むすぶ農園のハウスの制御は、デンソー*トヨタネの統合環境制御「プロファーム・コントローラー」で行ってます。

 どういうものか簡単にいうと、トマトハウスの中の(温度)(湿度)(日射量)(CO2濃度)を、トマトの栽培に最適化させるために、窓やカーテンや空調機器を統合制御するものです。

 こういうものが無いと、暑くなれば窓を開けるが、外気が入って乾燥しすぎたりとか、生育に必要な要素が(温度とか湿度とか)お互いに絡み合って、人間が管理をしようと思うと、それだけで人が必要となるレベルの忙しさです。

 

 私がトマトハウスの建設の構想に入り、栽培方式の選択が終わったころに、ココバック栽培システムを提供くださるトヨタネさんが、デンソーと共同開発で「プロファーム・コントローラー」を正式販売するとの発表があり、岐阜県での第一号機となるシステムをお世話ななりました。私の建設スケジュールに合わせてもらった販売開始で、つくづくよい縁に恵まれたなーと感謝してます。

 

http://www.denso.co.jp/ja/aboutdenso/corporate/business/newbusiness/newbusinessdomain/profarm/

 

 

新着情報一覧へ