こんばんは。高橋です。

 

たくさんのあたたかいご支援を賜り、心より感謝申し上げます。本当にどうもありがとうございます。

 

国鉄青モケットクッションのアイデアは、ちょうど今から1年前くらいから温めておりました。国鉄の鉄道技術研究所で、長時間の鉄道の旅で乗客の皆さまが人間工学的な見地からもっとも落ち着く座席なのか。幾つも異なるサンプルを製作し、徹底的に調査分析した結果たどりついたのがこの色のこのモケット(生地)だったそうです。これは、実際に研究所で当時アルバイトをされていた方から直接伺ったお話です。

 

国鉄が分割民営化されてから今年でちょうど30年。それまで日本全国どこに行っても国鉄の列車に乗るとこの色のシートが当たり前だったのが、いまや探すのが難しいほどになってしまいました。

 

そんな国鉄時代に実際に使われていた同じモケットそのものを加工して作ったのがこの「国鉄青モケットクッション」です。当初は、中の詰め物を硬質ウレタンで作ってみたのですが、今回は弾力のある、より "もっちり" とした感じを出すためにウレタンチップ成型品を使っている自信作です。

 

ラインナップに「国鉄青モケット『ミニ』クッション」も加わりました。こちらは同じく角丸ですが長方形でマチのない形で、中材はポリエステルわたを多めに詰めてもらうようにお願いしています。

 

くらしの中に「国鉄」を。みなさまの普段の生活に安らぎと落ち着きをもたらすものとなりますように。

 

Cushion Label

JNR Blue Moquette Cushion

Couple of JNR Blue Moquette Cushion

 

新着情報一覧へ