国によって違う、血液型のとらえ方

日本においては、血液型占いっていうのは、

当たっている、外れているはいったんおいておいて、

ありふれた話題で、多くの人がしているように思います。

 

朝日新聞デジタルで、こんな記事が掲載されています。

「フランスで血液型を聞くことは」

http://www.asahi.com/and_M/living/SDI2014101073791.html?iref=andMtop_living

 

日本では、血液型の人口比が、

A:40

B:20

O:30

AB:10

となっているんですが、

 

フランスでは、

A型とO型で人口のほぼ9割

を占めるらしく、

日常で血液型と性格の関係を気にすることはないらしいのです。

 

フランスでは、血液型と食事や、有効な医薬品について研究されているようで、

日本人が血液型と性格を気にすることを知ると、

「A型はどんな性格だといわれているの?」

「じゃあ、O型は?」

などと、

異文化に対して寛容なふるまいをするとのこと。

 

血液型の分布が、血液型と性格に相関があるのかという意識には

影響を与えているのでは、と思ったのと、

国民性や文化というものが、性格に影響を与えるのではないか、

と考えさせられた記事でした。

 

ゆくゆくは、海外でも血液型と性格の関連性を調査したいと思っています。

まずは、日本において、史上最大のアンケートを実施し、

血液型と性格の関連性を科学的に証明したいと思っています!

 

そのため、多くの皆さんの協力を必要としています。

楽しい研究成果を導き出せるよう、

頑張っていきます。

 

これからも、応援よろしくお願いします!

 

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています