ピカソの有名な反戦の絵、「ゲルニカ」は、色がないモノトーンで描かれています。

それは、ピカソが、「色彩は救いになる」と考えたから。

戦争の救いのなさ、悲惨さを示すためのモノトーンだったというわけです。


カンガの1番の魅力は、カラフルさかもしれない、と考えています。

 

1枚1枚のカンガももちろん素敵ですが、カンガマーケットで、店の壁一面に、カラフルなカンガが並んでいるのは、圧巻です。
しかも、カンガのお店って、たいていカンガ通りというかんじに、密集していて、壁一面カンガのお店が何十軒も並んでるのが、ほんとに楽しい!
まさに色彩による救いやパワーを感じます。


今回の撮影では、そのカンガマーケットの雰囲気を少しでも入れたくて、カラフルなカンガを並べた写真を撮影しました。

本番写真は、写真展でお楽しみにというとで、準備中ショット

 

カラフルなカンガに、きれいな人が並ぶと、さらに救いがあるかんじになります!

 

Power of Beautyって、ダサいプロジェクト名だったかなと思うことはありますが笑、美しいものの理屈抜きのパワーはすごいっていうのは、やっぱり一つのプロジェクトのテーマです。

 

そんなカンガマーケットのパワーや救いを、みなさまに体験していただく場としての写真展!
ぜひぜひお楽しみに♡


そして、その写真展開催に向けた最後の?ハードル、クラウドファンディング、あと1週間をきりました!
現在、259,000円。51%を突破!

 

あらためて、こんなにたくさんのファンドみなさまありがとうごさいますm(__)m

 

でも、残り6日で、目標の500,000円までまだ241,000円必要なんです>_<

シェア&ファンド、よろしくお願いします!!

新着情報一覧へ