皆様、はじめまして!プロジェクトメンバーの平井俊介です。

 

さて、第一回目の投稿では、絵本にかける僕の想いを綴りたいと思います。

僕は普段は民間企業で働いており、

岩手県に駐在して復興支援活動の仕事に携わっています。


振り返ってみると、ここでは語れないほど色々と挫折を経験してきましたが、
これまでの復興支援を通じて、とても大切なことを学びました。

 

 

それは、

 

全ての物事において「人」の存在が欠かせない

 

ということ。


 

苦しいとき、あなたを支えてくれる人。
どんなときも、あなたを信じてくれる人。
重要な局面で、あなたの価値観を認めてくれる人。
 

僕の周りにもこうした人たちがいてくれたからこそ、

これまで踏ん張ることが出来たのだと思います。

 

自分の周りにいる大切な「人」の存在を疎かにしているようでは、
大きなことなんて成し遂げられません。

 


みなさんは、目には見えない大切なものを見失ってはいませんか?



今回制作する絵本たびするほんを読んで頂くことで、一人でも多くの人が「大切な人の存在」を改めて考えるきっかけになれれば、僕にとってこの上ない幸せです。


(※下の写真は、僕が復興支援で関わっている陸前高田市のお米です☆)

 

新着情報一覧へ