プロジェクト概要

 

週3回子ども達にドッジボールを指導し、丈夫で礼儀のある子どもを育てたい!

 

はじめまして!四日市サウスストロングの土谷 信幸です。 最近外で遊んだり、運動をしなくなった子ども達が増えてきました。そこで私たちは、そんな子ども達に運動する機会を作りたいと思い、四日市サウスストロングを立ち上げました。

 

現在、週に3回、子ども達にドッチボールを教えたり、勉強やマナーについて指導をしています。そして16名の子ども達と一緒に、全国大会出場を目指し日々奮闘しています。これからもこの活動を続けていきたいのですが、この活動を続けるためには、用具費や遠征費が必要となってきます。

 

子ども達にこれからも運動する場所を提供したい。皆で目標に向かって一生懸命になることを学ばせてあげたいです。どうかこの活動を継続するために皆さまご協力をよろしくお願いいたします。

 

子ども達のためどうか応援よろしくお願いいたします!

 

 

共働きの世帯が増え、子ども達は1人で過ごすことが多くなっています。

 

現在、日本国内の共働き世帯の割合は59%(2012年総務省労働力調査)と言われています。そのため放課後1人で過ごす子どもが多く、中には非行に走る子も見られます。

 

また今の子ども達は、外で運動することなく室内でゲーム遊びをする子が増えてきました。そのため昔の子どもよりも体の弱い子どもが増えています。

 

そこで私は、この現状を何とかしたいと思い、過去ドッジボール指導の経験があったことから、放課後子ども達にドッジボールの指導をすることを決めました。放課後、運動をすることで、子ども達には丈夫な体になってもらい、また1人で親の帰りを待っていた子ども達の寂しさを少しでも減らしてあげることができればと思っています。

 

ドッジボールは皆で協力をしないと勝てません。1人で過ごすことが多くなった子ども達に、「一人は皆の為に、皆は一人のために」の協調性の精神を植え付けたいです。また努力は噓をつかないということも教えてあげることができればと願っています。

 

指導をしっかりよく聞く素直な子ども達ばかりです。

 

 

体育館で練習するだけでなく、大会に出場させることで様々な経験をさせてあげたい!

 

今回皆さまからいただいた資金は四日市サウスストロングの活動資金として使用させていただきます。具体的には、ボールやラインテープ等の用具を購入したり、大会への参加費や県外遠征するための交通費に使用させていただく予定です。

 

他の学校との練習試合は毎月数回行います。また大会にもいくつか出場する予定です。子ども達には大会に出場するためには、努力が必要。そして一生懸命努力をするとその結果は必ず出るということを教えてあげたいです。

 

またこの活動ではドッジボールを教えるだけでなく、勉強する時間もつくっています。集中力がない子ども達に1時間集中するということを身に着けるのが目的です。

 

それ以外にも目上の者に対する言葉使いや挨拶のできる子に育て、感謝の気持ちを持てる大人へ成長させたいと思っています。

 

試合で勝つためみんな一生懸命です!

 

 

社会にでても恥ずかしくない大人になってもらいたい

 

この活動を通じ、運動する子どもを増やし、礼儀を学ばせ、立派な大人に成長できるように活動していきます。

 

共働きで忙しいお父さんお母さんの代わりに少しでも私達が、子ども達を元気で立派な子どもに育ててあげることが出来れば嬉しいです。

 

そのためこれからもこの活動を続けていきたいと思います。子ども達のためにどうか皆さまご支援をよろしくお願いいたします!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
どうかご協力をよろしく願いいたします!