子ども達のスポーツの環境を少しでも良くしていきたい。この思いでSPWは始まりました。

きっかけはインターネットで「ラオスで体育・スポーツができていません」というバナー広告を目にしたことでした。

ラオスってどこだろう?という初歩的な疑問から始まり、体育ができていない理由についても調べていくと、「運動施設や用具の不足」と「教員の不足」がありました。学生時代常にスポーツと関わってきた為、体育やスポーツをする機会自体がないという状況に大変驚きました。また、体育やスポーツよって多くを学び、友人をつくり、成長してきた経験があった為、これらの経験をできる体育やスポーツの機会を創造するために自分に何かできないかという発想に至りました。

そこで設立されたのが学生団体SPWです。体育やスポーツの素晴らしさを伝え、同時に環境を整えることで、体育やスポーツの価値を理解し継続してスポーツを行う人が増え、将来的にスポーツの環境が大きく改善されると信じて活動を開始しました。

確かに現状を解決する最も早い方法は環境改善の為の資金投資です。しかし現実としてこの投資は行われておりません。少しずつでもこの現状を解決するためにSPWは動き出しました。課題があり、自分たちにできることがある。そのできることをやる。このシンプルな考えでSPWは動きはじめました。

新着情報一覧へ