こんにちは。わたしの思う、血液型研究の意義について、

お伝えできたらと思います。

 

血液型だけではなく、個人の性格を推測できる要素ってたくさんあると思うのです。

どんな地方で育ったのか、兄弟の数はどうだったか、所得水準がどのくらいの家庭に育ったか、どんな習いごとをしたか。。。

 

ひととコミュニケーションをするうえで大事なことは、

相手にとって好ましい表現をすることだと思うのですが、

相手がどのようにとらえるか、が相手によって異なるみたいなのです。

 

相手に行動を促すとき、

・みんなやっててあとやってないのは君だけなんだけど・・・

・だれもやってないみたいだよ

・やってくれたらうれしいなあ

・絶対にやるな、絶対にやるなよ!

などのたくさんの表現の仕方がありますが、

どのことばが、相手のやる気を最も引き出すのかがある程度予想できたら、

よりよい人間関係を構築できるようになると思うのです。

 

同じように、相手を傷つけてしまう表現方法を予想できたら、

思いがけず相手を傷つけてしまうことがないように心がけることができる。

 

そういう意味で、血液型というのを、ひとつの性格の判断材料として、

科学的に証明することは、人間関係を豊かなものにするのに必ず役立つと思っています。

 

よりよい友人関係、職場関係、恋愛関係を築くため、
血液型と性格の関連性を科学的に調査したい!

そして、それを多くの人に伝えたい!!
科学的な調査のため、より多くのデータを必要とします。
そのために、皆さんのお力を必要としています。

ご協力よろしくお願いします

新着情報一覧へ