READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

フィリピンで廃棄食材を使って食に苦しむ子どもに配膳活動を

学生NPO団体 WITH

学生NPO団体 WITH

フィリピンで廃棄食材を使って食に苦しむ子どもに配膳活動を

支援総額

307,500

目標金額 300,000円

支援者
47人
募集終了日
2023年1月29日
プロジェクトは成立しました!

プロジェクト本文

▼ご挨拶

 本日、第一目標である30万円に到達することが出来ました!本当にありがとうございます。こんなにも大勢の方に支援いただき感謝の気持ちでいっぱいです。 

 

 ネクストゴールとして、35万円を設定させていただきます。ネクストゴールで支援していただいた金額は、追加の食材の調達費及び機材費に使用させていただきたいと思います。

 

 仮にネクストゴールの金額を達成できなかった場合も、自己資金を元に実施はさせていただく予定ですが、皆様からの多くのご支援いただけますと幸いです。

 

 こんにちは。NPO団体 WITH 代表 中田颯太と申します。NPO団体 WITHは「世界の中の問題・課題」に着目し、それらを融合して解決に結び付けたい!」という意図の下、私と友人で半年ほど前に立ち上げました。立ち上げたと申しましたが任意団体です!本プロジェクトは団体立ち上げ後初のプロジェクトです。初のプロジェクトからすごく大掛かりなものになってしまい準備に半年もかかってしまいました...。私には外国への渡航経験がなく、ボランティアの経験も少ないことから、すべて手探りでのスタートとなります。しかしながら、多くの法人や団体のサポートの下、完成度の高い、自信のあるプロジェクトに仕上がりました!ぜひご覧ください! また活動の始動に至った経緯や内容、活動に共同してくださる企業さんの情報等は下記の通りです。ご確認ください。

 

▼プロジェクトを立ち上げた背景

 

 私にはフィリピン人の友人がいます。Ramosです。彼は、現在では観光地として知名度の高いセブ島の道路で物乞いをして過ごしていました。いわゆるストリートチルドレンです。そして、18歳になった2020年に日本に出稼ぎにやってきました。そんな彼と私が出会ったのは、趣味であるサッカーを通じてです。私は、彼が過去に物乞いをして生活をしていたことを聞き、衝撃を受けると同時に「私自身の生活が当たり前で、恵まれているという認識すら持っていなかったこと」に情けなさを感じました。普段、私が何気なく大学生活を送る中、世界中には飢えに苦しむ多くの子どもたちがいる。そこで立ち上げたのが、WITHです。そして記念すべき初の試みが本プロジェクトです。

 

 

▼フィリピンの現状

 

 人口約1億900万人が暮らすフィリピンでは、2018年時点で約16.6%が貧困だといわれています(※フィリピン政府統計局による)。2015年時点の23.3%から3年間で約3割減少し、年々改善されているとはいえ、国民の6人に1人が貧困に苦しんでいるというのがフィリピンの現状です。さらに、フィリピン国内での経済格差も問題視されています。マニラ首都圏での貧困率はわずか2.3%であるのに対し、南部に位置するミンダナオ地方での貧困率は61.3%に上ります。その原因として、フィリピンで頻発する自然災害や地方に拠点を置く過激派組織の影響による開発の遅れなどが挙げられます。 加えて、フィリピンにはもうひとつ大きな問題があります。それがフードロスです。フィリピンでは年間9,334,477tのフードロスが発生しています。これは世界で11番目に多い数字です。といわれても、ピンときませんよね。では、日本はどうなのでしょうか。日本のフードロスは年間8,159,891tで世界14位です。どうでしたか?なんとフィリピンでは日本よりもフードロスが多いのです。原因は様々いわれていますが、私は輸送技術の未発達が大きいのではないかと考えています。日本とは違い、高性能な冷蔵輸送等が国内全土で行われているかというと、そうではありません。それゆえに、輸送中の腐敗が多く、目的地に着くころにはダメになってしまう食材が多くあります。

 

▼プロジェクトの内容

 

本プロジェクトは2つの取り組みからなります。1つ目の取り組みは、メインとなる現地での炊き出し活動です。フィリピンのNGO組織CHILD HOPEさんやNPO法人DEAR MEさん,前フィリピン大統領ロドリゴ・ドゥテルテ氏の立ち上げたフィリピン・イーグルス・センターにもご協力いただき、現地の様々な場所で50~100人を対象に食に苦しむ子どもたちへの炊き出しを予定しています。炊き出しで使用する食材は、現地の農家の方に規格外で出荷できない農産物を低価格で譲っていただくとともに、現地で日本食を提供されている漁火さん、モスバーガーさん、Nishikiken Food Productsさん全面協力の下、営業中に使われなかった食材や余った食材を使用することで、本来であれば廃棄されていた食材を再使用します。【フードロス×貧困】のハイブリットプロジェクトです。 

 2つ目の取り組みは、日本の小中学校での出張講義です。私自身が現地で実際に感じたことをもとに世界での現状を伝えることで、「自らがいかに恵まれた環境で過ごしているか、今後どう過ごしていくか」ということをテーマに30分~1時間程度の講義を行おうと考えています。活動の序盤は愛媛県内の小中学校を対象に始めていきたいと考えています。翌々は講義のエリアを拡大していきたいという風に考えています。

 

 

本資金は幣団体経理担当 増田敦也が受け取り管理いたします。

 

 

 

▼最後に

 

ここまで読んでくださり本当にありがとうございます。当プロジェクトは第1回に過ぎません。今後世界各国で、また国内で多くの方の支援や教育に携わりたいという風に考えています。多くの子どもの未来のため、今後の世界の発展のために、なにより彼らの笑顔のためにご支援の程よろしくお願い致します。

 

新型コロナウイルスの再流行により、渡航制限等の規制が発せられた際には、時期を改めて行わせていただきたいと思います。その際には、支援者の皆様にご連絡をさせていただきます。

プロジェクト実行責任者:
中田颯太(NPO団体WITH)
プロジェクト実施完了日:
2023年5月30日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

NPO団体WITHがフィリピンにて、現地飲食店から出る廃棄食材および農家で生産された規格外野菜を使用して、食に苦しむこども100人を対象に配膳活動を行います。当活動には現地NGO組織CHILDHOPEさんもご協力くださいます。 資金の使用内訳は以下の通りです。 READYFORへの手数料等は除きます。 ①炊き出しの材料費(30000円) ②炊き出しの光熱費・施設費(60000円) ③運搬代・現地交通費(20000円) ④ご協力いただいた現地の農家の方への支援など(80000円) ⑤現地の教育機関への支援(110000円) ⑥日本の学生への講義の活動費(自費で負担します) 資金が不足した際には自費で補う予定です。 資金が余った際には教育機関への支援等を予算を増やす形にしたいと考えています。 実施スケジュール 現地での炊き出しは2023年2月6日を予定しております(※前後する可能性があります)。 また小中学生への講義は2023年5月ごろからの開始を予定しております。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
必要金額と目標金額の差額は幣団体の自費にて補います。また日本の小中学校での講義に係る費用も自費で行う予定です。集まらなかった際に、プロジェクトの規模を縮小するというような対応は取りませんのでご安心ください。 

プロフィール

学生NPO団体''WITH''公式アカウント🌏 -掲げるミッション- ''世界規模での活動'' ''2つの課題を同時解決''                         2022.9月に発足し、学生のみで運営しています。 HPはこちら👇 https://npowith0905.wixsite.com/--npo--with

リターン

1,500+システム利用料


お礼状

お礼状

お礼状(メールにてお届けします)※よろしければお名前もしくはご希望のニックネーム等をご記入ください

支援者
15人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年4月

3,000+システム利用料


お礼状・活動報告書

お礼状・活動報告書

お礼状・活動報告書(メールにてお届けします)※よろしければお名前もしくはご希望のニックネーム等をご記入ください

支援者
18人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年4月

5,000+システム利用料


お礼状・活動報告書・フィリピンの特産品セット

お礼状・活動報告書・フィリピンの特産品セット

お礼状・活動報告書(メールにてお届けします)※よろしければ備考欄にお名前もしくはご希望のニックネーム等をご記入ください。 協力してくださった現地の農家さんで生産された果物を使用したドライフルーツなどをお届けします。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年4月

10,000+システム利用料


お礼状・活動報告書・子どもたちからのメッセージカードセット

お礼状・活動報告書・子どもたちからのメッセージカードセット

お礼状・活動報告書(メールにてお届けします)※よろしければ備考欄にお名前もしくはご希望のニックネーム等をご記入ください。
現地の子どもたちからの直筆のお手紙を郵送にてお届けします!

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年4月

10,000+システム利用料


お礼状・活動報告書・子どもたちからのビデオメッセージセット

お礼状・活動報告書・子どもたちからのビデオメッセージセット

お礼状・活動報告書(メールにてお届けします)※よろしければ備考欄にお名前もしくはご希望のニックネーム等をご記入ください。
現地の子どもたちからのビデオメッセージをメールにてお届けします!

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年4月

30,000+システム利用料


子どもたちからのメッセージカード・ビデオメッセージのフルセット

子どもたちからのメッセージカード・ビデオメッセージのフルセット

お礼状・活動報告書(メールにてお届けします)※よろしければ備考欄にお名前もしくはご希望のニックネーム等をご記入ください。 現地の子どもたちからの直筆のお手紙(郵送にて)ビデオメッセージ(メールにて)お届けします。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年4月

プロフィール

学生NPO団体''WITH''公式アカウント🌏 -掲げるミッション- ''世界規模での活動'' ''2つの課題を同時解決''                         2022.9月に発足し、学生のみで運営しています。 HPはこちら👇 https://npowith0905.wixsite.com/--npo--with

あなたにおすすめのプロジェクト

使用済み使い捨てカイロをリサイクルして、世界の水をきれいにしたい! のトップ画像

使用済み使い捨てカイロをリサイクルして、世界の水をきれいにしたい!

山下崇 Gogreengroup代表山下崇 Gogreengroup代表

#環境保護

継続寄付
総計
35人
放置竹林は無限の力を生む宝!豊かな水を浜名湖へはぐくむ里山再生物語 のトップ画像

放置竹林は無限の力を生む宝!豊かな水を浜名湖へはぐくむ里山再生物語

耒田 寿夫 ( Nano Intention 代表 )耒田 寿夫 ( Nano Intention 代表 )

#地域文化

28%
現在
229,000円
支援者
19人
残り
26日

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る
プロジェクトの実施相談をする
プロジェクトの相談をする