行い、何事にも子ども達が自ら「やってみよう!」と思うきっかけをつくる活動をしています。

 

参加したイベントなどでも、とてもよろこんでいただいており、さらに活動を広げていきたいと考えていますが、今現在移動用の車両がなく 、活動範囲が狭いという状況です。そこで、移動用の車両を購入し、地域活動をされている企業様や教育機関などと、共に協力して子どもの成長に欠かせない貴重な体験を提供できればと思い、このプロジェクトを立ち上げました。

 

みなさま、どうぞご支援・応援のほどよろしくお願いいたします。

 

皆に幸せを届けたくて…
でも、どうしていいのか分からなくてハートを被っちゃった!!

 

インターネットの普及による子ども教育への影響

生きていく上で大事なことを知ってもらうきっかけを

 

近年、少子化や共働き世帯が増え、子どもたちが安心して過ごせる時間や居場所が少なくなってきています。

 

私には娘が二人いますが、自分自身日々の生活に追われてしまい、娘たちもゲームやインターネットに依存しがちです。インターネットで受け取る情報は、多角的であり子ども自身が学べることも多いですが、子どもたちの「今」に向き合ったときに、本当にその情報が必要かは一概に言いかねます。

 

そんな現代の子どもたちの遊び方・教育に問題を感じた私は、自分自身でもできることがないか模索しました。「そうだ!子どもたちが、生きていく中で、大事なことなら教えられるのではないか?」と思い立ちました。

 

子ども達も店員さんをしています(イベント時)

 

ただ、ただ、教えていくだけではなく楽しい時間を全力で過ごして欲しいので、まずは視覚から楽しんでもらえるように、自分で「こうのとりパパ」というオリジナルキャラクターをデザインして、着ぐるみを制作しました。

 

皆に幸せを届けたくて……でもどうしていいのか分からなくて、ハートを被っちゃった!!というちょっと不器用で愛嬌のあるデザインになっていて、そんな着ぐるみを見た子どもたちが「なんか面白そう」と期待し、興味を持ってくれるのではと思い、制作をしました。実際に、以前までは兵庫でこの活動をしていましたが、子どもたちからは好評でした。


兵庫から大阪の鶴見区に移住してきて、少しの間この活動を休止していましたが、鶴見区そして全国の子どもたちのために、この活動を再開できればと思っています!

 

こんなキャラクターがイベントの設営や奉仕活動など人として
「当たり前」のことをどんどんしていきます。

 

「正解」ではなく「自分で考えた答え」を見つけるきっかけに

 

兵庫で活動していたときは、イベントやお祭り、ワークショップや商業施設で活動をしていました。私はどのイベントでも、「見える達成感や成長が自然に子どもたちから溢れてくる」ということを目的として、企画をしています。

 

例えば、こうのとりパパパークというイベントでは、どこか懐かしい色々な種類の遊具を使ったタイムアタックチャレンジというものを企画しました。

 

そこでは、普段運動が苦手という子でも「タイムアタックで1位になりたい!」と何回もチャレンジしたり、1秒でもタイムを早くするために、余計な動きをなくそうと試みたり、と子どもたちが試行錯誤しながら成長していくのがタイムでも子どもたちの眼差しを見てもわかります。

 


この活動は、インターネット文化が広まり、「当たり前のことを知らない」という子どもたちがいる、今だからこそ必要だと思っています。

 

しかし、この活動を必要としてくれる子どもたちがいても、そこに行くまでの交通手段がありません。着ぐるみは、大きいので公共の交通機関などを利用すると、周りの方々に迷惑をかけてしまう可能性があるため、移動には車両が必要です。

もし、車両が準備できた場合は、まずは鶴見区を中心に活動をしていきたいと考えています。この活動を通して、子どもたちが物事に対して「これはこう」「それはそう」と教えるのではなく、「何を感じ、何を大切にし、何をしたいのか」自分で考えることができるきっかけになればと思っています。

 

 

「こうのとりパパ」活動詳細

 

◆イベント詳細
今まで企画したイベントの一部を紹介いたします。

 

<発掘パワーストーンストラップ>

抗菌砂の中に、パワーストーンの原石を埋めて手のひらサイズで固めました。どんな石が出てくるかの期待感。出てきた石の意味。それで終わりではなく、そこから自分で石に合った色のワイヤーとストラップを選んで、石にワイヤーラッピングをしてストラップを作り、物への愛着心や、大切にする気持ちが生まれます。

 

<こうのとりパパパーク>

遊具をつかった種目のタイムアタックチャレンジとチャレンジ結果を各種目ランキング形式でボードに貼っていきます。ワクワクの期待感、本番の緊張感、ボードのランキング結果と比べてからの感情は人それぞれです。そこからどう動くかを見守れるチャレンジ型イベントブースです。

 

◆活動スケジュール
 

2019年4月14日(日):ダスキン今津支店さんで企業様とのコラボ企画ブース出店  

〜2019年7月31日まで:車両の購入

2019年8月1日以降:鶴見区を中心に全国での活動開始!


◆ご支援いただいた資金の使いみち

 

イベント資材積み込み用の車    677,976円

ミストシャワー購入費用×2台    8,424円

イベント資材    80,000円

広告費用    50,000円

その他(手数料など)    183,600円

 

※夏場のイベント時に子ども達を熱中症から守るためにミストシャワーの購入も検討しています。チャレンジブースに全力で挑み楽しむ為にも、出来るだけ過ごしやすい環境を作っていきます。思いやりや優しさは子どもたちに居心地のいい安心感を与えます。

 

子どもたちにとって、第2の親のような存在でありたい!

今後、この活動を通じて、親にも育ててもらったけど……こうのとりパパにも育ててもらったなと将来言ってもらえるような存在になりたいと思っています。ゆくゆくは、通学路にある飛び出し注意の看板がこうのとりパパになっている……そんな大きな夢を抱いています。

 

第2の親として、こうのとりパパという存在が子どもたちの近くにいてあげられるように、まずは鶴見区からこの挑戦は始まります。みなさまの応援が大きな力となります。

 

どうぞご支援・応援のほどよろしくお願いいたします。

 


最新の新着情報