プロジェクト概要

カンボジアの子供たちに多くの感動と夢を!カンボジア初の漫画家養成セミナーを開催したい!

 

はじめまして、23年前から小学校の建設などカンボジアで教育分野の援助活動を行い、今は現地NGO「ライスマ」の代表を務める磯部正広です。

 

カンボジアでは1975年からの4年間に大虐殺が行われ、被害者は200万人とも300万人とも言われ、同時に教育・宗教・文化などがすべて破壊されました。現在経済的に急激な発展をしてますが、貧富の格差は開くばかり、また、物質的な発展に文化の発展が追いついていません。農村では貧しくて学校へ行けない子供が多いのに首都プノンペンの学生たちは1日中スマホをいじってます。しかしこの農村と都会の子ども、理由は違っても共通してるのは、読書習慣の不足と将来に大きな夢を持った子が少ないことです。「ライスマ」では道徳&識字教育事業の一環として、若者や子供が大きな夢を持てるように、これまでカンボジアになかった「ストーリー漫画出版事業」を昨年から開始しました。

 

しかし、「カンボジア人漫画家を育てるための費用」が不足しています。皆様のご協力を頂けないでしょうか。

 

 

(援助を行っているカンボジアの小学校で)

 

 

大きくなったら何になりたい? ヒーロー・ヒロインがいないカンボジア

 

私が感じている今カンボジアに最も大切なもの、それは子供や若者が将来の夢や希望を持てる環境づくりです。日本人なら誰でも小さいころにヒーローやヒロインがいたはずです。それは国民的俳優、歌手、野球選手、外人レスラーを空手チョップでバタバタ倒すレスラー、オリンピックのメダリスト、ノーベル賞科学者、そしてそして漫画の主人公・・・。

 

ですが、残念ながらカンボジアはようやくアジア大会でメダルを取りましたがオリンピックのメダルにはまだまだ遠く、ボクシングやプロレスの世界チャンピオンもいません、実力派の歌手も出てきてますが、まだ国民的と言えるほどの歌手や役者もなく、ノーベル賞も・・・

 

そして、カンボジアのオリジナル漫画というものもまったくありませんでした、私の子供のころのころを想うと、カンボジアの子供たちにも同じように夢を持って欲しいと切に感じずにはいられません。

 

 

(ライスマのスタッフ、Mr.ラタナ:昼はライスマで働いて夜は大学に通う学生ですが、彼も漫画家になりたいと、ボランティアでアシスタントをしてくれてます。)

 

 

カンボジア人のカンボジア人によるカンボジア人のためのストーリー漫画

 

そんなカンボジアで、漫画家を育ててカンボジア人によるオリジナル漫画雑誌を出版するのが最終目標ですが、私の団体ライスマでは昨年10月からその第一段階としてカンボジア初のオリジナルストーリー漫画「リングのうさぎ」の出版を開始し、現在3巻まで出版しています、ただし作者は私、日本人です。

 

漫画というものを知ってもらうのが目的なので、ストーリーはわかりやすくストレートなスポ根もの、カンボジアのゴミ山でゴミを拾って生活する孤児院の少年が、内戦のためチャンピオンになれなかった元プロボクサーと出会い、ボクシングの世界チャンピオンを目指すというものです。

 

気軽に読める漫画を通して読書習慣が復活し、また、世界チャンピオンになりたいとか、漫画家になりたいとか、子供たちが夢を持ってくれ、そしてさらに沢山の漫画家が誕生して多くの人に夢を与えてくれることを期待しています。

 

 

(カンボジア初のオリジナルストーリー漫画「リングのうさぎ(邦題)」現地語では「トンサイ・ノウルー・リング」第1巻と第2巻)

 

 

今回のプロジェクトではカンボジア初の漫画家養成セミナーを開催します!

 

首都プノンペンで漫画家を目指すカンボジア人の若者、20人から30人を集めて、カンボジア初の漫画家養成セミナーを行います。土曜日を3回使って、初級(漫画の歴史、ストーリー組み立て、キャラクター設定など)、中級(道具と使い方、人物描画、背景・遠近法など)、上級(印刷基本知識、カラー・扉絵描画、実践テクニック)のセミナー開催をします。

 

また、中級終了時に宿題として、カンボジアの昔話を参加者全員に1ページずつ描いてもらい、1週間後の最終・上級セミナーで一冊の記念合作本を作成し、終了証とともに参加者に贈呈します。みんなよきライバルとして頑張ってくれることを期待します。

 

(カンボジア初のオリジナルストーリー漫画「リングのうさぎ」の中身)

 

 

支援金の内訳について

 

セミナー講師の私の報酬はゼロですが、私のカンボジア語も専門的な説明までは自信がないので良い通訳とアシスタント代、日本から取り寄せるケント紙・ペン・スクリーントーンサンプルなど教材費、会場賃貸費、広報用ポスター&チラシ印刷・配布費用、その他諸経費で、100万円が必要です。

 

当初は「リングのうさぎ」の販売収入でセミナー代も稼ぐつもりでしたが、漫画というものを知ってもらうために第1巻2巻は無料配布に切り替えたので、私の原稿料もゼロ、印刷・翻訳・配布代は自己負担となっております。しかし、3巻以降は、新たな漫画家達が稼げる環境を作るため、適正な価格での販売努力を開始しておりますが、このセミナー開催には間に合わないので、皆さんにご協力お願いする次第です。

 

目標額を超えてご支援が集まった場合には、続いて考えているカンボジア初の漫画コンクールの資金として活用し、最終的な会計報告も皆さんにお届けいたします。

 

 

 

(漫画セミナーのためのイラストと、漫画勉強中のスタッフ)

 

 

志を持ち子供たちに夢を与えられる漫画家が育ち、健全な漫画文化がカンボジアのモラル向上と出版文化の発展につながる

 

隣国タイやベトナムでは多くのマンガ本が売られており、カンボジアでも漫画の本はまだ普及してませんが、テレビで日本や欧米のアニメは放映され、コスプレする若者も出始めています。やがてカンボジアにも漫画文化が栄えてくることは間違いありませんが、俗悪な漫画が流行ってくる前に、日本のマンガの創成期のように子供や若者を励まし、夢を与え、有益なものを与えてくれる健全な「カンボジア漫画」を描く若者をこの事業により育てます。

 

それにより、数字には表れませんが健全な若者が育ちカンボジアが正しく発展していくことに貢献するとともに、漫画出版という新たな産業を興すことで経済発展や雇用促進という貢献もして参ります。

 

どうか皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

(支援先のプレアクルサイ小学校5年生のクラスでマンガの描き方教室をしてみました)

 

(漫画「リングのうさぎ」主人公サムナンのお手本を見ながらみんな張り切って書きました、やっぱり子供はみんなお絵かきが好きなんですね。)

 

 

■■■■■■■■■ 引換券のご紹介 ■■■■■■■■■

 

「リングのうさぎ」第1巻、第2巻、第3巻セット

カンボジア初のオリジナルストーリー漫画、日本語訳を付けてカンボジアから郵送でお届けします。

 

 

・「リングのうさぎ」制作中第4巻にお名前を掲載してお届け

制作中の「リングのうさぎ」第4巻にご支援者のお名前を英語とカンボジア語で掲載し、日本語訳を付けてカンボジアから郵送でお届けします。

 

・漫画家養成セミナー募集ポスターにお名前掲載して現物お届け

カンボジア初漫画家養成セミナー参加者募集ポスターにご支援者の
お名前を掲載、現物5枚を郵送でお届けします。(写真はイメージ、
募金終了と同時にお名前を入れてデザインします)

 

 

・漫画家セミナー参加者全員によるオリジナル合作漫画

セミナー中で参加者全員に出す課題、昔話を1ページずつ描いて制作する合作漫画を特別編集&日本語訳を付けてお届けします。(写真はイメージです)

 

 

・セミナー開催中のバックバナーに参加者の決意を寄せ書き

セミナー開催時に飾られるバックバナー(2m×1m)にご支援者のお名前を掲載、終了時に参加者で決意を寄せ書きし、日本語訳を付けてお届けします(写真はイメージです)

 

http://www.rightssmart.com/indexjp.html
私の団体ライスマのホームページ日本語版

 


最新の新着情報