READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

医療を伝えるアート

宇津野彩

宇津野彩

医療を伝えるアート
支援総額
131,000

目標 100,000円

支援者
34人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
10お気に入り登録10人がお気に入りしています

10お気に入り登録10人がお気に入りしています
2011年04月09日 12:26

works1

本日は「いきものロボット」班の持田さんより制作過程報告です。彼女たちの作品はかなりの規模なので、是非たのしみにして頂きたいです!

 

いきものロボット班持田です
この班、最初は横山さんと二人で、一つの作品を作ろうと、去年の夏あたりから
活動してた訳です。
しかし考えに考えた末、二人ともがそれぞれ作品をつくり、それを一つの空間で
共鳴させるような形にしようということになりました。
とうことで何度も案を全ボツにしながら、迷走、いや、奮闘しております。笑


私たちは医大生の知識から発想をして、作品を作るのではなく、作品を作る過程
で医大生の知識を利用しようという、まぁ要するに「こんなの作りたい」先行型
であります。

私の頭が固いからなのか、知識から受け取ったものって、長い時間をかけないと
、別の形に昇華すること、つまり作品にすることがしづらいんです。デザイン的
になってしまうというか。

まぁそんなことはおいといて、自分が結局なにをつくってるのかーということで
すが
この班、名前の通りロボット、つまり機械制御をする部分をつくることを縛りと
しています。
その点については、私も横山もド素人なので、東京大学の落合さんにサポートし
ていただいてます。
秋葉原のデニーズで電圧と抵抗についてからお話しいただき、ものの見事にポカ
ーンでした。笑
義務教育って、大事だね・・・!(物理だのなんだの、全スルーで生きてきまし
たから。)


そしてもうひとつの縛りは、「にんげん」を大テーマにすること。

つまり人間から着想した、機械制御を伴う作品をつくるってことですね。
あー長くなった、まとめるのが下手ですみません


私は目をテーマに作ってます。
モノを作って、それをちょびっと機械で動かそうとおもってるんですが・・・
機械については、すみません、まだぜんぜん手をつけられてません!!

まず今モノをつくっている段階です。

布と、藍系の水干絵の具をつかっております

今目下の問題は、とにかく制作できる場所が狭すぎること・・・!
ああ、アトリエ、ほしいなあ

展示まで、残すところも長くはありません!
ピッチ上げてがんばります!

一覧に戻る

リターン

1,000

「医×美」展示会のチケットを1名様分お届けします。

支援者
11人
在庫数
制限なし

2,000

「医×美」展示会チケット(2名様分)お届けします。

支援者
8人
在庫数
制限なし

3,000

「医×美」展示会チケット(1名様分)スポンサー様のお名前を掲載したリーフレットに加え、展示会で展示される作品のポストカードを1枚郵送にてお届けします。

支援者
13人
在庫数
制限なし

5,000

「医×美」展示会チケット(1名様分)スポンサー様のお名前を掲載したリーフレットに加え、展示会で展示される作品のポストカードを1枚郵送にてお届けします。さらに医学生が監修した手作り解剖ペーパークラフトを送ります。

支援者
13人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする