プロジェクト開始24日目となりました。おかげさまでこれまで100人の方にご支援を頂きまして、目標金額の50%に達しました!まだまだプロジェクト成立まで頑張って参りますので、引き続き皆様の応援をお願いいたします!

 

前回のプロジェクトに引き続き、今回のプロジェクトでも3万円以上のご支援をいただいた方には、当館所蔵「かふきのさうし(かぶきのそうし)」のオリジナル一筆箋をお送りする予定です。

 

この「かふきのさうし」は、阿國歌舞伎の様子が素朴なタッチで描かれた江戸時代の奈良絵本です。通常非公開ですが、現在、島根県立美術館にて開催中の『"天下一"のアイドルの系譜 出雲阿国展 初期歌舞伎図から寛文美人画まで』(11月4日まで)に出品中です。

 

歌舞伎の祖といわれる出雲の阿国は、出雲の巫女と称して京都でかぶき踊りを興行したと伝えられています。こちらの展覧会には、日本各地の美術館から近世初期の風俗や芸能が描かれた貴重な資料が多く出品されていますが、当館所蔵の「かふきのさうし」も二週間ごとに開く箇所を替えながら展示される予定です。

 

会期中は記念講演会など様々な催しも企画されています。また、美術館からは「日本の夕陽百選」に選ばれた宍道湖の見事な夕陽が楽しめるそうです。今年島根では、出雲大社で60年ぶりの大遷宮が行われ、この秋もさまざまな奉祝行事が続いています。当館の阿国に直接会えるまたとない機会に、ぜひ島根を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

『"天下一"のアイドルの系譜 出雲阿国展 初期歌舞伎図から寛文美人画まで』
http://www1.pref.shimane.lg.jp/contents/sam/ja/exhibition/kikaku.html

 

島根県立美術館
島根県松江市袖師町1-5 TEL:0852-55-4700
http://www1.pref.shimane.lg.jp/contents/sam/

 

一筆箋のなかには3種類の絵柄が入っています

 

新着情報一覧へ