READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

「世界の写真展〜100ヶ国&南極編〜」を開催したい!

安孫子明弘

安孫子明弘

「世界の写真展〜100ヶ国&南極編〜」を開催したい!
支援総額
314,000

目標 300,000円

支援者
52人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
1お気に入り登録1人がお気に入りしています

1お気に入り登録1人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼ごあいさつ

初めまして。

全大陸134ヶ国を旅した英語教師の安孫子明弘(あびこあきひろ)と申します。

※左が教員の時、右が旅をしている時

 

大学生から旅を始め、そして帰国後に見てきた世界を共有する写真展を開催し、教師とし働いてからも旅も写真展も続け、約10年を掛けて念願の全大陸と100ヶ国を旅しました。

 

そしてその集大成になる「第25回 世界の写真展〜100ヶ国&南極編〜」を開催するために、皆様からの資金の応援を頂きたく、初めてクラウド・ファンディングに挑戦することにしました。

 

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

この写真展を通して、ワクワクしてもらいたい!です。

 

世界100ヶ国以上、更には南極に実際に行ってきた人に出会ったことはありますか?

 

※バヌアツの子どもたち(2019年)

 

「写真家」や「ジャーナリスト」ではなく、「旅人」であり「教師」という目線で見てきた世界を覗いたことはありますか?

 

※ルワンダの小学生たち(2016年)

 

(生徒にはよく本やインターネットから持ってきたんでしょ?って言われます 笑)

 

※カナダ(イエローナイフ)のオーロラ(2018年)

 

※タイのランタン・フェスティバル(2018年)

 

オーロラやランタン祭りは「一生に一度行ってみたい」リストの上位に上がる場所ですよね。夏にオーロラが見れる事を知ってましたか?(写真展のアンケートで多くの方が驚かれていました。)

 

※南極のクジラのブリーチング(2017年)

 

野生のクジラ(Mr. Childrenのアルバム[SENSE]のジャケットのような写真)の大迫力なショーを見た事はありますか?

 

※ベリーズのウミガメ(2015年)

 

海に潜って目の前で優雅に泳ぐ野生のウミガメにも出会ってきました。

 

どの写真も私が実際にワクワクした瞬間で、
これら全てを1人の旅人が見てきました

しかも、このような写真を100ヶ国100枚以上が一堂に並ぶ写真展です。もしかしたら見終わった後に「本当に世界を見てきたんじゃないか」と錯覚するかもしれません 笑 私が経験したワクワクの連続を疑似体験してもらえたら嬉しいです

 


知らない世界へはいつまで経っても行くことは出来ませんが、知った世界には選択肢が生まれます。行きたい or 行きたくない。もし行きたいに心の羅針盤が向かうなら、それを実現するための心の後押しをさせてもらえたら幸いです私が見てきた世界や私の生き方が、新しい目標/夢に繋がり、一歩踏み出すきっかけになるならこの上ない喜びです

 


この写真展で、老若男女問わず多くの人にこの経験を共有して、ワクワクしてもらいたいです。そしてそのワクワクをまた次の方に届けて欲しいです。負の連鎖があるように、スピードはゆっくりですが正の連鎖も存在します。幸せが幸せを運ぶように皆さんと繋がっていけたら、このプロジェクトは大成功となります

 

 

▼そもそも「世界の写真展」とは?

1人ひとりが旅をして得た経験や学びを、写真とその説明を通して共有していく写真展です。「たった一枚の写真が、人の心を動かすこともある。」をコンセプトに開催し続けていています。

※大学の仲間と開催した「第9回 世界の写真展」(2013年)

 

▼始まりは10年前の大学時代

私は目を輝かせながら話す人の話が大好きです。学生時代、素敵な夢を語る人たちに沢山出会いました。その夢が全て叶ったら世界はもっと素敵になるのにな、と考えていました。では、どうしたらその姿を多くの人たちに知ってもらえて、伝えることができるか考えた末に、新しい団体を立ち上げることと、このプロジェクトが生まれました。

 

1人で伝えるは難しくても、想いを持った仲間が集まれば、輝きが増すのではと考えました。その第一弾が2010年に実施した「世界の写真展〜アジア編〜」です。

※このプロジェクトの第1回目「世界の写真展〜アジア編〜」(2010年)のポスター

 

このグループ展は盛況に終わり、私も伝えたい想いがあると出展者が増えて、続編にヨーロッパ編、アフリカ編と実施していきました。回数を重ねる毎に、仲間もファンも増えていき、大学側にも認められ、オープンキャンパスで学内のメインイベントの1つとして実施させてもらうこともできました。

※オープンキャンパスでも開催した「第9回 世界の写真展」は1000名からアンケートを頂きました。来場者数はその数以上でした。

 

この写真展との出会いが旅する決め手になり、帰国してから出展者として参加してくれた大学生。この写真展に出会ったから、この大学への進学を決めた新入生。様々な縁が生まれました。「世界の写真展」は、人と人が出会うことで新たな化学反応が生まれるプロジェクトに成長してくれました

 

 

▼卒業後

卒業後は教員として、生徒たちに向けてこのプロジェクトを続けていきました

 

私は高校生の時に「地雷」がテーマのスタディーツアーでタイ・カンボジアを訪問し、初めて自身がいかに狭い世界で生きてきたのかを知りました

※高校2年生の夏に参加した「地雷」を学ぶスタディーツアー(2005年)

 

ここで得た学びを未来を担う生徒たちに伝えていこうと決め、まだ見ぬ世界を歩くために、仕事で稼いだお金と時間は許す限り旅に使い、帰国してはその経験を一本の動画に編集して紹介(トークイベントでお見せします!!)し、文化祭では写真を通して(「世界の写真展」で)生徒たちに共有していきました。

※生徒に協力してもらって、一緒に配置を考えた「第18回 世界の写真展」(2017年)

 

写真展や1年間の授業後のアンケートで生徒たちが書いた内容に、「海外に進むきっかけをもらった」「将来の目標が決まった」「夢を実現するために挑戦し続けます!」「頂いた写真からいつも勇気をもらってます」「先生に出会えて良かった」などの言葉を見た時、1人の力でも行動し続けると人の心を動かせる事を実感させてもらいました。

※現役の教え子と卒業生からのアンケートの一部

 

※同僚や保護者からのアンケートの一部

 

保護者や近隣の方々からもらう他のアンケートには「写真展を外部でもやってほしい」という応援メッセージを頂くようになり、私が旅で見た世界や学んだことをもう少し遠くの人にも伝えていこうと考えました。

※初めて外部で開催した個展「第19回 世界の写真展〜南極編〜」(2018年)

 

外部で個展を開催した事で、フォトジャーナリストの安田菜津紀さんからインタビューを受けてカメラ雑誌(CAPA, 2018年5月号)に掲載され、ラジオ出演、写真展、トークイベントの依頼を頂けるようになり、更に多くの人に伝える機会を頂きました。

※初めて依頼され、仕事として実施した「第20回 世界の写真展」(東京2020参画プログラム:2018年)

 

そして世界の写真展としても節目となる第25回目となる今回、続いてきた縁が更なる縁を生み、私の故郷である「横浜」で、今まで見てきた世界を一堂に共有する写真展を開催させてもらえる事になりました

※緑で塗られた国(134ヶ国)と地図の外にある南極を今までに旅してきました。

 

▼「第25回 世界の写真展〜100ヶ国&南極編〜」の概要

会場:あーすぷらざ 2階 展示コーナー

住所:神奈川県横浜市栄区小菅ヶ谷1-2-1 (JR「本郷台駅」より徒歩3分)

期間:2019年10月2日(水)〜10月31日(木) 9:00〜17:00

入場:無料

内容:A0が8枚、A1が20枚、他合計100枚を超える写真で、私が見てきた100ヶ国と南極の写真を展示します。

URL:https://www.earthplaza.jp/event/sekainosyahinten/

[トークイベントは10月19日(土)14:00〜15:30開催]

[URL:https://www.earthplaza.jp/event/191019_talk/]

 

 

▼プロジェクトの展望(次のゴール)

この写真展を日本全国で開催するために動いています(現在、東京開催に向けて準備中)。更に、写真展を小中高の学校(教育機関)に無料で貸し出しますそして出張授業(トークイベント)も行いながら、子どもたちが自身の外の世界に興味を持つ一歩に繋がったら良いなと考えています

 

私が20代で培った、世界で学んできた価値観。

世界は自分の想像以上に広い事。

限界を決めるのは他人でなくいつも自分である事。

可能性は無限大である事。

そして、素敵な人たちとの出会いが人生に影響を与える事。

...etc.

 

だから私は、子どもたちが大人になって人生を振り返った時に「出会えてよかった素敵な(かっこいい)大人の1人」になっていたら良いなと、日々教員として生徒たちと向き合っています。

 

もし公的機関が大きな会場をお持ちであれば、今回の会場「あーすぷらざ」のようにA0やA1を使った迫力のある写真展を実施したいです。どこか良い場所あったり、共催して頂ける団体や担当の方をご存知でしたらお知らせ下さい。同じような想いの方々と、全国で協力し合えたら幸いです。

 

 

▼リターンについて

どんなリターンが出来るのか悩みました。今までに写真集は作ってないですし、写真の販売もしていませんでした。なので、ポストカードや展示と同じ額装写真を考えてみました。

 

・「写真展応援」プラン(3種) [①3,000円/②10,000円/③50,000円]

「世界の写真展」を応援するプランです。子どもたちの写真が目印。

 お礼のメッセージを送らせて頂きます。

 

・「応援&ポストカード3枚」プラン [5,000円]

・「応援&額装写真」プラン [A4額装写真:30,000円/A3ノビ額装写真:60,000円]

※応援にポストカード、額装写真のリターンがあるプランです。動物の写真が目印。

 選べるポストカードは10月にメールでリストを送ります。

 額装写真は展示写真の中から選ぶことができます。

 会場にいらっしゃる事が出来ない場合は、会期終了後メールでリストを送ります。

 

・「応援&トークイベントor写真展開催」のプラン [トークイベント:80,000円/写真展:100,000円/両方:150,000円]

※応援にトークイベント、写真展開催の権利のリターンがあるプランです。建物の写真が目印。

※額装写真にも代替可能です。

 その場合80,000円→A4とA3ノビの額装写真を1点ずつ

     100,000円→A3ノビの額装写真を2点

     150,000円→A3ノビの額装写真を3点

 写真は展示写真の中から選ぶことができます。

 会場にいらっしゃる事が出来ない場合は、会期終了後メールでリストを送ります。

 

 

▼応援の使途

・写真印刷と額代:200,000円(A0〜A4の写真印刷代と額代)

・その他雑費:20,000円(テープやイーゼル、キャプションなど)

・広告費:41,200円(チラシやポスター印刷など)

・手数料:38,800円(Ready forに目標額の12.6%を渡します)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*合計:300,000円(=目標金額)

 

 

▼最後に

このプロジェクトはAll or Nothing方式で実施します。

目標金額に到達しなかった場合は、応援者から頂いたお金は全額返金致します。

 

100名の方々から3000円プランの応援を頂けると目標が達成されます。

少しでもこの活動に共感して頂けたら、資金の応援をよろしくお願い致します

応援して頂く皆さんと一緒に、「第25回 世界の写真展〜100ヶ国&南極編〜」を開催させて下さい。

 

そして、写真展では皆さんとお会い出来るのを楽しみにしております。

 

・プロジェクト終了要項

プロジェクト

①写真展:2019年10月2日(水)〜10月31日(木)

②トークイベント:2019年10月19日(土)

 

開催場所:あーすぷらざ 2階 展示コーナー

URL:https://www.earthplaza.jp

住所:神奈川県横浜市栄区小菅ヶ谷1-2-1

 

主催者:安孫子明弘

 

イベント内容

名称:「第25回 世界の写真展〜100ヶ国&南極編〜」

URL:なし

内容:主催者 安孫子明弘が134ヶ国を旅してきた中で見てきた世界を写真と動画で伝える。

 

・関連事項

天災等により開催出来なかった際は、会期を延期する。

 

 

 

 

もっとみる
プロフィール
安孫子明弘
安孫子明弘
1989年神奈川県横浜市生まれ。中学高校の英語教師。高校生の時に、地雷がテーマのスタディツアーで訪れたタイ・カンボジアでの経験をキッカケに旅を始める。「20代のうちに世界100ヶ国を旅する」という目標を掲げ、それを達成。これまでに地球上のすべての大陸と134ヶ国を旅している。

リターン

3,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

「写真展応援」プラン①

リターンなんかいらない。
この活動を応援したい!
という方へのプランです。
お礼のメッセージをメールにて送らせて頂きます。

支援者
33人
在庫数
67
発送予定
2019年10月

5,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

応援&「ポストカード3枚」プラン

15種類のポストカードの中から3枚を選ぶことができます。
※10月にメールでリストを送ります。

支援者
13人
在庫数
47
発送予定
2019年12月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

「写真展応援」プラン②

リターンなんかいらない。
この活動を応援したい!
という方へのプランです。
お礼のメッセージをメールにて送らせて頂きます。

支援者
5人
在庫数
25
発送予定
2019年10月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

応援&「A4の額装写真」プラン

A4の額装写真を1点お届けします。
黒のアルミフレームに白のマットです。
写真は今回の展示写真から選ぶことができます。
※会場にいらっしゃる事が出来ない場合は、写真展終了後にメールにてリストを送ります。

支援者
0人
在庫数
10
発送予定
2019年12月

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

「写真展応援」プラン③

リターンなんかいらない。
この活動を今後も応援したい!
という方へのプランです。
お礼のメッセージをメールにて送ります。

支援者
0人
在庫数
6
発送予定
2019年10月

60,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

応援&「A3ノビの額装写真」プラン

A3ノビの額装写真を1点お届けします。
黒のアルミフレームに白のマットです。
写真は今回の展示写真から選ぶことができます。
※会場にいらっしゃる事が出来ない場合は、写真展終了後にメールにてリストを送ります。

支援者
0人
在庫数
5
発送予定
2019年12月

80,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

応援&「ここでもトークイベントを開催してほしい!」プラン

今回開催の神奈川県(横浜市)以外でも、これから全国で写真展とトークイベントを行い、沢山の人たちに私が見てきた世界を共有していく事が目標です。その際、トークイベントを行う都道府県(市まで)を指定出来ます。更に優先的に日程を調整します。
※交通費、会場費など掛かる費用は応援頂いた範囲で実施します。実施場所に具体案がありましたらお知らせ下さい。
※会場予約、準備もこちらで可能な限り行います。
※2019年12月まで検討の末、万が一実現が出来ない場合は「A4の額装写真」と「A3ノビの額装写真」を1点ずつリターンにさせて頂きます。写真は今回展示された写真の中から選ぶことができます。会場にいらっしゃる事が出来ない場合は、写真展終了後にメールにてリストを送ります。

支援者
0人
在庫数
4
発送予定
2019年12月

100,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

応援&「ここでも写真展を開催してほしい!」プラン

今回開催の神奈川県(横浜市)以外でも、これから全国で写真展とトークイベントを行い、沢山の人たちに私が見てきた世界を共有していく事が目標です。その際、写真展を行う都道府県(市まで)を指定出来ます。更に優先的に日程を調整します。
※写真展の開催期間は1日〜1ヶ月間。
※交通費、会場費など掛かる費用は応援頂いた範囲で実施します。実施場所に具体案がありましたらお知らせ下さい。
※会場予約、準備もこちらで可能な限り行います。
※2019年12月まで検討の末、万が一実現が出来ない場合は「A3ノビの額装写真」2点をリターンにさせて頂きます。写真は今回展示された写真の中から選ぶことができます。会場にいらっしゃる事が出来ない場合は、写真展終了後にメールにてリストを送ります。

支援者
1人
在庫数
2
発送予定
2019年12月

150,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

応援&「ここでも写真展とトークイベントを開催してほしい!」プラン

今回開催の神奈川県(横浜市)以外でも、これから全国で写真展とトークイベントを行い、沢山の人たちに見てきた世界を共有していく事が目標です。その際、写真展とトークイベントを行う場所の都道府県(市まで)を指定出来ます。更に優先的に日程を調整します。
※写真展の開催期間は1日〜1ヶ月間。
※交通費、会場費など掛かる費用は応援頂いた範囲で実施します。実施場所に具体案がありましたらお知らせ下さい。
※会場予約、準備もこちらで可能な限り行います。
※2019年12月まで検討の末、万が一実現が出来ない場合は「A3ノビの額装写真」3点をリターンにさせて頂きます。写真は今回の展示写真の中から選ぶことができます。会場にいらっしゃる事が出来ない場合は、写真展終了後にメールにてリストを送ります。

支援者
0人
在庫数
2
発送予定
2019年12月
プロフィール
安孫子明弘
安孫子明弘
1989年神奈川県横浜市生まれ。中学高校の英語教師。高校生の時に、地雷がテーマのスタディツアーで訪れたタイ・カンボジアでの経験をキッカケに旅を始める。「20代のうちに世界100ヶ国を旅する」という目標を掲げ、それを達成。これまでに地球上のすべての大陸と134ヶ国を旅している。

あなたにおすすめのプロジェクト

タンザニアの僻地に新病院を開院し、5万人の命を守りたい!

葉田甲太(NPO法人あおぞら 理事長)葉田甲太(NPO法人あおぞら 理事長)

#子ども・教育

63%
現在
6,328,000円
支援者
261人
残り
20日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする