このプロジェクトでは継続的な支援を募集しています

保護猫・TNRサポーター募集中|駆け込み相談所を応援してください☆

保護猫・TNRサポーター募集中|駆け込み相談所を応援してください☆
このプロジェクトでは無期限で寄付を募集しています。「毎月」のコースで支援した場合、すでに完了した決済をキャンセルすることはできませんが、将来の決済を解約することができます。

マンスリーサポーター総計

20
このプロジェクトでは無期限で寄付を募集しています。「毎月」のコースで支援した場合、すでに完了した決済をキャンセルすることはできませんが、将来の決済を解約することができます。

    https://readyfor.jp/projects/106569?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note
2024年01月06日 17:20

2024が明けました

新しい歳が始まりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

大変な幕開けとなってしまいました。

1月1日の能登半島地震は、いまだ全容がわからないほどの惨事となっています。

私たちの岐阜県高山市は関連した断層があるせいか、震度5弱に始まり市内は一時断水、今もなお弱いながらも余震が続いています。

 

その地震を境に1匹の猫が急変、今朝方 亡くなりました。

偶然とはいえ、何らかのきっかけにはなった気がしてしまいます。

大きな揺れの最中、猫たちは1匹が走り出すとパニックになりました。

理由のわからない彼らにとって、とてつもなく怖いことであることを実感しました。

 

また、被災された方の受け入れについて、動物たちの預かりが可能かという打診も行政から来ています。

この非常時、被災地近くには里親さんもおられ、ご縁のある私たちに何ができるのか。

そしてこれからどう教訓としていけばいいのか、ひとつづつ考えています。

 

まずは、要請があった際には受け入れができるように体制を整えなければ!

家族は犬猫だけではありません。

人と暮らしているあらゆる生き物が、こんな時こそ心を支える存在ですね。

 

 

ある被災地近くの里親さんのメールには、

「ひどい揺れの真っ最中、家族の一人はこたつの中の猫を布団ごと抱え、もう一人は飛びはねそうなこたつを抑え、あと一人はその上に覆いかぶさっていました」

想像を絶する中、とっさに出た行動が記されていました。

守るものがあると人は強くなるみたいです。

 

できる限り引き離さないように、いっしょが無理でも近くで会えますように、無事な姿でありますように!

冷静に、頭はフル回転で乗り切らなければなりませんね。

まずは何とか受け入れ先確保を検討しています。

 

皆様にとって、心安らぐ歳となりますように!

また本年も、応援していただければ幸いですm(__)m

 

令和6年1月

NPO法人もふっこひだ 一同

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コース

記事をシェアして応援する

    https://readyfor.jp/projects/106569/announcements/304112?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

あなたにおすすめのプロジェクト

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る