48e086cacfe0ce6549a7b8311f13116f0f2bf075


皆さん

応援本当にありがとうございます
応援出費サポートをくださった方々さま
シェアやいいねをくださって
本当にありがとうございます(*^^*)
こうやって、支えてくださっています方々さまが
居てくれるということが何よりの励みとなります

来週火曜日には、いよいよシーズンに入ります
仕事が終わってから
大阪から栃木県にあります

ツインリンクもてぎに出発となります
全日本前のテストが、21日 22日にあります
テストの後は、ツインリンクもてぎで

地方選手権レースとなり、それが開幕戦となります
テストの日が雨予報なので、それが気掛かりです

オートバイに乗ったのは、去年の
アジアロードレース最終戦
12月初めの週末 タイラウンド以来で
3か月2週間ぶりとなるので
体慣らしから始めたいと思います。

ファンドを見てくださっています方々さまの中では
オートバイロードレースを知らない方々さまも見てくださっています

オートバイロードレースがどんなものかを説明したいと思います
私が出場していますレースは
GP3 と言って
排気量が、250ccです

また、他のクラスでは
ST600(600cc)やJSB(1000cc)GP2(600ccの改造)があります

マシンは、HONDAのマシン
NSF250Rというマシンです

トップスピードは、210キロぐらいでしょうか
同じクラスで、競りあって戦い
一番先にチェッカーを受けたものが勝ちです

予選は、タイムアタックで
約40分間で、最高位のタイム順となります

オートバイレースで勝つためには
人間のテクニックはもちろん

オートバイレースをするマシンを最高な状態にするメカニック
チームを支えるマネージャーや

ライダーを育てる監督

すべてが合わさって、勝つという目標に向かって走ります

スタイルは、どんなスポーツでもそうですよね

世間では、パラリンピックという障害者のオリンピックが開催されていますね

それぞれの障害にあわせてハンデを作るということを、昨日のテレビニュースで初めて知りました

みんながみんな それぞれ納得しあって戦っている
それで勝ち取ったメダル

本当に素晴らしいことだと思います

このモータースポーツの世界には
男女区別もなく、ハンディキャップがあろうが
関係なく、みんな同じクラスで戦っています

私も、この耳が聞こえないというハンディキャップを持って、納得した上でレースをしています

私の耳のことを知ってくれています方々さまは
分かりやすくお話してくださいます

モータースポーツは、大変に音が必要な世界です
エンジンの音を耳で聞くということは重要な世界

私は、耳が聞こえないから
目で音を聞き取らないといけません

ただ一人、音の無いモータースポーツの世界を戦っています

その分、たくさんの方々さまに支えられているということが私の励みになっています

私は、レースを始めるのが遅かったです

オートバイは、悪いイメージを持たれがちがちですが
私は、オートバイという乗り物に人生を救われました
毎日毎日死にたかった自分が、今はオートバイに生かされています

オートバイのお陰で、今は目標に向かって一生懸命に挑戦しつづけています自分がいます

生きることが辛くて
人生に疲れて絶望したときもありました
家族の構成の人間関係がしんどすぎて
毎日毎日家から逃げ出したいと思っていました
学校でも、言葉が分からず勉強も理解することも分からず、ただ行っているだけでした
行く意味があるのかも思っていました

そんな中

オートバイを通じて、たくさんの方々さまに救われました

話が長くなったので

また次回にお話したいと思います

高杉奈緒子 人生語れば本書けるわ(о´∀`о)
ブログやFacebookには書かないから
ファンドがある今だけ(^_^;)

長い文章にお付き合いありがとうございます(*^^*)
高杉奈緒子を応援どうぞよろしくお願いします
新着情報一覧へ