プロジェクト概要

 

 

本プロジェクトに対する寄附金、個人様による寄附は「ふるさと納税」の対象となります。ふるさと納税では、寄附金のうち2,000円を超える部分について、住民税の概ね2割を上限に、所得税と合わせて全額が原則として控除・還付されます。

 

例えば、30,000円の寄附をした場合、還付又は住民税からの控除額は28,000円となり、実質負担額は2,000円となります。今回のプロジェクトでは、実質自己負担額2000円でふるさとへの想いをカタチにできるとともに、返礼品などを受け取ることができます。

 

※寄附する人の収入や家族構成に応じて還付・控除額は変わります。
※このプロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、寄附をした時点で申し込みが確定し、その後のキャンセルはできませんのでご注意ください。

 

 

 

 

はじめまして!

福井県おおい町のマスコットキャラクター『うみりん』だよ。

 

おおい町の魅力をたくさんの人に伝えるために活動しているんだ。このページを見てくれたみんなにもおおい町の魅力を知ってほしいな!

 

ぼくは、平成20年に誕生してから様々なイベントを開催してきたんだ。今までみんなを笑顔にするためにがんばってきたけど、正直ぼくの身体はもうボロボロ......。

 

そこで、ぼくから重大発表があるんだ!

 

 

みんなへ、ぼくからのお願い!もっともっとたくさんの人に、ぼくの故郷「おおい町」を知ってもらいたい。でも、今の身体じゃみんなに会いにいけない...。

 

だから、ぼくは生まれ変わるんだ!

 

そのためにはみんなの力が必要で、どうか力を貸してほしい。生まれ変わったらイベント活動を頑張って、全国のみんなから愛されるキャラクターに成長していくよ!

 

 

 

 

ぼくの生まれた町「おおい町」がどんな地域なのか、みんなに紹介するね。

 

おおい町は、福井県のいちばん南の方にあって、京都府と滋賀県に隣り合っているよ。ぼくのモチーフになっている“海”や“森林”といった豊かな自然に囲まれた町で、今は約8,000人の人たちが暮らしているんだ。

 

そんな豊かな自然の恵みから、美味しいきのこや梅、自然薯が育って、若狭湾沖の海では新鮮なお魚がいっぱい獲れるんだよ。

 

 

でも、おおい町は少子高齢化と共に人口減少が続いているんだ。これは、町の存続に関わる重要な問題だよ。海・山・里などの恵まれた自然環境と、町の歴史や文化をより一層磨き上げて、たくさんの人におおい町を知って訪れてもらいたいんだ!

 

今回のプロジェクトを盛り上げるために、おおい町地域おこし協力隊の2人が協力してくれたよ!一緒にがんばっている大切なメンバーだから、みんなにも紹介するね。

 

■おおい町地域おこし協力隊  秋庭康介さんからのメッセージ

 

 

「うみりんをみんなに知ってほしい!」

 

私はこれまで、町内外でおおい町の宣伝のために多くのイベント活動を行ってきました。『ゆるキャラ運動会』をはじめ、様々な形でうみりんと一緒にPR活動を行いました。

 

おおい町の美しい自然をモチーフに、未来に向かって躍進する姿を表現したマスコットキャラクター『うみりん』。小さな子どもから大人まで幅広い世代に人気のある『うみりん』を、町外の人にも、もっともっと知っていただきたいです。

 

そして、町内の人には、『うみりん』をより身近な存在に感じていただきたいと思っています。幼い頃から『うみりん』と触れ合うことによって、愛郷心を育むきっかけとなったら嬉しく思います。

 

■おおい町地域おこし協力隊  渡邊絵梨奈さんからのメッセージ

 

 

「もっと「うみりん」と触れ合ってほしい!」

私は、大型児童館の「こども家族館」で活動しています。こども家族館がある『うみんぴあエリア』は、道の駅をはじめ商業施設が集中しており、町民の皆さんだけでなく、県外からもたくさんのお客さまにお越しいただいています。

 

しかし現在、こども家族館では『うみりん』と触れ合う機会はありません。『うみりん』が元気になったら、子どもたちと一緒に力いっぱい遊んでほしいです。

 

そして、町内だけでなく、県外の方にも『うみりん』と触れ合って笑顔になってもらいたいと思っています!

 

 

 

 

今回は、みんなからの協力で、ぼくが新しく可愛く生まれ変わるよ!ご支援は、ぼくが新しく生まれ変わるための費用として、大切に使わせてもらうね。

 

みんなのご支援で生まれ変わることができたら、今までよりも軽やかに動けるようになるから、これまで以上に、みんなとたくさん触れ合えるようになるよ!

 

■費用の内訳

・『うみりん』の新しい着ぐるみ製作費:680,000円

 

■製作完了日

・2018年11月30日(予定)

 

 

 

皆さんの協力で生まれ変わることができたら、もっともっとたくさんの人におおい町の魅力を伝えられるように、たくさんのイベントに参加するよ。応援してくれた方々を笑顔するため、たくさんの人に会いにいくね!

 

このプロジェクトをきっかけに、少しでもぼくやおおい町のことを知ってくれたら嬉しいな。これから皆さんと一緒におおい町を盛り上げていくので、みんなもぼくに会いに来てね。おおい町で待ってるよ!

 

最後までページを見てくれてありがとう!!

 

 

 

 

ぼくを助けてくれたみんなに、御礼の気持ちとして、おおい町内の施設で使える利用券をお届けするよ!(※返礼品に設定された金額以外の寄附をご希望の方は、リターンの個数により寄付金額の調整をお願いいたします。)

 

若州一滴文庫

郷土の作家水上勉氏が主宰して人形座の拠点として、また宗教・美術・文化などの資料を展示する施設として作られ、多くの蔵書や絵画、文学関連資料などを収蔵しています。

 

暦会館

陰陽師安倍晴明の子孫が3代にわたり移り住み、約120年間、暦造りの拠点となったことから建設された、全国でも珍しい暦と天文学に関する資料館で、約1,000点の展示物があります。

 

あみーシャン大飯 湯ったり温泉

施設の最上階フロアにある展望風呂からは、自然広がる景色が眺望でき、仕事や遊びの疲れも癒されます。

 

あっとほ~むいきいき館 ご湯っくり

サウナ付きのお風呂で、木のぬくもりを感じながらゆっくりと過ごすことができます。小さなお子さまから大人まで、皆さまにおすすめです。

 

シーサイドスパおおいの湯

展望露天風呂の外には若狭湾の海とおおい町の山々が広がり、四季折々の風景を眺望できます。

 

フィットネスセンターアクアマリンプール

日本水泳連盟公認の25m×6コースの温水プールを完備しています。

 

きのこの森

特産品のきのこをモチーフにしたテーマパークで、全長460mのビッグスライダーや人工芝のソリのゲレンデなど、子どもが大満足の遊具が充実しています。

 

青戸クルージング

青戸の大橋、青葉山、海岸線や半島、海に浮かぶ島々などを眺めながら周遊する約50分のコースで、小浜湾の四季折々の自然を感じることができます。

 

 

 

▶︎本プロジェクトに対する寄附金、個人様による寄附は「ふるさと納税」の対象となります。

 

ふるさと納税では、納税義務のある税金の一部を、実質自己負担額2000円で、出身地に関係なく、好きな自治体に納め先を選択することが出来ます。

 

▶︎「確定申告」又は「ワンストップ特例申請」を行うことで、寄附額のうち2,000円を除く金額が所得税・個人住民税から控除されます。

 

例:30,000円の寄附をした場合、合計28,000円の税金が還付・控除されます。 

 

※寄附をした方の給与収入や家族構成などに応じた還付・控除額の上限がありますのでご注意ください。 全額(2,000円を除く)控除される寄附金の上限目安は以下URLから確認ができます。

総務省HP


▶︎税金からの控除は自動的にはされません。寄附をした翌年の3月15日までに確定申告をする、もしくは翌年の1月10日までに「寄附金税額控除に係る申告特例申請書(ワンストップ特例申請書)」をおおい町に提出する必要があります。

 

寄附をいただいた全ての方におおい町から「寄附金受領証明書」を送付しますので、確定申告を行う場合は確定申告書に添付のうえ所轄の税務署へ提出してください。

 

※寄附申込みの際にワンストップ特例申請を希望された方に「寄附金税額控除に係る申告特例申請書(ワンストップ特例申請書)」をおおい町から郵送します。必要事項を記入・確認、押印し、本人証明書類を添付のうえ、同封の返信用封筒で返送してください。

 

(ワンストップ特例制度について)

次の2つの要件をいずれも満たす場合、寄附金税額控除に係る申告特例申請書(ワンストップ特例申請書)及び本人証明書類提出することで、確定申告を行わなくても、翌年の6月以降に納める個人住民税が軽減されます。※所得税からの還付はありません。

・ふるさと納税先団体が5団体以内であること

・確定申告が不要な者であること(例:給与所得者、公的年金受給者等)


このプロジェクトに寄附する
(※ログインが必要です)