READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

アマゾンからカヤポ族長老ラオーニと青年男性を日本に呼びたい!

南研子

南研子

アマゾンからカヤポ族長老ラオーニと青年男性を日本に呼びたい!

支援総額

1,021,000

目標金額 1,000,000円

支援者
59人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
4お気に入り登録4人がお気に入りしています

4お気に入り登録4人がお気に入りしています
2014年11月11日 20:25

来日カヤポ族メンバー紹介その1ー【ベポー/20歳】

カヤポ族の3人が帰国して1週間が経ちました。
なんとなくまだスタッフは皆、「この間までここにラオーニが座ってたな」などと
思い出話がポロポロと出て来ています。

さて、このREADYFOR?の資金集めもあと2週間を切り
最後の駆け込み需要を募集する時期となりました。

HARAHARA DOKIDOKIしております。


皆様、ご支援のほどどうぞ宜しくお願い申し上げます。
やり方がわからないとお悩みの方、郵便振替経由でもOKです。


【郵便振替口座 00140-3-144187 熱帯森林保護団体】
  ※通信欄に「レディーフォー支援」と必ずお書き下さい。

さて、本題に入ります!
17日間の日本への旅をしたカヤポ族3人、せっかくなのでこの場を活用して

彼らを一人ずつ紹介したいと思います!
長老ラオーニ、孫のブライリとベポー、それぞれ個性が光っていました。

成城学園での講演会で話す青年ベポー

 

まずは一番若手の20歳、ベポーのキャラクターについて
関わったスタッフたちに聞いてみました!
ひろしまチームからは…

----------

・恥ずかしいことがあると、頭抱えて悶えまくる

・照れ屋さん。 けど実はひょうきん。踊り好き。好奇心旺盛。

・若いだろうに、後ろ姿、背中?が哀愁おびてました 

・深い眼差しの奥にある、命の輝き。

----------

振り向けばベポー

 
さすが鳥居は象徴的に見えるようでした


ベポーを探せ!
----------

 

 

そして、東京チームさらに勢いついて出てきます…
----------

・箸が転んでも可笑しいお年頃。
・そして、かなり賢く優しい青年
 

 
ブラジルのテレビ局のインタビュー



しっかりした20歳のカヤポ


----------
・講演中はキリッと賢い雰囲気だが、Offでは歯抜け間抜けでなんだかかわいい弟。

・笑いのツボが謎。

 

・サッカーめちゃうまい

 

・羽飾りがシャンプーハット

 

・記憶力がすごい

 


小学校で講演後にサッカー
 

----------

・言わないと荷物運びとか手伝ってくれない(笑)

・カヤポ語話すときは声大きいけど、ポルトガル語は小さくて聞こえない(笑)

 

・声が良い

 

・日本とブラジルの時差が面白いらしい

・内に秘めるものが熱い

・日本で太った

 

シーワールドにも行きました!     鴨川にて久々の魚に大興奮
 

----------

・シャイガイだけど、素直でかわいい。

 

・覚えた日本語「しゅごーーーい」

 

・カメ見て、美味しーいってつぶやいてた

・インターネットのメリットデメリットやら文化の話はとても感動しました!

・公演中の話し方がラッパーみたいリズミカル。

 

・表裏一体!紙とペンYO!!
・あの講演会で話すときのジェスチャーだけでも、(ポルトガル語わかんない私が聞いてても)説得力がある不思議。

 


丸の内での講演会にて

----------

・わたしはラオーニさんとも初対面でカヤポの人とも初対面でしたけど、ベッポーがいてくれて翻訳してくれてたおかげでお互いの理解がより深かまったと思います。

 

・梅干しを一口トライして悶絶。白米を急いでくちにかきいれていた青年ベッポー。

・そして、背後から『コンニチワ』と声かけびっくりさせて悶絶する青年。

・移動の車中、ブラジルでいまハヤリらしき恋の歌をよく口ずさんでて、サビのとこでひとりで盛り上がってた。歌詞をよく聞くと違う歌ぽいのだが、オンチなのでみんな同じ歌に聞こえた。

・オンチとかそういうことではなく、伝統文化に根ざした節回しだったのかもしれん。...ということにしておこう。


スタッフYの愛犬MくんとBepo

----------

 

最後に我らがRFJ代表南研子氏にまとめてもらいました!!
青年ベポーは…

----------

「芯が強いはにかみ屋」

----------

 

 

たくさんの想い出をありがとう。
今頃ブラジルの空を眺めながら日本のこと思い出しているかな?
講演でももっと勉強を続けたい
自分たちの世代はペンと紙を武器に意見をアピールしていくと言っていました。
彼らの帰った地、アマゾンのジャングルでは相変わらず開発が進み
インディオたちの暮らしは急激な変化に直面しています。
その中でも、カヤポとして、インディオとしてシングーの地で生きることは
大昔から変わらないことです。

日本で感じたことを忘れずに、さらに素敵なカヤポの男性になって
また再会できることを楽しみにしています。



 

次回はブライリを紹介します!

オタノシミニ…

一覧に戻る

リターン

3,000

1.お礼ハガキ
2.ポストカード2枚

支援者
20人
在庫数
制限なし

10,000

1.お礼ハガキ
2.ポストカード2枚
3.メイナク族インディオの描いた絵のリトグラフ

支援者
29人
在庫数
制限なし

30,000

1.お礼ハガキ
2.ポストカード2枚
3.メイナク族インディオの描いた絵のリトグラフ
4.カタログ「アマゾンの侍たち×岡本太郎」

支援者
7人
在庫数
3

50,000

1.お礼ハガキ
2.ポストカード2枚
3.メイナク族インディオの描いた絵のリトグラフ
4.カタログ「アマゾンの侍たち×岡本太郎」
5.RFJ代表南研子著「アマゾン、インディオからの伝言」(2000年、ほんの木)
6.RFJスタッフ白石絢子著「アマゾン、シングーへ続く森の道」(2012年、ほんの木)

支援者
2人
在庫数
3

100,000

1.お礼ハガキ
2.ポストカード2枚
3.「額入り」メイナク族インディオの描いた絵のリトグラフ
4.カタログ「アマゾンの侍たち×岡本太郎」
5.RFJ代表南研子著「アマゾン、インディオからの伝言」(2000年、ほんの木)
6.RFJスタッフ白石絢子著「アマゾン、シングーへ続く森の道」(2012年、ほんの木)

支援者
3人
在庫数
2

プロジェクトの相談をする