月命日

今日は、石巻で開催することになった経緯を書きます。以前のプロジェクトで雇用したK君は石巻出身です。震災後には、荷物を積んで実家に向かい、家族の無事を確認しました。その時、彼が撮影したものは、ご存知のように、大変かなしいものでした。数ヵ月後、彼から「母校の中学校で理科の特別授業をやりたいのでお願いできませんか」と誘われ、石巻に向かいました。その風景には、衝撃を覚えました。山形のショッピングモールで化学オリンピックの広報イベントを開催していた関係で石巻のショッピングモールからこども向けのイベントの開催の依頼があり、このイベントは始まりました。山形県内の団体以外にも仙台の機関を訪問しよび掛けました。第1回が始まり、大盛況に終わりました。それから年に2回の開催を続けてきています。昨年度に文部科学省の復興予算も終了し、今後も続けていくための仕組みつくりがまだ出来上がってません。自立を模索していますが、今回はぜひ、皆様のご支援が必要です。よろしくお願いいたします。