今日インタビューしたのは、IT系企業に勤めている、社会人2年目の矢持さんです。

 

 

 

 

矢持さんの周りには、就職してもすぐに転職したり、やめてしまった人が多くいるそうです。

 

矢持さん自身も、最初は全く予想もしていなかった会社に就職し、「ここでずっと働けるのかな」と不安がありました。

 

しかし、就職した会社で働くうちに、だんだんと自分の不安な気持ちは減り、今の仕事を受け入れられるようになったそうです。

 

「就職してからも本当にいろいろなことがあるし、自分自身もすごく変わる。だから、就活でその後の人生全てが決まるわけではない」

 

と話してくれました。

 

 

今回のインタビューから、「就活が全てではない」と実感しました。

 

それは、社会人である矢持さんだからこそ、今の就活生に伝えられることだと思いました。

 

矢持さん、ありがとうございました!

 

〈松永 萌〉

新着情報一覧へ