【サミット参加ライブラリー紹介】

 

藤田歯科医院

 

 自分が住んでいる町の人たちに健康な生き方を提供することが医療の役割という藤田院長の発案で、歯科医院の中にまちライブラリーが誕生しました。
 身体、精神、そして社会が健康でありたい、特に、社会に出て誰かとつながることができる場がこうした医療サービスをする場には、必要ではないかと感じたそうです。

 歯科医院の中には、「リエゾンサロン」というコミュニティ・スペースがあります。


 

歯科医院のスタッフや患者さんが主催する、本の読み聞かせや演奏会、寄席などのイベントが開催され、ゆるやかな人と地域の交流が行われています。

 

〈寄席もやっています〉

 

〈カクテルの講座もあります、盛り上がってます!〉 

 

 

 

 

もちろん、待合室の本棚は充実していて利用者は本を借りて帰ることも可能です。

棚のボードには、医院のスタッフの自己紹介が推薦本を添えて掲示されていて、まちライブラリー活動による地域に開かれた歯医者さんとしてまちに溶け込んできています。

 


 

 

 

■マイクロ・ライブラリーサミット2014
詳細

お申し込みはこちらから


 

 

====================

readyforでマイクロ・ライブラリー図鑑 制作サポート募集中!
https://readyfor.jp/projects/microlibrary2014


小さな図書館を集めて一冊の本『マイクロ・ライブラリー図鑑』2014年版を出版します!マイクロ・ライブラリーの取り組みは、一人で始めた小さな取り組みですが一歩一歩積み重ねて、気がつけば全国に広がり、沢山の活動が実施されるようになりました。マイクロ・ライブラリーが、全国各地に広まった活動の歩みを、本にして出版します。2000部の発行のための資金の一部として今回も皆様のお力をお借りしたくプロジェクトに挑戦しています。


=====================

新着情報一覧へ