清水です!

 

みなさん、あたたかなご支援を頂き、

本当に本当にありがとうございます!

 

クラウドファウンディングを

2月28日にスタートし、

今日は9日目に突入していますが

 

たくさんの方々の

ご支援を頂いて、

本日、目標の70%まで達成することができております

 

残り、22日間ということになりますが

 

この9日間にご支援していただいている方々の

応援を無駄にしないためにも

しっかりと目標達成させ

 

そして、地方や遠方にも伺えるように

残りの期間も頑張っていきたいと思います!

 

 

僕の生い立ちについてですが

 

 

僕自身

幼少期から、学生時代

そして、大学時代、とにかくたくさんの悩みを抱えていました

 

 

そして、すごく泣き虫だったので、

 

父からもよく

「ひろは泣き虫だなぁ」なんて言われていました

 

そんな僕ですが

 

20代の頃までは、とくに「悔し泣き」が

多かったんじゃないかと思います。

 

 

どうしても自分の思うように

生きることができなかったり

 

本当に自分が「やりたいこと」ができなかったり

 

本当に「好きなこと」を好きと言えなかったり

 

 

ありのままの自分でいることができなくて

とにかく悔しかった日々を過ごしていました。

 

 

それでも、もがきながらでも

一生懸命、笑顔で過ごしてきたのが

僕自身だと思います。

 

 

「辛い時こそ、笑顔で過ごそう」

 

 

これは、僕が大学時代に

一番心がけていたことです。

 

 

 

「辛い時こそ笑顔で過ごせば、きっと楽しい人生がいつかはやってくる」

 

 

その頃の

状況的には

 

 

自分の心の性に気づいていながら

 

 

戸籍上は女性、名前もひろこ、

という建前上

 

どうしても、

社会や、多くの人に合わせないといけない、と

焦っていました。

 

 

そういったなかで、悔しい思い

なんでこんな運命で生まれてきたんだろう

 

 

 

みんなが、就職活動がうまくいっているのに

自分は何も進められない

 

 

 

人と比べても仕方ないのに

自分はダメな人間だと、思っていました。

 

 

でも、

 

 

人生は、変わることができる

 

 

そして、

 

 

努力は報われる

 

 

それを信じて

 

 

辛い時こそ

ずっと笑顔を心がけて生きてきました

 

 

 

苦労の日々が長く

 

思うようにいかない日々が続き

 

絶望的な気持ちの時もありましたが

 

 

 

今では、遠回りしてきた人生も

 

 

 

 

自分には必要な時間だったと

感じられるようになりました。

 

 

パートナーにもとても感謝していますし

 

 

家族にも感謝しています

 

 

いつも支えてくれる仲間や

 

 

そして、この度私のお願いに

心をかたむけていただき

 

 

こうして文章を読んでいただき、支えてくださる

あなたに!とても感謝しています

 

 

みなさんのお陰で今の自分があります。

 

 

今では自分はこのために生まれてきたんだ

と思えるほどに使命を

生きることができるようになりました

 

 

これは、みなさんのお陰です

 

 

本当にありがとうございます!!

 

 

 

いつも、人に笑顔で接し

 

 

自分らしく生きる。

 

 

自分らしく生きる

ということは、言葉で言うよりも

 

乗り越える壁もたくさんあり

困難もあると思います

 

 

 

しかし、

 

困難があったとしても

 

それは、自分へのギフト

乗り越えられないことを与えられないんだと

信じています。

 

 

一度しかない、

たった一度きりの人生を

 

 

ひとりひとりが

自分の個性や人との違いを知り

認め合い、笑顔で

 

 

輝いていける

 

 

みなが幸せになることができる

 

そういう世の中をつくっていきたいと

心から願い、これからも行動していきす。

https://youtu.be/8EM25g47pjs

 

 

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。

 

 

チャレンジ!

まずは、小さくても、自分にできることから!

そういつも、考えています。

 

 

遠方の講演のお問い合わせですと

徳島からの旅費がネックになることが多いのですが

 

 

目標を達成させ、

遠方の講演のご依頼にも快く

応えていきたいと考えております

 

 

どうか、

ご支援・ご協力のほど

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

清水展人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ