READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

3度目の抗がん剤。ノアと一緒に生きていきたいです。

黒猫のノア

黒猫のノア

3度目の抗がん剤。ノアと一緒に生きていきたいです。
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は10月8日(土)午後11:00までです。

支援総額

506,000

目標金額 600,000円

84%
支援者
71人
残り
8日

応援コメント
牧 直子
牧 直子7時間前Instagram拝見しました 気持ちだけですが… エール送ってますInstagram拝見しました 気持ちだけですが… エール送ってます
りりこばあば
りりこばあば8時間前我が家にも黒猫ピーちゃん(♂)13歳がいます。 昨年秋に食欲が落ちて心配しましたがセカンドオピニオンの獣医さんの診断・投薬で回復しました。今は腎臓ケ…我が家にも黒猫ピーちゃん(♂)13歳がいます。 昨年秋に食欲が落ちて心配しましたがセカンドオピニオンの獣医さんの診断・投薬で…
つばき
つばき12時間前インスタ拝見しました。わずかですが応援させて頂きます!ノアちゃんがんばって!!インスタ拝見しました。わずかですが応援させて頂きます!ノアちゃんがんばって!!
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は10月8日(土)午後11:00までです。

プロジェクト本文

▼自己紹介

 

はじめまして。

数多くあるプロジェクトの中から私たちをご覧頂き、誠にありがとうございます。

大切な黒猫のノア(♂)の家族の友永と申します。今は私と妻とノアで暮らしています。

少々長文になりますが私たちに3分ください。

 

 

ノアは悪性リンパ腫です。

胸に発症する傾向があり、肺や食道が圧迫さえれる影響で呼吸がしづらくなったり、食事が採れなくなったりします。

また右目への転移が見つかり、酷くなると1日2種類の目薬を計20回点眼します。

リンパ腫は血液のガンのため、手術での摘出が出来ず一生付き合っていく病気です。

 

悪性リンパ腫:

リンパ腫とは、リンパ系の組織から発生する血液のガンの総称です。

500頭に1頭の割合で発生するというこの病気と言われ、抗がん剤治療で完治したように見えても多くは再発し、1年後の生存率は20%未満といわれています。

引用<猫のリンパ腫・白血病について【獣医師監修】 | 【獣医師監修】ペットのよくある病気 (xn--hhrx3xt0jt8h4kenrxmi6a.com)>

 

抗がん剤:ノアが通う病院では1週間ごとに異なる薬を4種類投与し、休薬期間を挟み、同じサイクルを4回繰り返す方針です。9時に預け15時にお迎えに行きます。

 

ノアについて

 

生後約8ヶ月で去勢手術の際に行った血液検査で”白血病ウイルスを持っている”と診断され、

「恐らく3年は生きられない。」と突然の余命宣告を受けました。

その後ノアは、2歳でリンパ腫を発症、抗がん剤治療を開始。さらにリンパ腫の影響で片目を失いかけました。3歳で再発し2度目の抗がん剤治療。

懸命に生き続け、気が付くと初めに言われた余命を越えて、6月に4歳を迎えました。

 

誕生日を迎えた6月の末。連日の嘔吐を繰り返したノアの体には

3度目のリンパ腫が酷く再発していました。

 

大切な時間を過ごしたいです。

夫婦で仕事を増やしていますが、私はノアから「大切」は一緒にいる時間がつくっていくと教わった気がしています。

いつどうなるかもわからない大切で大好きなノアと過ごす時間を。

1日でも多く、ノアが幸せと思える日を。

この家族で良かったと思える日を増やしたいです。

 

どうにかしたいと考え、たどり着いたのがクラウドファンディングでした。

今ここを読んで頂いている皆様。他のプロジェクトと違い、モノやサービスでお礼できないことが大変心苦しいですが、余命を越え懸命に生きるノアにお力を貸して頂けませんでしょうか。

 

 

 

▼ノアのこれまでと、プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

ノアが家族になったのは2019年の3月。保護猫だった生後半年の黒猫を家族として迎え入れました。初めての家にも関わらず部屋中を嗅ぎまわる好奇心旺盛な姿が印象的で、当時22歳だった私は、初めて猫と生活する心配よりワクワクが勝り、これからどんな幸せ溢れる家族になるんだろうと胸を躍らせていたこと。いまでも覚えています。 

 

↑家族に迎えた初日。

 

突然告げられた余命宣告

 

2019年8月

人にも、家にも慣れ始め毎日喉をグルグル鳴らす(猫の幸せな気持ちの表れ)ようになり、3ヶ月が経った頃、自宅から車で5分ほどの病院で去勢手術を行いました。先生から、「麻酔をかけて手術を行いますが、猫は針が嫌いなためストレス軽減のためにも血液検査の実施も同時にしませんか。」と相談され人間でいうところの健康診断をお願いしました。

 

お迎えの時間に病院へ行くと、先生は暗い顔をしていました。

「去勢手術は成功です。 が、ノアくんは、白血病ウイルスを持っています。」

「一般的に3年以内に発症し、ほとんどが生きられません」

 

突然の出来事に何を言っているのかが理解できませんでした。

目の前が涙で見えなくなり、麻酔で意識が朦朧するノアを抱きかかえながら話を聞き、

今は発症が見られないため、月一回のステロイドの注射を半年行うという治療方針へとなりました。

 

半年後もずっと変わらず元気でノアは2歳を迎えました。一通り買ったおもちゃは全く興味を示さず、唯一遊んだのはエビちゃんだけです。よく遊ぶのはペットボトルのキャップや丸めた付箋、エコバックなど。

 

掴みどころのわからない性格がなんとも愛おしく、面白く、ノアと過ごすようになって

より一層笑顔の多い家族になった実感がありました。

 

↑大好きなエビちゃん

 

↑買い物から帰るといつも飛び込んでくるエコバック

 

2020年10月 リンパ腫の発症

 

引っ越しの片付けが落ち着き、毎朝私たちと同じコップで

水を飲むことが1日の始まりになったころ。

 

抱っこをして、いつものように撫でていると両目の瞳孔の大きさの違いと2日間の便秘に気が付きました。近所の病院で頂いた目薬も効果がなく、さらに2日後には食欲低下。呼吸が早い。咳をする。ベットの下や押入れの中など暗いところへ行く。変な寝方をする。など普段ではありえないことが多く起こりました。今まで感じたことない胸騒ぎがして病院でレントゲンを撮ると、心臓が映らないないほど大きく腫れたリンパ腫がありました。この病院では抗がん剤を取り扱っていなく、一刻も早く治療をしないと命が危ないと、先生はリスクも承知で自宅から高速道路で1時間かかるガンに詳しい病院を紹介して頂き、すぐに向かいました。

 

↑先生曰く、体を倒すと息がしづらいため両手を前に付き胸を開くようにして呼吸するようにしたとのことです。相当苦しかったと思います。

 

1度目の抗がん剤治療

 

到着後、治療方針を聞き、直ぐに抗がん剤治療へ。

抗がん剤の前に取り除いた胸水は人間の注射器の2本分ありました。

 

「抗がん剤が絶対に効果がるとは限らず、もし無ければ3日生きられない状況です。」

「様子を見るので、抱っこやおもちゃで遊ぶことは胸に影響が出るので禁止させてください。」

 

ただでさえ不安定な精神的状況の2人に先生から言われた言葉は重く。

何もしてあげられない私たちは祈るしかありませんでした。

 

 

次の日

 

「ニャッ!」「ニャッ!」

抗がん剤が終わっても、ぐったりしていたノアを見てると泣いてはダメだと分かっていても涙が止まらず。いつ自分が眠ったのかもわからなかった夜でした。

 

そんな私を起こしてくれたのは、枕元で「起きろ!(ニャッ!)」と鳴くノアでした。

夢かと思いましたが、治療の為に刈り上げた腕や体は昨日までぐったりとしてたノア本人でした。私が起き上がると走ってご飯がある棚まで行き約1週間ぶりのおねだり。

 

うれし涙が出ました。

 

翌週にいった病院でも先生たちからも可愛がられ。この病院で頑張ろうと思いました。

 

↑腕は抗がん剤の注射のあと。胸付近はエコーや胸水を抜いた注射のあと

 

右目への転移

 

毎週の抗がん剤と1日2回の飲み薬が効き、なんとか一命を取り留めたノアですが、1ヶ月経っても瞳孔の大きさの違いは無くなりませんでした。特にノアが気にするようや普段の生活(壁にぶつかるなど)に支障が無かったため1日数滴の目薬で様子見だったのですが、病院を控えた数日前、朝起きると右目を開けなくなっており、細胞を見るとリンパ腫が影響していると診断でした。

目薬の回数を1日5回に増やし目は開けるようになったものの、炎症は止まらず、数日後には写真のようになってました。

 

↑左が瞳孔の違い・右は炎症

 

先生からは、「このまま薬の効果がなければ、ノアが目を擦った際に爪などが当たり膜が破れ激痛と共に失明するかもしれない」

「目薬を2種類にし、1日に20回以上点しましょう。それで来週変化がなければ、摘出を考えます。」そう診断を受けとにかく1週間目薬を続けました。

数日後には効果があり、5日目には炎症はほとんど消えてなくなりました。

 

↑黒目は見えづらいですが本人ははっきり見えるまで回復

 

摘出はなくなり、先生も今まで前例のない「奇跡」と言わるほど回復を見せたノアはすっかり元気になり、2020年10月にはじめた抗がん剤は、無事に2021年3月に半年間の投与を終えました。

 

 

2021年8月 リンパ腫の再発

 

3月以降も、定期健診に行っていました。

最後の抗がん剤から5ヶ月が経ち3回目の定期健診の8月。

 

元気モリモリのノアは今回のガンでゲージ=「病院」という覚え、「病院行こう」と話しかけゲージを見せると全速力で寝室に向かい、私の手の届かないベットの下の1番奥に隠れるようにして、”行きたくない!”を表現してました。

 

「全速力」なのがポイントで私達には元気です!というバロメーターのよう思え、いつものように1時間かけて病院へ向かいました。

 

定期健診の診察は30分程車で待っていると終わるのですが、この日は長く、いつもは「無事に終わっています。」と素敵な笑顔で伝えてくれる看護婦さんが「先生からお話しがあります。」と深刻な顔で伝えてきました。

 

今回は体調の変化は1つもない。

「ありえない」と思いましたが、レントゲンで胸に写ったのは、小さなリンパ腫でした。

 

2度目の抗がん剤治療

 

早期発見でリンパ腫も小さかったことが不幸中の幸いで、ノアは胸水などで苦しむことなく、2度目の抗がん剤治療が始まりました。翌週のレントゲンでガンの姿は消え、あとは再発がない事を祈り半年間頑張りました。

 

今回大変だったことが、毎回の抗がん剤で味覚が変わるということです。

好きだったはずのドライフードを食べない、でもお腹は空いている。

空腹が続くと嘔吐をする。

ウェットフードに変える→気に入れば食べる。

翌週は、ウェットフードは食べない。ドライフードは少し食べる。

ドライフードの味を変える→完食するなど

用意しないとなにを食べるかわからない状況が続きました。病院からもとにかく”食”が大事で、たくさん食べるものをあげるよう言われていたのでドライ・ウェットフード共に数種類ストックをしていました。

 

1度目の抗がん剤で体重は4.95kgから3.80kgになっていたので、ドライフードをお湯でふやかしてみたり、電子レンジで温めてみたりと、私たちがしてあげられる最大限のことはしようと。試行錯誤して過ごしました。

 

そのおかげもあってか治療期間は3.62kg~3.70kg台の体重で、なんとかノアの体はガンに対抗し心配だった目への影響もなく2022年1月に2度目の抗がん剤を終えました。

 

↑病院に着き診察前の緊張したノア 

 家では嫌いなゲージも病院に行くとなかなか出ようとしてくれない。

 

↑診察後、麻酔の影響もありボーとするノア

 人一人分のシートにきちんと座ります。

 

 

3度目の抗がん剤治療

 

食事も安定し、TVでいなばさんのチュールのCMが流れると目を輝かせ、おやつの入った棚の前で「ニャ~」と鳴くノアは、1度目同様の定期健診を行いながら過ごしました。

 

2022年6月13日

ノアは余命を越える4歳の誕生日を迎えました。

本当に嬉しくて、さらに一緒に過ごす時間を大切にしようとノアを抱きしめ感謝を伝えました。

 

 

異変

 

6月28日

仕事から帰ると2回ほど嘔吐していました。

ドライフードを一口も食べてなかったのですが、ウェットフードをあげると食べました。

 

6月29日

2回嘔吐しておりこの日からウェットフードも口にせず、液状のチュールしか食べません。

7月30日に予定していた定期健診を週末に早めたいと連絡しましたが、

学会で休診日とのことで予約が出来ず、現在の病院を紹介して頂いた自宅から近い病院に急遽予約をとりました。

 

6月30日

3回の嘔吐と、口元を舐める仕草を3時間おきに繰り返し

食欲は全くなく、チュールも数本食べる程度。

 

7月1日

口元を舐める仕草が増え、泡状の胃液を嘔吐するように。

チュールを食べても数分後には嘔吐している状態で、声が擦れていました。

動きもほとんどなく、ソファーでじっとしているか、照明の当たらない場所へ向かうようになりました。

 

7月2日

再発と診断を受けました。

レントゲンでは肺が写らないほど腫れていました。

 

この病院では抗がん剤は無かったのですが、「こんな時のために」とたまたま1つあった抗がん剤が数種類ある抗がん剤の中でノアの1度目に行う抗がん剤と同じ種類だったため予定より早く治療に入ることができました。

 

そして7月24日現在。

ノアにはガン発症の1度目に行うの抗がん剤と相性が良く、現在4週目も終えました。

ドライフードも良く食べるようになり、毎日チュールを嬉しそうに食べながら元気に過ごしてます。

しかし、抗がん剤は使用すればするほど効果が無くなると言われていて、

次いつ再発するか、薬が効くのかわからない状態です。

 

↑8時間ぶりの家にほっと一息つくノア。また一緒に頑張るよ。

 

 

▼プロジェクトの内容

 

ノアの治療を続けたいです。

余命を越え懸命に生きるノアにお力を貸して頂けませんでしょうか。

 

・現在までの治療の詳細

・治療費

上記の順で内容を説明いたします。

 

現在までの治療の詳細

 

〇ノアを預ける病院は1週間ごとに異なる薬を4種類投与し、休薬期間をはさみ、同じサイクルを4回繰り返す方針です。計16回となります。

 

〇抗がん剤を投与するためには、まず血液検査を行い「分葉好中球」と言われる細胞が

2000/ul以上であるとこを確認後、始まります。

(2000以下の場合は投与不可で別日で再検査となります。1時間かけて行き20分検査待ちをして1時間かけて帰るということも数回ありました。)

 

〇4回に一度レントゲンとエコーを撮り、目に見えない部分を検査します。

 

〇抗がん剤後は翌週まで消化を促進する飲み薬などが処方されます。

 

〇目に転移が見られる場合、目薬を点眼します。

 

1回の金額は一定ではなく上記の関係で差が出ますが

1度の平均が30,611円となります。

 

 

 

 

↑1度目から3度目までのすべての抗がん剤の計算書

 (資料の掲載許可を得ています)

 

 

↑血液検査の結果

「分葉好中球」が2000/ul以上が抗がん剤投与の条件

一番最新は6820/ulだったが、ノアは2500/ul前後がほどんど。

 

 

これまでの治療費

 

本プロジェクト作成にあたり、今までの集計を致しました。

 

1度目の抗がん剤 

・489,785円

 

再発までの定期健診

・48,477円

 

2度目の抗がん剤

・474,375円

 

再発までの定期健診

・85,580円

 

3度目抗がん剤(7/19まで)

・75,503円

 

現在までの抗がん剤治療 

1年9ヶ月で計 1,173,720円でした。

(片道1時間以上かけ通院しているため上記に加えて交通費 13万円ほどかかっているのも実情です・・・)

 

3度目の抗がん剤も約50万程かかりそうです。

 

本プロジェクトは60万円を目標としております。

もし目標額を達成した場合、

¥600,000ー(手数料12%)¥72,000ー税¥7,200=¥520,800円の

支援金を受け取ることができます。

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

大切な時間を過ごしたいです。このプロジェクトのお金はすべて治療費になります。

 

私はノアから「大切」は過ごした時間がつくっていくことだと教えてもらいました。

愛情持って過ごした一瞬一瞬がかけがえのない1日を彩ってくれると。

 

夫婦で仕事を増やしていますが、いつどうなるかもわからない大切で大好きなノアと過ごす時間を。1日でも長く、ノアが幸せだと思える日を過ごしたいです。

 

家族が増えることでお金がかかることは、わかっていました。

自分自身の理解力不足だったことも痛感しております。

今までもこれからもお金はかかりますが、ノアが私たちに幸せを届けてくれたことも事実です。

 

また、ノアを見て余命は越えられる。奇跡は起こせると。

共に動物を飼う方たち。応援してくれる方たちの希望になれればと思っています。

 

何かの縁があり、ここまでご覧頂きました皆様。

画面越しですが、本当にありがとうございます。

 

余命を越え懸命に生きるノアの為に、お力を貸してください。

よろしくお願い致します。

 

 

最後に

 

ノアは、全力で楽しんで、全力で甘えて、そして全力で生きようとしています。

辛い治療も、少しだけ怖い病院も、嫌いなお薬も、生きるためにがんばっています。

どうか1日でも長く、ノアの楽しい人生が送れるように、ノアを応援して頂きたいです。

 

大変心苦しいのですが、皆様のご支援をお願いすることになりました。万が一があった場合も、返金はせず、いただいた支援金については、これまでの治療費に当てさせていただきます。

 

ーーーーーーーー
▶︎ ペット保険による補償:無。

プロジェクト実施完了までの間に、治療方針や治療の要否に変化が生じた場合、支援者の皆様、READYFOR事務局に速やかにお伝えします。

 

 READYFOR事務局:ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関しては、以下のガイドラインもご確認ください。

▶︎ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関する当社の考え(https://legal.readyfor.jp/guidelines/launching_project/pet_care/)

 

本クラウドファンディングに関するお問合せは以下までご連絡ください。

▶連絡先:友永 雄大( yyuuttaa3971@gmail.com )

 

ーーーーーーーー

プロジェクト実行責任者:
友永 雄大
プロジェクト実施完了日:
2022年12月10日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

抗がん剤治療。集まった資金は約50万は治療費に使用します。

プロフィール

黒猫のノア

黒猫のノア

3度目の悪性リンパ腫。3度目の抗がん剤。 2年前から今まで約40回抗がん剤を投与し、現在も通院中です。 9/20治療中にリンパ腫の再発。 ステージ5となりました。 もうどれくらい時間が残されているか分かりません。 余命宣告も乗り越え精一杯生きています。毎日Instagramも投稿しています。 ノアの一日をぜひ見に来て下さい。

リターン

1,000+システム利用料


ノア応援!

ノア応援!

〇感謝のメールと画像2枚をお送らせて頂きます。

支援者
22人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

3,000+システム利用料


ノア!まだまだ頑張れるぞ!

ノア!まだまだ頑張れるぞ!

〇感謝のメールとノアの画像2枚送らせて頂きます。

支援者
18人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

5,000+システム利用料


頑張れ!ノア!

頑張れ!ノア!

〇お礼のメールとノアの画像2枚を送らせて頂きます。

支援者
15人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

10,000+システム利用料


ノア!素敵な一日を!

ノア!素敵な一日を!

〇お礼のメールとノア画像2枚と動画を1本送らせて頂きます。

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

30,000+システム利用料


今日も元気に過ごしてねノア

今日も元気に過ごしてねノア

〇お礼のメールとノア画像3枚と動画を1本送らせて頂きます。

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

30,000+システム利用料


ノア!たくさん食べてね!

ノア!たくさん食べてね!

〇お礼のメールとステッカー(1枚)を送らせて頂きます。

支援者
1人
在庫数
4
発送完了予定月
2022年10月

50,000+システム利用料


愛くるしいなノア!

愛くるしいなノア!

〇お礼のメールと写真、ステッカー(2枚)を送らせて頂きます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

50,000+システム利用料


大切な1日。応援します。

大切な1日。応援します。

〇お礼のメールと画像5枚、動画1本を遅らせた頂きます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

プロフィール

3度目の悪性リンパ腫。3度目の抗がん剤。 2年前から今まで約40回抗がん剤を投与し、現在も通院中です。 9/20治療中にリンパ腫の再発。 ステージ5となりました。 もうどれくらい時間が残されているか分かりません。 余命宣告も乗り越え精一杯生きています。毎日Instagramも投稿しています。 ノアの一日をぜひ見に来て下さい。

あなたにおすすめのプロジェクト

障がいがあっても地域を支えるキッチンカーで活躍したい! minds のトップ画像

障がいがあっても地域を支えるキッチンカーで活躍したい! minds

mindsminds

#子ども・教育

27%
現在
642,000円
支援者
25人
残り
30日
車いすユーザーの社会参加を応援する!WheeLog!サポーター のトップ画像

車いすユーザーの社会参加を応援する!WheeLog!サポーター

織田友理子(一般社団法人WheeLog 代表)織田友理子(一般社団法人WheeLog 代表)

#医療・福祉

継続寄付
総計
105人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする