クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

医療を伝えるアート

宇津野彩

宇津野彩

医療を伝えるアート
支援総額
131,000

目標 100,000円

支援者
34人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
10お気に入り登録10人がお気に入りしています

10お気に入り登録10人がお気に入りしています
2011年04月08日 22:30

生活習慣病班①

生活習慣病班
 
 
はじめまして、生活習慣病班の折原優です。
金曜日は私たち生活習慣病班が担当させていただきます♪
 
まず、メンバーですが、
多摩美術大学    辻本康輝(つじもとくん)
順天堂大学医学部 折原優(ゆう)
順天堂大学医学部 風間麻優子(まあこ)
の3人です。
 
もともとは血液班として一緒に発足しましたが、いろいろの紆余曲折を経て独立し、生活習慣病班に落ち着きました。
 
私たちは、美大生のやりたいことに医大生がつく形で始まりましたが、医大生と美大生との間の溝に、最初から突き当たりました。
最初はお互い、相手の発言に面喰うことばかりでしたが、幾度も議論を重ねるうちに、少しずつですがお互いの間の溝を埋めていけたのではないかと思います。
 
 
今回はこの班の作品について、医学生サイドから紹介したいと思います。
 
 
私たちの班の最大の特徴は、啓蒙を目的としているとことろです。
 
この班結成以来、私がずっと主張し続けてきたことは、
「人の役に立たなければ、医学ではない!」
ということです。
血液パックや薬のヒートを並べる、というのは、アートとしては面白いかもしれないし、医学っぽいかもしれない。けれど、少しでも人のために、という考えを失ってしまったら、それはもはや医学ではないと思います。
 
 
そこでいろいろ話し合った結果、生活習慣病をテーマとすることになりました。
 
生活習慣病は、主に高脂血症・高血圧・糖尿病を総称したものです。
これらの疾患は動脈硬化を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞のリスクを上げる原因となっています。
 
現在こういったことは様々なメディアでも取りあげられ、食生活をきちんとする、運動をする、お酒はほどほどにする、たばこは吸わない、発症した場合は毎日薬を飲む、というのは、今や日本人であれば誰でも知っていることでしょう。
 
 
しかしみなさんは、高血圧患者さんの67.1%、高脂血症患者さんの83.2%は、降圧目標/脂質管理目標を達成できていない、ということを知っていますか?
 
この現状は、知識を提供することは簡単でも、行動変容に結びつけることの難しさを如実に表現していると思います。
 
そこで私たちは、啓蒙のあり方を模索していきたいと考え、このテーマでの作品作りを決意しました。
答えは出ないかもしれませんが、美大生と一緒なら、思いもつかないような名案が浮かぶかもしれないと信じています。
 
 
実際の作品としては、薬のヒートのからを利用しての作品を考えておりますが、作品の詳しいことは来週担当の辻本くん(美大生)に語ってもらいたいと思います。
 
お楽しみに☆
 
以上、生活習慣病班のゆうでした。
 
一覧に戻る

リターン

1,000円(税込)

「医×美」展示会のチケットを1名様分お届けします。

支援者
11人
在庫数
制限なし

2,000円(税込)

「医×美」展示会チケット(2名様分)お届けします。

支援者
8人
在庫数
制限なし

3,000円(税込)

「医×美」展示会チケット(1名様分)スポンサー様のお名前を掲載したリーフレットに加え、展示会で展示される作品のポストカードを1枚郵送にてお届けします。

支援者
13人
在庫数
制限なし

5,000円(税込)

「医×美」展示会チケット(1名様分)スポンサー様のお名前を掲載したリーフレットに加え、展示会で展示される作品のポストカードを1枚郵送にてお届けします。さらに医学生が監修した手作り解剖ペーパークラフトを送ります。

支援者
13人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする