プロジェクト概要

 

熊本地震から1年10カ月

祭りが生み出す活気が熊本を元気にする

 

 

 「つながろう九州 こころを一つに」
九州のお祭り大集合「九州がっ祭」を企画しています。

 

はじめまして。『復興応援 九州がっ祭2018』学生実行委員の坂本南です。私は熊本大学の3年生です。私たち実行委員の多くは、熊本の大学や専門学校に通う学生です。出身も、通う学校もばらばらな私たちですが、大好きな熊本を再び活気あふれる場所にしたいという想いで運営しています。

 

昨年の第1回九州がっ祭では、2日間合計で約16万人の観客動員数があり、多くの方に楽しんでいただきました。

 

 

76の祭り、158チーム約5000人の踊り子に参加していただき、九州がっ祭を盛り上げていただきました。

 

「学生が頑張っている姿が大変良かった。」「迫力あるステージが印象的だった。来年もぜひ足を運びたい。」という嬉しいお言葉をいただきました。

 


その言葉を聞いて、この祭りにはまだまだ可能性があると感じました。私たちの頑張り次第でもっとたくさんの祭りや人を集め、もっと熊本を元気にすることができる!

 

そのためにはまず、がっ祭を知ってもらいたいと思いこのプロジェクトを立ち上げました。

 

私たちが実行委員会です!

 

各地から上がった「九州を一つに」の声をかたちにしたい。

 

2016年4月、熊本地震が起きました。そして、大学で授業を受けたり、サークルの仲間とYOSAKOIをしたり、水道の水を飲むことも、お風呂にはいることも、温かい布団で寝ることも、今まで当たり前だった日常が、急に手の届かないところへ行ってしまいました。

 

それから半年が過ぎ、道路などの復旧は進みましたが、大きな被害がなかった地域に住む人々からも「最近疲れやすい」「なかなか眠れない」という声を聞くようになりました。身近な私の祖母もストレスや疲れから体調がすぐれない日が増えていました。

 

まだ、目に見えないところで地震の爪痕が残っているんだ…そう感じていたころ、九州の各地から「九州を一つに」という声が聞こえてきました。

 

すると、「火の国YOSAKOIまつり」を運営していた学生実行委員会の中から、「九州を一つに」という想いを何かかたちにできないだろうか?私たちができる「祭」で具体化したいという声が上がりました。そして生まれたのがこの「九州がっ祭」です。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

祭りを通して、大好きな熊本を元気にしたい!

 

がっ祭は昨年誕生したまだまだ若い祭りです。「九州をひとつに」をテーマに、各県に存在する「祭り」を九州の真ん中である熊本に集め、一度に楽しめるというのが特徴です。


個性の強い九州各県ではありますが、その個性を活かしつつ助け合って復興していくことを掲げており、「九州がっ祭」がその象徴になることを目指しています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

これを熊本の若者が中心となり築いていくことで、さらなる復興を目指していきます。

 

” 人 ”による” 人 ”ための復興祭りとして、九州を盛り上げていくことが私たちの志です。

 

▶第一回九州がっ祭大賞NNP

 

2018年がっ祭のテーマ 「つながろう九州こころ一つに」

 

<詳細>

開催日:2018年3月24日(土)・25日(日)

開催時間:24日(土)10:00~19:00

     25日(日)9:00~20:00

開催場所:

・熊本城二の丸メイン会場・城彩苑会場:熊本県熊本市中央区本丸1-1

・熊本市中心市街地(新市街・下通4番街・辛島公園・上通り・下通新天街~2番街・銀座通り)

 

 

 

<特設ブース>

・地元の商店街協力のもと、飲食ブースや、観光名所などのPRブース

・お祭りPRブース3店舗(ご当地観光名所等の紹介)

・お祭り物販3店舗(展示協力頂いたお祭りのブース。名産、クッズ販売)

・その他上記各会場に各地のお祭り装飾、展示物

・火の国青春合戦(九州内外の学生チームが競い大賞を決めるステージイベント)

・九州・全国のお祭り大集合イベント 

 

出演:長崎大学 突風、琉球太鼓火乃国、エイサー琉跳會、小巻組など延べ150組予定

 

 

このお祭りに来てくださった人たちへ、九州の魅力を伝えるために力を入れているのが、会場となる中心市街地のアーケードや公園に「長崎会場」「沖縄会場」など九州各県をテーマにした装飾を行うことです。

 

装飾は私たちが手作りをしたり、現地に赴き購入するなどして制作をしています。お祭りを華やかに彩り、雰囲気をさらに盛り上げるためには、この装飾は欠かせません。今回、皆さまからいただいた支援金は、この装飾のために必要な、資材購入費、運搬費等の一部として大切に活用させていただきます。

 

 

 熊本を地震が起きる前よりも活気のあふれる場所にしたい

 

熊本の人が心に負った傷や、熊本城が受けたダメージはまだ完治していません。私はこれらが完全に元の姿を取り戻すまで、復興のために尽力したいと思っています。生まれ育った熊本を、地震が起きる前よりも活気あふれる場所にすることが私の夢です。

 

がっ祭は、たくさんのパワーを熊本、そして来てくださったすべての方に届けられると信じています。私たち学生の挑戦に力を貸していただけませんか?応援・ご支援をよろしくおねがいします!

 

 

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)