タイトル「たかが髪の毛?されど髪の毛?

〜髪をなくした女性(わたし)のハゲしい人生〜

 

*あらすじ・・・重度の円形脱毛症で髪を失った女性漫画家。確実な治療法はなく、悲しみと不安のどん底に。カツラ生活の窮屈や、カミングアウトできない孤独感に苛まれる毎日でもあった。

しかし、そんな悩みを越え、わたしが目指したものは、完治ではなく「人と違う見た目を楽しんでみよう」という試みであった。「ハゲ100人で踊るプロジェクト」を運営。

 

一度は落ち込み、暗くなっても、そこから楽しもうとする試みに転換していった小豆さん。今悩みがある皆さんにも、「対話」を通じて新しい考え方が浮かぶはず!!

 

新着情報一覧へ